お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

えんぶ新春特別企画 “旬”の演劇人に聞きました!2020!「今年は★◎☀♫だ!」vol.5

内外の混沌さらに深まりそうな2020年の年明け。こんな時だからこそ聞いてみたい!「今年」。その一言から、変化する“演劇”の様相をたのしもう!
えんぶ2月号の新春特別企画を7回に分けて掲載いたします。Vol.5

 

 

浅野雅博(俳優/文学座)
「今年は メリハリ だ! 」

2020年はねずみ年。私、年男。いつの間に。でも今年もいつも通り一日一日、余すことなくフルに楽しんでいきたいと思います。家庭でも仕事でも。仕事ではまた新たな出会いがたくさんありそうで、楽しみです。あとは時間がある時は、去年色々と余裕がなかったので、釣りやキャンプに行く機会を増やして、逐一、『充電』という名の『遊び』をしたいと思います。新しいテント買うぞ。”静”があってこその”動”を。

〈公演情報〉

PARCO劇場オープニング・シリーズ 第一弾
『ピサロ』
3/13~4/20◎PARCO劇場
https://stage.parco.jp/program/pizarro/

==================================

 

今泉佑唯(俳優)
「今年は 最強になりたい! だ! 」

2020年は、まず舞台『あずみ~戦国編~』があります。『あずみ』では初めて殺陣を披露するので、今から稽古をして、本番で私の新しい最強の姿をお見せできるように 精進したいと思います。そして応援してくださっている方々へたくさん恩返しをしたいです。今年は、みなさんといろんな新しい景色を見たいです。

〈公演情報〉

『あずみ~戦国編~』
3/14~29◎Bunkamuraシアターコクーン
4/4・5◎COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール
http://www.rup.co.jp/azumi_sengoku_2020.html

==================================

 

玉田真也(劇作家・演出家・俳優/玉田企画)
「今年は 密度を上げる だ! 」

2019年は、今まで経験していなかったことをたくさん仕事にする機会に恵まれました。色んなことを経験出来たのはいいことなのですが、ちょっとキャパオーバーになった感じもしました(自分のキャパの小ささも分かりました)。なので、今年は「これだ!」というものに集中して、一つの作品への密度を上げていけるような環境を作れたらなと思います。

〈公演情報〉

※『今が、オールタイムベスト』初演時 玉田企画

『今が、オールタイムベスト』
3/19〜26◎東京芸術劇場 シアターイースト
http://tamada-kikaku.com/info.html

==================================

 



壮一帆(俳優)(写真右)

「今年は 女優5年目 だ! 」

宝塚歌劇団を卒業して、昨年でちょうど5年になったのですが、女優としては4年でしたから、2020年が女優5年目になるんです。そういう意味で1つの区切りになるので、これまでの経験をもとにまた新たに進みはじめる年になるのではないかと。女優としての4年間で、いろいろな種類の作品に挑戦することができたことで、なんとなく自分が好きな方向性が見えてきたと思うので、それを踏まえたうえで次に進んでいきたいですね。具体的にはやはり古典戯曲に出たいです。シェイクスピアとかギリシャ悲劇とか。シェイクスピアは男役では演じているのですが、女優としてはまだなので、そういう古典戯曲に女性の役で(笑)じっくりと取り組みたいですね。

須賀貴匡(俳優)(写真左)

「今年は モノ作りをしたい! だ! 」

俳優という枠ではなく、大きな枠組でのモノ作りをしたいなと思っていて、たとえば映画監督とか音楽を作るとか、俳優としての仕事もしながら、そういうモノ作りをしたいんです。すでに映画は自主映画を撮ったことがあって、手応えがありました。趣味か仕事かはさておき、それをすることで自分へのフィードバックもあると思うので、どんどんやっていきたいですね。

〈公演情報〉

unrato#6
『冬の時代』
3/20~29◎東京芸術劇場 シアターウエスト
http://ae-on.co.jp/unrato/

==================================

 

妃海風(俳優)

「今年は 情熱大放出! だ! 」

2019年、コツコツとお勉強をして参りました! 体の中に今、熱いものが溜まっております。そう、溜まっているので。。2020年はその熱いもの、舞台に対する情熱、人に対する情熱、自分に対する情熱を大放出していきたいなと思っております! 大放出することによって、また更に刺激的な経験や感情が生まれると思いますので、またその感情を舞台上で表現して。。大放出して吸収してまた大放出して! 激しい感情のサイクルを楽しんでいきたいです! そして、舞台愛を深める年にしたいです!

〈公演情報〉

ミュージカル『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』
3/21~4/1◎日比谷シアタークリエ、
4月 山形・愛知・静岡・大阪公演
https://www.tohostage.com/little-shop-of-horrors/

==================================

 

石黒麻衣(劇作家・演出家・俳優/劇団普通)
「今年は 新しい一歩を踏み出す年 だ! 」

近年は、本当に新しい価値観、新しい世界が次々に生まれ、これまでとは比較にならない多様化が現実に身近な世界に広がってきていることを肌で感じています。私自身の生き方も作品も、小さな私の世界から一歩を踏み出して、少しずつ世界を広げていく年になりそうです。それは、本当に小さな一歩ですが、気づいていないだけですぐ隣には未知の人やものや考えが息づいていて、それに触れることでトンネルから抜けて見る景色のように、世界が百八十度変わる、そういう転換点が良く目を凝らすとそこここに満ちているように思います。新しい物事に触れることは、時にぶつかり、すぐに理解が出来ない苦悩もあるかもしれませんが、そういったものも全て受け入れ、とにかく知るということがより充実した、自分と世界との関係性の構築に繋がるのではと思っています。そしてそこから得たものを、これからも作品を通して皆様と共有していきたいです。

〈公演情報〉
オフィス上の空 6団体プロデュース 『1つの部屋のいくつかの生活#2』
4月◎吉祥寺シアター参加
http://office-uwanosora.com

==================================

 

諏訪雅(俳優/ヨーロッパ企画)
「今年は 筋トレ だ! 」

今年は筋トレでいったろかなと。筋トレ、今からでも遅くないと信じてやってみます。体力の衰えを感じずにはいられない常日頃、犬のお散歩でさえ、ぐいぐい力で引っ張られ、小型犬に力負けしてしまうという。あとうちのメンバーの角田が筋トレをやってまして、「筋トレしてなにが変わったん?」って聞いたら「毎日楽に過ごせますよ」と言われたのが決定打かな。毎日楽に過ごしたい!

〈公演情報〉
舞台『たけしの挑戦状ビヨンド』
4/9〜19◎紀伊國屋ホール (ほか、名古屋・高知・広島・大阪公演あり)
https://event.1242.com/special/takeshi_stage/

==================================

沖野晃司(俳優)(写真左)

「今年は 金メダル だ! 」

東京オリンピックという大きなイベントのある年ですが、その東京オリンピックに負けないくらいの熱量の演劇を作って、演劇界の金メダルを獲って行こうじゃないかと! 斬劇『戦国BASARA』を金メダルを獲れるような舞台にしていきます!

永田聖一朗(俳優)(写真右)

「今年は 早寝早起き だ! 」

やっぱり規則正しい生活がすごく大切だと思うようになっているので、2020年はまずそれを目指していきたいです。朝の時間を活用できるようにして、どんどん前進していける年にしたいです。

〈公演情報〉
斬劇『戦国BASARA』豊臣滅亡
4/10~19◎品川ステラボール
4/24~26◎AiiA 2.5 Theater KOBE
https://www.basara-st.com

==================================

 

宅間孝行(作家・演出家・俳優)
「今年は ダイビング だ! 」

友だちがダイビングのライセンスを取って、「世界が変わるから」と言われて、その日に申し込みに行ったんです。オープンウォーターという簡単なのと、ちょっと深いところに潜れるアドバンスというのがあるんですが、もうアドバンスまでライセンスを取りました。今年の夏は潜りに行こうかなと。僕はオリンピックとか興味ないので、その期間はちょうどいいので、東京を離れて海外に潜りに行こうと思ってます。

 


モト冬樹(タレント・俳優・ミュージシャン)
「今年は 長生き だ! 」

やっぱり健康じゃないと良いことも悪いことも(笑)できないので。日頃からストレッチなどもして足腰は鍛えているんですけど、それは今年もがんばろうと思っています。

 

肥後克広(お笑いタレント・俳優)
「今年も 現状維持 だ! 」

57歳になりまして、こんなに長い間、芸人をやるなんて思わなかったんですけど、仕事も健康もお金も現状維持でいければいいなと思っています。30何年現状維持できましたので、今年も現状維持でいきます!

 

樋口日奈(俳優/乃木坂46)
「今年は 大人の女性 だ! 」

大人の女性になるのが目標です。料理とか習いたいし、仕事も楽しんで、毎日を充実させて、余裕のある大人の女性に成長したいなと思っています。

〈公演情報〉

タクフェス春のコメディ祭
『仏の顔も笑うまで』
4/22~29◎渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール
5/9・10◎名古屋 御園座
5/20~24◎兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール
http://takufes.jp/hotoke/

(イラスト◇小野寺ずる)

えんぶ新春特別企画 “旬”の演劇人に聞きました!2020!「今年は★◎☀♫だ!」vol.6

記事を検索

観劇予報の最新記事

「僕のヒーローアカデミア」The  “Ultra”  Stage 本物の英雄 PLUS ULTRA ver.を7月に上演!
ミュージカル『アニー』で 4年連続ウォーバックス役を演じる! 藤本隆宏インタビュー
トップスターとしてのラストステージ「レビュー 春のおどり」桐生麻耶インタビュー
三島由紀夫没後五十年に三島歌舞伎第一作目『地獄變』を花組芝居がネオかぶき化!
タクフェス 春のコメディ祭!『仏の顔も笑うまで』宅間孝行・モト冬樹・肥後克広・樋口日奈 インタビュー

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト