お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

京の年中行事「當る寅歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎」が開幕!

『曽根崎心中』中村扇雀のお初、中村鴈治郎の徳兵衛(C)松竹

京都の南座で12月2日、京の年中行事「當る寅歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎」が開幕した。23日まで)

冬晴れとなった「吉例顔見世興行」の初日。京の風物詩であるまねき看板が観客を出迎え、賑々しく開幕した。歌舞伎の魅力あふれる充実の三部制となっている。

第一部

『晒三番叟』中村壱太郎の如月姫(C)松竹

第一部の幕開けを飾ったのは、藤十郎の孫である中村壱太郎と中村虎之介、親戚である中村鷹之資による坂田藤十郎三回忌追善狂言『晒三番叟』。壱太郎勤める如月姫が見せる布晒しの舞踊は、華やかに布が空中を舞い、観客も見惚れる一幕となった。

『曽根崎心中』中村鴈治郎の徳兵衛、中村扇雀のお初(C)松竹

続いては、坂田藤十郎が生涯の当り役として1400回以上お初を演じた『曽根崎心中』。坂田藤十郎三回忌追善狂言として、今回は藤十郎の長男で、藤十郎の相手役を勤めてきた中村鴈治郎の徳兵衛、次男中村扇雀のお初にて上演。徳兵衛がお金をだまし取られ、周囲の信用も失ったことで、恋人である遊女お初と心中を決心する場面は、迫力の演技で観客を魅了。
その後、心中を果たす二人の、哀しくも愛をつらぬく恋人の姿に、多くの観客が胸打たれ、幕切れは万雷の拍手が送られた。

第二部

『三人吉三巴白浪』片岡孝太郎のお嬢吉三、中村芝翫の和尚吉三、中村隼人のお坊吉三(C)松竹

第二部の序幕は『三人吉三巴白浪』。片岡孝太郎、中村隼人、中村芝翫演じる三人の吉三による七五調の流麗な台詞が耳に心地よく、粋でいなせな姿に観客から拍手が沸き起こる。

『身替座禅』中村芝翫の奥方玉の井 片岡仁左衛門の山蔭右京(C)松竹

続く『身替座禅』では、片岡仁左衛門演じる愛嬌たっぷりな山蔭右京が、中村芝翫演じる厳格な奥方玉の井の目を盗んで出かけ、一晩を過ごす。右京がご機嫌で帰宅したのもつかの間、右京の魂胆を知った玉の井が鬼の形相で待ち受けており、右京は途端に青ざめた表情。玉の井と右京のやり取りに、客席からは笑い声が上がった。

第三部

『雁のたより』松本幸四郎の髪結三二五郎七、片岡愛之助の若旦那金之助(C)松竹

第三部の幕開けは、上方由縁の『雁のたより』にて、松本幸四郎が髪結三二五郎七に初挑戦。五郎七は、愛妾司が扇に書いたという恋文に有頂天になる。上方言葉も見事にこなす幸四郎の茶目っ気ある五郎七に、客席は大いに盛り上がった。

『蜘蛛絲梓弦』片岡愛之助の蜘蛛の精、松本幸四郎の源頼光(C)松竹

続いて『蜘蛛絲梓弦』では、片岡愛之助が頼光を狙う妖として、小姓や太鼓持、座頭、傾城、蜘蛛の精と、五役の早替りを次々に披露。その鮮やかさに、客席からは感嘆の声が上がる。頼光一行と対峙した蜘蛛の精は、糸を盛大に放ち、歌舞伎の祭典を締めくくるにふさわしい華やかな一幕となった。

本年は三部制二演目で、各部の上演時間は約二時間となっている。

【公演情報】京の年中行事「當る寅歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎」
12月2日(木)~23日(木)◎南座
(7日(火)、15日(水)のみ休演)

◎第一部 午前10時30分~

坂田藤十郎三回忌追善狂言
第一、晒三番叟(さらしさんばそう)

如月姫 壱太郎
佐々木小太郎行氏 虎之介
結城三郎貞光 鷹之資

坂田藤十郎三回忌追善狂言
近松門左衛門 作
宇野信夫 脚本・演出
第二、曽根崎心中(そねざきしんじゅう)

平野屋徳兵衛 鴈治郎
天満屋お初 扇雀
手代茂兵衛 虎之介
下女お玉 寿治郎
天満屋惣兵衛 松之助
油屋九平次 亀鶴
平野屋久右衛門 梅玉

◎第二部 午後2時30分~

河竹黙阿弥 作
第一、三人吉三巴白浪(さんにんきちさともえのしらなみ)
大川端庚申塚の場

お嬢吉三 孝太郎
お坊吉三 隼人
夜鷹おとせ 名題昇進りき彌
和尚吉三 芝翫

第二、新古演劇十種の内 身替座禅(みがわりざぜん)

山蔭右京 仁左衛門
太郎冠者 隼人
侍女千枝 千之助
同 小枝 莟玉
奥方玉の井 芝翫

◎第三部 午後6時~

片岡仁左衛門 監修
銀杏鶴玉章封裏
第一、雁のたより(かりのたより)

髪結三二五郎七 幸四郎
若旦那金之助 愛之助
花車お玉 吉弥
愛妾司 千壽
仲居お君 竹三郎
若殿前野左司馬 進之介
家老高木蔵之進 錦之助

第二、蜘蛛絲梓弦(くものいとあずさのゆみはり)
片岡愛之助五変化相勤め申し候

小姓寛丸
太鼓持愛平
座頭松市 愛之助
傾城薄雲太夫
蜘蛛の精

碓井貞光 廣太郎
坂田金時 種之助
源頼光 幸四郎

〈料金〉 一等席17,000円 二等席9,000円 三等席5,000円 特別席19,000円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉チケットホン松竹(10:00-17:00) 0570-000-489 または  東京  03-6745-0888 大阪 06-6530-0333
チケットWeb松竹(24時間受付)
〈公式サイト〉https://www.kabuki-bito.jp/theaters/kyoto/play/734

 

記事を検索

観劇予報の最新記事

殺人事件をテーマに坂本昌行と海宝直人が躍動するミュージカル『MURDER for Two マーダー・フォー・トゥー』上演中!
稲垣吾郎のミュージカル・コメディ『恋のすべて』チラシビジュアル公開!
日本総合悲劇協会『ドライブイン カリフォルニア』阿部サダヲ、麻生久美子、谷原章介らの出演で上演!
近藤芳正 Solo Work『ナイフ』まもなく開幕! 近藤芳正インタビュー
えんぶ新春特別企画 “旬”の演劇人に聞きました! 2022!「今年は★◎☀♫だ!」vol.1

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報