お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.112「 脱 」

ここまで暑いと、服装とか気にしていられなくなると言いますか。
短パンを履いて稽古場に向かった先日のこと。
ふと、友人に勧められた案件を思い出す。
「脱毛いいっすよ」。
いいっすよと言うか、どうっすか?くらいまで言われた。
足とか、手とか腕とか、なんならヒゲまで、脱毛いいっすよ。しないんですかって。
しかも永久にだ。
そのちょうど数日前にも、知人の旦那さんが、永久脱毛したと聞いていて。
汚らしいじゃないですかと。毛が嫌いな人多いじゃないですかと。
だからこれは男としての最低限のエチケットなんですと。
もうそんな時代なのかと、自分の中で少し引っかかっていた。
そんな矢先のこの暑さで、不用心に短パンを履いて通勤している最中に、不意にそれらのことを思いだし、途端に、周囲が気になり始めたというわけだ。
周りの短パンメンズ、いや、短メンズの足を見てみる。
みんなツルツルではないか。もともとなのか、アレをしたのか。
やはり時代はもうそんなとこまで来ているのか。
電車の中。座る私。毛がある中でも、かなり多めだよなと、我が足を眺める。
その足を同じく眺める視線を感じる。目をあげる。若い女性だ。すぐに、見てはいけないものを見たかのようにそらされたその視線を目の当たりにした時、
「無駄に人を不快にさせてしまっている」という念に襲われた。
「永久脱毛いいっすよ。」
あの言葉が鮮明に鳴り響く。
しかし、ここでそんなことしたら、思春期の頃、コンプレックスでしかなかったあの時期を耐え忍び、大人になってからも幾度となく恥ずかしい気持ちでいた、それらを過ごし、乗り越えてきた日々は、どうなってしまうのだ。
頑張った過去の自分に思いを寄せる。
その都度、なんか、心の中で葛藤して、よく踏ん張ったよね。
それが理由で部活を変えたりしたよね。
そんな君のことを思うと、
「永久脱毛どうっすか?」
冗談じゃない。するもんですか。生まれ持ったこのポテンシャルを、わざわざ科学の力でねじ伏せるだと? 毛根が廃るまで、お付き合いしていくさ。
ノン脱宣言をここにする。
ただ、「無駄に人に不快な思いをさせる」のも、性に合わないため、
短パンは、履きたい頻度の半分以下にしておこう。
と言いつつ、気にしていられないくらい暑い夏になりそうで、
短パンを新しくまた買ってしまった今日なのであります。

そして、5年ぶりの「気づかいルーシー」の稽古に勤しむ明日も明後日も。

【著者プロフィール】

ノゾエ征爾
のぞえせいじ○1975年生。脚本家、演出家、俳優。はえぎわ主宰。青山学院大学在学中の1999年に「はえぎわ」を始動。以降全作品の作・演出を手がける。2011年の『○○トアル風景』にて第56回岸田國士戯曲賞を受賞。2014年には初の主演映画『TOKYOてやんでぃ』が公開された。

 

【今後の予定】
・「気づかいルーシー」(脚本・演出・出演)
https://www.geigeki.jp/performance/theater306/

 

▼▼前回の連載はこちら▼▼

http://enbu.co.jp/nikkanenbu/nozoe111/

日刊☆えんぶラインアップ

  • 小野寺ずるの【女の平和】
  • WEB【CLOSE to my HEART】Photographer スギノユキコ with えんぶ
  • 【粟根まことの】未確認飛行舞台:UFB
  • 【松永玲子の】今夜もネットショッピング
  • 【池谷のぶえ】人生相談の館
  • 【ノゾエ征爾】の桜の島の野添酒店
  • ふれあい動物電気
  • 【植本純米vs坂口真人】『過剰な人々』を巡るいささかな冒険

ノゾエ征爾『桜の島の野添酒店』の最新記事

【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.112「 脱 」
【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.111「相い、対する」
【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.110「ワークショップ」
【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.109「ゴールドな日」
【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.108「グッドラック & ヘイワ」

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報