お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.77「ホテル生活」

トムとジェリーの公演で、二週間弱名古屋にいたわけですが、
要は、掃除、自炊、洗い物のないホテル暮らしだったわけで、
それに慣れてしまうと、家に戻った時に、
以前にも増して、怠け者感が強まってしまうのです。という話です。
それと、帰宅すると、物の多さに驚く。
ホテルでは必要最低限の物しかないわけだが、
家に戻った時に、いかに物を持ち過ぎているかを痛感する。
この勢いで、コンマリ的なことをしてしまえばいいのだろうが、
いかんせん怠け癖も付いてしまっているので、
ただひたすらに、家のことを何もしない日々がちょいと続いてしまうのである。

 

【著者プロフィール】

ノゾエ征爾
のぞえせいじ○1975年生。脚本家、演出家、俳優。はえぎわ主宰。青山学院大学在学中の1999年に「はえぎわ」を始動。以降全作品の作・演出を手がける。2011年の『○○トアル風景』にて第56回岸田國士戯曲賞を受賞。2014年には初の主演映画『TOKYOてやんでぃ』が公開された。

 

【今後の予定】

・音楽劇「トムとジェリー」
演出
2019年9月東京:Bunkamuraオーチャードホール、10月大阪:クールジャパンパーク大阪WWホール
https://www.musical-tomandjerry.jp

・NHK大河ドラマ「いだてん」出演
第29話~31話。

・東京芸術祭2019 野外劇「吾輩は猫である」
原作:夏目漱石
脚本・演出:ノゾエ征爾
2019年10月19日~29日
https://tokyo-festival.jp/2019/wagahaihanekodearu/

 

 

▼▼▼今回より前の連載はこちらよりご覧ください。▼▼▼

日刊☆えんぶラインアップ

  • 【粟根まことの】未確認飛行舞台:UFB
  • 【松永玲子の】今夜もネットショッピング
  • 【池谷のぶえ】人生相談の館
  • 【ノゾエ征爾】の桜の島の野添酒店
  • ふれあい動物電気
  • 【一十口裏の】妄想危機一髪
  • 〜南信州駒ヶ根だより〜松崎ひとみサムナツ活動日記
  • 【植本純米vs坂口真人】『過剰な人々』を巡るいささかな冒険

ノゾエ征爾『桜の島の野添酒店』の最新記事

【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.78「芸術監督」
【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.77「ホテル生活」
【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.76「お引っ越し」
【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.75「見てまう」
【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.74 「for what ?」

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報