お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.85「明ける頃」

前回、ニッポン放送プロデュース公演が中止になったことを書きましたが、

後日、荷物を取りに劇場に戻った事があった。

セットも全てなくなり、ガランとした空間を、ひっそりと一人で歩きながら、

ゾンビの世界みたいだと思った。

そんな風に街から人がいなくなるなんてことが、いつか本当に起こったりするのだろうか?

と、ありえないこととして想像してたら、すぐに起きた。これには驚いた。

そしてまた公演が中止になった。コクーンでの「母を逃がす」。超驚いた。

たっぷり時間ができて、たらふく食べてたら、すごい勢いでふっくらしてきた。

不確かな事が多いけど、ふっくらするスピードは、コロナの発症よりも早いのは確かだ。

目の前の公園でジョギングをする人が急増している。

コロナが明ける頃、体力をつけた人が多いか、ふっくらした人が多いか、果たして。

 

【著者プロフィール】

ノゾエ征爾
のぞえせいじ○1975年生。脚本家、演出家、俳優。はえぎわ主宰。青山学院大学在学中の1999年に「はえぎわ」を始動。以降全作品の作・演出を手がける。2011年の『○○トアル風景』にて第56回岸田國士戯曲賞を受賞。2014年には初の主演映画『TOKYOてやんでぃ』が公開された

 

【今後の予定】

新型コロナ次第となっております。

 

▼▼前回の連載はこちら▼▼

http://enbu.co.jp/nikkanenbu/nozoe84/

日刊☆えんぶラインアップ

  • WEB【CLOSE to my HEART】Photographer スギノユキコ with えんぶ
  • 【粟根まことの】未確認飛行舞台:UFB
  • 【松永玲子の】今夜もネットショッピング
  • 【池谷のぶえ】人生相談の館
  • 【ノゾエ征爾】の桜の島の野添酒店
  • ふれあい動物電気
  • 【一十口裏の】妄想危機一髪
  • 〜南信州駒ヶ根だより〜松崎ひとみサムナツ活動日記
  • 【植本純米vs坂口真人】『過剰な人々』を巡るいささかな冒険

ノゾエ征爾『桜の島の野添酒店』の最新記事

【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.92「お目め」
【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.91「10年」
【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.90「仕方のない夏の思い出2」
【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.89「仕方のない夏の思い出」
【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.88「フォーティーファイブ」

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト