お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

熱く心に響く青春の姿!オフブロードウェイ・ミュージカル『bare‐ベア‐』上演中!

衝撃のロックミュージカル『bare – ベア』日本版の再再演が1月30日から東京青山の草月ホールで上演中だ。(2月9日まで)
学校内で圧倒的人気を得るジェイソンの誰にも言えない秘密。それはピーターという同性の恋人の存在だった―。
カトリックの高校を舞台に、揺れ動く若者の葛藤を描いた問題作で、珠玉のミュージカルだ。

【story】
全寮制のセント・セシリア高校。校長でもある神父の言葉が響くミサでは、卒業を間近に控えた生徒たちが祈りを捧げている。
平凡な生徒ピーターにはある秘密があった。
それは、学校一の人気者であるジェイソンという同性の恋人がいること。
いつかは自らを-bare-さらけ出し、愛し合いたいと強く願っていた。
学内の演劇公演のためのオーディションがシスター・シャンテルによって開催され、美しいアイヴィ、ジェイソンの双子で皮肉屋のナディア、主役を狙うマットも参加し、配役が決定する。
リハーサルが開始されると、ピーターの気持ちはより強いものとなっていく。
ドラッグと酒でトリップするパーティーの中、気持ちが募るピーターはジェイソンとキスを交わすが、それをマットに目撃されてしまう。
社会、親、友人の目を怖れるジェイソンは自身のイメージを守るため、ピーターを突き離しアイヴィと一線を越えてしまうのだった。
-bare-になることを求めた彼らの心が絡み合い、そしてついに、一つの終焉を迎える…

演出は原田優一、自身の俳優としての経験から生まれるステージ作りで演出家としても注目度を増している。
出演者は、メインキャラクターの若者4人を期待の若手たちがダブルキャストで演じ、それぞれの個性の違いも見どころだ。
さらにシングルキャストとして谷口ゆうな、北翔海莉、林アキラ、伊東えりなどミュージカル界で活躍する実力派たちが結集。生バンドの演奏という贅沢な空間で、毎公演、熱の入ったステージを繰り広げている。

【公演情報】
オフブロードウェイ・ミュージカル
『bare-ベア-』
脚本:ジョン・ハートミア/デーモン・イントラバルトーロ
作曲:デーモン・イントラバルトーロ
作詞:ジョン・ハートミア
演出:原田優一
振付:中村陽子
翻訳:藤倉梓
音楽監督:桑原まこ
出演:
安井一真/小谷嘉一(Wキャスト)
田村良太/大久保祥太郎(Wキャスト)
増田有華/茜屋日海夏(Wキャスト)
神田恭兵/宮島朋宏(Wキャスト)
谷口ゆうな 北翔海莉 林アキラ 伊東えり ほか
●1/30~2/9◎東京・草月ホール
〈料金〉1階席¥9,000 2階席¥6,500 学生席¥2,000(枚数限定 当日のみ)(全席指定・税込)
<アフタートークショー>
1/31(金)18:30公演 小谷嘉一、増田有華、北翔海莉、ゲスト 岡田亮輔
2/4(火)18:30公演  安井一真、茜屋日海夏、北翔海莉、ゲスト 鯨井康介
2/5(水)18:30公演  北翔海莉、林アキラ、伊東えり、ゲスト 今井清隆
2/6(木)18:30公演  田村良太、神田恭兵、谷口ゆうな、ゲスト 染谷洸太
2/7(金)18:30公演  大久保祥太郎、増田有華、宮島朋宏、ゲスト 平野良
※MCは演出の原田優一
※登壇者は変更になる場合があります。その場合はショウビズTwitter等で告知致します。
〈公式サイト〉http://www.show-biz.jp/bare2020/

(C)ショウビズ  舞台撮影/矢野智美

記事を検索

観劇予報の最新記事

「僕のヒーローアカデミア」The  “Ultra”  Stage 本物の英雄 PLUS ULTRA ver.を7月に上演!
ミュージカル『アニー』で 4年連続ウォーバックス役を演じる! 藤本隆宏インタビュー
トップスターとしてのラストステージ「レビュー 春のおどり」桐生麻耶インタビュー
三島由紀夫没後五十年に三島歌舞伎第一作目『地獄變』を花組芝居がネオかぶき化!
タクフェス 春のコメディ祭!『仏の顔も笑うまで』宅間孝行・モト冬樹・肥後克広・樋口日奈 インタビュー

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト