お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.84「コロナに吹かれて」

初日を二日後に控えたその日、我々は「場当たり」というもの着々と進めておりました。
そして休憩時間に告げられたわけです、
「公演中止」。
やむなしか。
色々とひっくるめて、やむなしなのかもしれない。
とは言え、今すぐにここで全てを止めて、はいじゃあ解散!とは、とてもじゃないけどそんな気持ちにはなれない。
場当たりを続行することにした。そして、一回だけ本番をやらせてもらうことにした。
もちろん無観客ではあるが。
スタッフさんもよくぞ付き合ってくれたものです。
関係者が数人見ているだけの本番は、相当に、残酷で虚しいものでした。
このシーンも、このシーンも、このシーンも、次々と、お客さんに見てもらいたかった場面がやってくる。
やりきれない。
お客さんに見られて初めて、演劇は演劇になる。
そのことを改めて強く思い知らされた。

公演中止になって、急に10日ほどスケジュールが空いた。
公演に使う予定だった力が有り余っている。
そのエネルギーを何にまわそうかと意気込む。
そんな折、咳がで始める。体がだるくなる。病院に行く。薬をもらう。
それでも日に日に咳がひどくなっていく。目がひどく充血してくる。
また別の病院に行ってみる。
別室に隔離されて、診察をうける。
「怪しいです」と言われる。
え・・。
感染が怖いから鼻腔の診察はできないとまで言われる。
え、それって結構、確率高そうってことじゃないですか。検査ってしてもらえないんですか?
できません。
大事な打ち合わせとか色々あるんですけど・・
ダメです。外出禁止です、家で隔離。経過観察ですと。
だから、あの、検査してもらえませんか?
できません。
それならばと、いろんな病院や相談センターにも掛け合ってみる。検査してもらえませんか?
できません。
いや、陽性なら仕方ないけど、疑いだけのまま、いろんな仕事止めるの結構厳しいんですけど、、家に赤ちゃんもいるんですけど・・
できません。
ああ・・・。こんな感じで、検査をしてもらえていない感染者ってたくさんいるのかもしれないな・・。
結局、中止になった公演の期間を、部屋でじっと過ごすことになる。
本来ならば千秋楽だった3月10日に、また病院へ行く。
「まあ、きっと大丈夫でしょう。おそらく違うでしょう。外出していいでしょう」
結局最後まで検査はしてもらえないままではあったが、なんとか疑いは晴れたわけであるが、
コロナで公演が中止になり、疑惑で隔離されたまま本来の公演期間が終了した。

言うまでもなく、命に勝るものはない。
しかし、その命の基盤となる生活を守ることもそれと等しく重要だ。
家族と過ごす時間が思いもよらず増えたので、近くの公園によく行く。
そこそこ大きなその公園は、家族連れや子供たちで、パンパンに溢れかえっている。
生活は続く。

 

【著者プロフィール】

ノゾエ征爾
のぞえせいじ○1975年生。脚本家、演出家、俳優。はえぎわ主宰。青山学院大学在学中の1999年に「はえぎわ」を始動。以降全作品の作・演出を手がける。2011年の『○○トアル風景』にて第56回岸田國士戯曲賞を受賞。2014年には初の主演映画『TOKYOてやんでぃ』が公開された

 

【今後の予定】

Bunkamura シアターコクーン「母を逃がす」
脚本:松尾スズキ、演出:ノゾエ征爾
【東京】5月7日(木)~25日(月)
※大阪公演あり
問い合わせ:Bunkamura チケットセンター 03-3477-9999(10:00~17:30)
https://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/20_hahawonigasu/

 

▼▼前回の連載はこちら▼▼

http://enbu.co.jp/nikkanenbu/nozoe83/

日刊☆えんぶラインアップ

  • WEB【CLOSE to my HEART】Photographer スギノユキコ with えんぶ
  • 【粟根まことの】未確認飛行舞台:UFB
  • 【松永玲子の】今夜もネットショッピング
  • 【池谷のぶえ】人生相談の館
  • 【ノゾエ征爾】の桜の島の野添酒店
  • ふれあい動物電気
  • 【一十口裏の】妄想危機一髪
  • 〜南信州駒ヶ根だより〜松崎ひとみサムナツ活動日記
  • 【植本純米vs坂口真人】『過剰な人々』を巡るいささかな冒険

ノゾエ征爾『桜の島の野添酒店』の最新記事

【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.86「そんな気がする」
【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.85「明ける頃」
【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.84「コロナに吹かれて」
【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.83「人はなぜ南国へ行きたがるか」
【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.82「生まれ故郷」

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト