お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

【ふれあい動物電気】秋谷悠太のミュージックステーション 1

今回からこのふれあい動物電気の連載に参加させていただきます、秋谷悠太ともうします。前回公演「ブランデー!恋を語ろう」から新劇団員として動物電気に入団させていただきました、どうぞ、よろしくお願いいたします。

自分が所属しています劇団、動物電気は2年に1回というペースで公演をおこなっておりまして、次の公演までの期間の活動は様々であります。外部の舞台に客演をしたり、映像作品に出たり、子育てをしたり、ガールズバーでオススメのカレー屋さんを女の子に教えたりして次の公演までの充電期間を過ごしたりするみたいなのですが、このコラムも2年後の放電期間までの活動ということで大切な動物電気としての活動の場所でもあります。僕は演劇と同じくらい音楽を聴くことが好きなのでここでは好きな音楽のことについて考えたり、勝手にアルバム紹介をしていきたいとおもいますので、よろしくおねがいします。題して秋谷悠太のミュージックステーションということで、是非とも生温かい眼差しでご覧いただけるとありがたいです。

 

 

第一回目はIggy Popの「Brick By Brick」です。みんな大好きイギーポップですね。イギーポップ嫌いな人に僕は会ったことがないです。僕はイギーポップの作品の中ではfunhouseというアルバムが一番好きで、このアルバムはあまり聞いていなかったのですが、このアルバムの一曲目の曲に「Home」という曲があります。この曲を聞くと僕は異常に興奮するのです。のりのりに歪んだギターとズビズビのドラムが絡むイントロが一瞬ブレイクした瞬間、つい体が動き出しそうになります。

ところで、動物電気名物の中のひとつに本編のセットに入る直前の転換で、床一面に置かれた照明を時間内に片付けなくてはならないという重大ミッションがあるのをみなさんはご存知でしょうか?

意味もなくたくさん並べられた照明に大人の男たちが飛び込んでいく。あの時期の下北沢で、最も美しい瞬間のひとつです。新劇団員になった僕も男手が足りねえということで参加させてもらいました。めちゃめちゃうれしかったな。日に日に増えていく照明と戦う先輩たちの姿は痺れるものがありました。

この曲にはそんな楽しい瞬間を思い出す匂いがするのです。だから自分にとってこの曲は少し特別な曲なのです。

 

秋谷悠太

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あきやゆうた○役者業のほか楽器演奏、イラストなど多岐にわたって活躍。南米に住むトカゲのような顔立ちから繰り出される素直な演技には定評がある。特技はギターとドラム、普通自動車免許あり。2019年、動物電気に新劇団員として参加。演劇ユニット「ガガ」にも所属している。

[動物電気☆営業部からのお知らせ]
動物電気☆営業部では、動物電気および所属俳優、作家、演出家へのお仕事の依頼を承っております。舞台・映 像、その他、動物電気であれやってほしい! という皆様、どんなお仕事でも構いません。ひとまず一度ご連絡ください。お仕事のご依頼はメールまたは電話にてお待ちしています。
<動物電気☆営業部>
info@doubutsu-denki.com
TEL 090-1734-4403

 

▼▼▼今回より前の連載はこちらよりご覧ください。▼▼▼

日刊☆えんぶラインアップ

  • 【粟根まことの】未確認飛行舞台:UFB
  • 【松永玲子の】今夜もネットショッピング
  • 【池谷のぶえ】人生相談の館
  • 【ノゾエ征爾】の桜の島の野添酒店
  • ふれあい動物電気
  • 【一十口裏の】妄想危機一髪
  • 〜南信州駒ヶ根だより〜松崎ひとみサムナツ活動日記
  • 【植本純米vs坂口真人】『過剰な人々』を巡るいささかな冒険

日刊☆えんぶの最新記事

【池谷のぶえの「人生相談の館」】第34回 三島有紀子さん(映画監督)
【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.82「生まれ故郷」
【松永玲子の「今夜もネットショッピング」】楽する料理
【ふれあい動物電気】新連載 髙橋和美「岡山のドジ」元気の秘訣
【粟根まことの「未確認ヒコー舞台:UFB」】第103回「二部・三部構成芝居」

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報