お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.81 「脚本を人に渡す」

月影番外地さんに脚本を書かせていただいた。

自分の、脚本執筆史上、最も時間のかかった脚本だったかもしれない。

かもしれない、じゃなくて、群を抜いてそうだった。

そのせいか、随分と入り組んだ構造になった。

自分で演出をするならともかく、

人に渡すにしては不親切なところも多かったかもしれない。

本番を観て、歓喜した。

演出も俳優も、全てを軽やかに飛び越えていた。

稽古過程は、軽やかどころではなく、相当に、ノゾエの野郎~・・状態だったと聞いたが、

結果としては、とても良かった。

大先輩な達者揃いな座組だっただけに、

皆さんが、見聞きしたことあるような脚本だけは書きたくなかった。

達者ものたちが、未体験ゾーンに遭遇した時に、どんな反応が起きるのか。

そんなものを勝手に期待して、遠慮なく書かせていただいた感があった。

そうして、本番を観て、完全にカウンターパンチを喰らったわけだ。

いやはや、とんでもねえでした。

すげえでした。

成果もそうだが、何よりもその意気が凄かった。

10年後、20年後、私はあのような意気で演劇をやれてるだろうか?

ひとまず今は、高齢者700人の意気と真っ向勝負の日々だ。

 

【著者プロフィール】

ノゾエ征爾
のぞえせいじ○1975年生。脚本家、演出家、俳優。はえぎわ主宰。青山学院大学在学中の1999年に「はえぎわ」を始動。以降全作品の作・演出を手がける。2011年の『○○トアル風景』にて第56回岸田國士戯曲賞を受賞。2014年には初の主演映画『TOKYOてやんでぃ』が公開された

 

【今後の予定】

・彩の国さいたま芸術劇場 ゴールド・アーツ・クラブ
ワークショップ発表会
2019年12月21日、22日

・はえぎわ番外公演「お化けの進くん」
2020年2月28日~3月10日
@イマジン・スタジオ

https://event.1242.com/special/haegiwa/

 

▼▼▼今回より前の連載はこちらよりご覧ください。▼▼▼

日刊☆えんぶラインアップ

  • 【粟根まことの】未確認飛行舞台:UFB
  • 【松永玲子の】今夜もネットショッピング
  • 【池谷のぶえ】人生相談の館
  • 【ノゾエ征爾】の桜の島の野添酒店
  • ふれあい動物電気
  • 【一十口裏の】妄想危機一髪
  • 〜南信州駒ヶ根だより〜松崎ひとみサムナツ活動日記
  • 【植本純米vs坂口真人】『過剰な人々』を巡るいささかな冒険

ノゾエ征爾『桜の島の野添酒店』の最新記事

【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.82「生まれ故郷」
【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.81 「脚本を人に渡す」
【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.80 「一年」
【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No..79 「立つ」
【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.78「芸術監督」

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報