お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

戯曲リーディングの演目が野村萬斎演出『アテネのタイモン』に決定!

世田谷パブリックシアターで2019年10月に予定されている戯曲リーディングの演目が、野村萬斎演出『アテネのタイモン』に決定した。

同劇場はリーディング公演を行うことで、本公演の上演への可能性を検討するという試みを実施してきた。今回、そのリーディング公演でとりあげるのはシェイクスピア作品の中でも問題作といわれている『アテネのタイモン』。
今回の公演のために河合祥一郎が新たに翻訳し、さらにリーディング公演用に構成した上演台本を芸術監督の野村萬斎が自ら演出し、今後の上演の可能性を多角的に模索するという企画だ。

公演は10月29日と10月31日にシアタートラムにて開催。両日ともポストトークが行われる(登壇者:河合祥一郎 野村萬斎)。

【ストーリー】
アテネの裕福な貴族タイモン(野村萬斎)の屋敷では、豪勢な宴が繰り広げられ、友人である貴族、詩人や画家、元老院議員たちに大盤振る舞いの毎日。タイモンは、彼を心配する執事フレイヴィアスの助言や、哲学者アペマンタスの皮肉を無視して、誰にも気前よく金品を与え続けていた。だが、とうとう破産に至る。そこで今まで善意を施してきた友人たちに借金の申し入れをするのだが、彼らはことごとくタイモンの依頼を断るのだった。タイモンは絶望のあまり、人間不信に陥り、森の洞窟に一人ひきこもってしまう。

【公演情報】
戯曲リーディング『アテネのタイモン』
作:ウィリアム・シェイクスピア
翻訳・上演台本:河合祥一郎
演出:野村萬斎
出演:野村萬斎 万作の会 ほか
●10/29・10/31◎シアタートラム
〈料金〉⼀般 3,300円 ⾼校⽣以下 1,650円 U24 1,650円 (全席指定・税込・未就学児童入場不可)
〈お問い合わせ〉世田谷パブリックシアター03-5432-1515 (10:00~19:00)
〈チケット一般発売〉2019年9月29日(日)
https://setagaya-pt.jp/performances/athens201910.html

記事を検索

観劇予報の最新記事

山崎樹範主演の~崩壊シリーズ~第3弾『派』、さらなる「崩壊」を呼んで今回も大騒ぎ!ゲネプロレポート
土田英生の人気戯曲を青木 豪が演出する舞台『相対的浮世絵』稽古場レポート
音楽劇『ハムレット』で初の海外戯曲演出に挑む 八世宗家・藤間勘十郎インタビュー
サイケデリックなフォーク・パンク・ロック・ミュージカル『Hundred Days』2020 年日本初上陸!
佐野勇斗らの新八犬士によるスペクタクル時代劇『里見八犬伝』東京公演開幕!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報