お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

大ヒット児童文学の舞台化!舞台『妖怪アパートの幽雅な日常』開幕!

人間より人間らしい妖怪や幽霊たちとの交流によって、両親を事故で亡くした孤独な青年が「人」として成長していく人間ドラマ、舞台『妖怪アパートの幽雅な日常』が、1月11日より紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAにて開幕した。(27日まで)

原作小説『妖怪アパートの幽雅な日常』は、2003年から2013年までに本編全10巻、外伝1巻を刊行、11年からは漫画家・深山和香によってコミック化され、現在も月刊少年シリウス(講談社刊)誌上にて連載中の妖怪ファンタジー作品であり、シリーズ累計で580万部が刊行され、第51回産経児童出版文化賞フジテレビ賞受賞した児童文学のベストセラー。魅力あるキャラクターと人情味あふれるストーリー展開は時代を越えて愛され、17年にはアニメ版が放送。今もなお新たなファンを増やし続けている。今回の舞台化では、上演台本は谷碧仁、演出は元吉庸泰が手がけている。

【あらすじ】 
三年前に両親が他界し、伯父の家に引き取られた稲葉夕士16歳。高校からは寮に入り自立して・・・と思った矢先、寮が火事で焼けてしまった! なんとか探し出したアパートは、家賃2万5千円(!)という破格物件。だがそこにはオバケや妖怪が出るという……。
画家、除霊師、自称霊能力者、そして幽霊や妖怪など、人情味あふれる「クセ者」入居者に囲まれて、夕士のフツウの!? 高校生活が始まる。

妖怪たちとの交流をモチーフにしつつも、人と人との「絆」や「コミュニケーション」をテーマに置いた原作は、利便性の陰で希薄になりつつある人同士の、リアルなつながりの大切さを描いた名作で、夕士の目線で描かれる、妖怪との日常を通して無くしていたものを取り戻していく心の成長物語だ。

【囲み会見】

谷 佳樹 小松準弥 前山剛久 佐伯 亮

その舞台の公開ゲネプロとキャストの囲み会見が行われ、前山剛久(稲葉夕士役)、小松準弥(長谷泉貴役)、佐伯 亮(龍さん役)、谷 佳樹(一色黎明役)が登壇した。

前山剛久(稲葉夕士 役)
僕が演じる稲葉夕士は高校一年生で、3年前に両親を亡くして伯父の家で育てられています。でも、高校入学と同時に入る予定だった学生寮が火事で焼失し、代わりに見つけたアパートにやってきたところから物語が始まります。いつもなら座長だとみんなを引っ張らないと!と思っているのですが、今回は周りに導いてもらう夕士と同じように、他のキャストに支えてもらったなぁ、と感じています。魂を込めて稽古に臨んできたので、素敵な作品に仕上がりました。この作品を観たあとに考えるのは「普通とは何か?」という事だと思います。僕にとっての普通と皆さんにとっての普通が違うのと同じで、相手のことを完全には理解できません。でも、この作品を観ると、その境界線を踏み越えていく勇気をもらえると思います。ぜひ観に来ていただいて「普通とは何か?」を考えていただけたら嬉しいです。

小松準弥(長谷泉貴 役)
この作品は、妖怪アパートを中心にした稲葉夕士の成長ストーリーで、僕が演じる長谷は、稲葉の親友として彼を見守り支える大切な役どころです。今回の舞台では長谷は舞台上にいるけれど、稲葉や皆には見えていない存在です。二人の手紙のやり取りから稲葉の過去が見えていくので、稲葉が誰からどんな影響を受けて成長していくのかを意識しながら演じたいと思っています。(この作品は、小説・漫画・アニメになっていますが)舞台なので、観に来ていただいた方にも生身の人が演じていることに意味がある、と感じていただけるものになっていると思います。

佐伯 亮(龍さん 役)
龍さんは夕士くんを一番俯瞰して支えている役どころです。僕とは似ている点が少ないので、どう寄せていくかが一番大変でした。あと、いまの現状に満足しておらず、居場所がない夕士の悩みが全て龍さんにはわかっていて、こうした方がいいんじゃない?と選択肢を与える役なので、夕士くんを導く道筋を作っていくのは大変だなぁと思いました。でも、演じていくうちに時には厳しかったり、信じてあげたり、見守ってあげる龍さんの優しさを感じることができて、そこを大切にしたいなと思っています。登場する妖怪や幽霊がダンサーの三井さんのすごいパフォーマンスで表現されているので、そこは舞台ならではです。みんなで魂込めて作ったので、楽しんでいただけたらと思います。

谷 佳樹(一色黎明 役)
僕が演じる一色は、この作品の中でも、稲葉夕士との関わりが深い役どころです。親友の長谷とは違い、アパートの中で稲葉が悩んだりしたときに親のような目線で見守る役なので、そこを大切に全公演、演じたいと思っています。稲葉役の前山くんとは2年ぶりの共演ですが、久しぶりなので初めはお互いに様子を探りあっているところもあって、稽古では特に話し合うことはなくお互いにやりたいように演じていました。先日「お互いに成長したよね」と言い合ったくらい、前山くんの芝居や座長としての姿に変化を感じて、すごいなと感じています。タイトルにもあるように「日常」が夕士の目線で描かれているので、共感できる部分がたくさんあるんじゃないかなと思います。

〈公演情報〉
舞台『妖怪アパートの幽雅な日常』
原作◇香月日輪
漫画◇深山和香
脚本◇谷 碧仁
演出◇元吉庸泰
振付・ステージング◇三井 聡
出演◇稲葉夕士役/前山剛久 長谷泉貴役/小松準弥 龍さん役/佐伯 亮 一色黎明役/谷 佳樹
深瀬 明役/佐々木 崇 久賀秋音役/中村裕香里 佐藤さん役/相川春樹 クリ役/荒井 悠・猪股怜生(ダブルキャスト)
竹中役 他 /室井 響 博伯父さん役 他/石井英明 恵子伯母さん役 他/馬渡亜樹 恵理子役 他/永田紗茅 スペシャル・ダンサー/三井 聡 骨董屋役/細見大輔
●1/11~27◎紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA
〈料金〉7,800円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉公演事務局 0570-200-114(全日10:00~18:00)
〈公式HP〉https://www.youapa-stage.jp
〈公式ツイッター〉@YouapaStage
(C)香月日輪・深山和香/講談社
(C)2018 舞台「妖アパ」製作委員会

記事を検索

観劇予報の最新記事

乃木坂46版 ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』2019、上海公演決定!
大阪松竹座『黒蜥蜴 緑川夫人編』河合雪之丞・河合宥季 インタビュー
井上小百合・ 矢島舞美・富田望生らで『フラガール -dance for smile-』東京と大阪で上演!
若手俳優発掘プロジェクト・舞台『転校生』女子校版&男子校版 初日開幕!
泉鏡花×鳥山昌克シリーズ第六弾『唐十郎 楼閣興信所通信』11月に上演!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報