お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

ミュージカル『ビッグ・フィッシュ』間もなく開幕!浦井健治インタビュー

2017年日生劇場で初演され、熱い喝采に包まれた家族劇ミュージカルの決定版『ビッグ・フィッシュ』が、新たに「12chairs version」として、11月1日からシアタークリエで上演される。(28日まで。その後、名古屋、兵庫公演あり)

『ビッグ・フィッシュ』は巨匠ティム・バートンが2003年に手掛けた同名映画の舞台化で、2013年に誕生し、その後ブロードウェイでも上演される。更に2017年新たな日本版として登場し、スペクタクル感にあふれながら、良い意味のアナログ感も残す生の舞台の醍醐味と、親から子へと伝わる夢を信じることの大切さという心に深く残る家族の物語が大きな感動を呼び起こした。

幼い頃には父の語る奇想天外な話が大好きだったが、大人になるにつれそれが作り話にしか思えなくなり、いつしか父親の話を素直に聴けなくなったばかりか、ある出来事をきっかけに父親との間に
決定的な溝が生まれてしまった息子ウィルを演じる浦井健治。
ミュージカル界を牽引するプリンスの一人である浦井が、このウィル役を演じたことで日本版『ビッグ・フィッシュ』に更に豊かな彩りを加えてくれた。そんな浦井が感じたこの作品の魅力、また再演への想いを聞いた「えんぶ10月号」のインタビューをご紹介する。

お客様と同じ目線で物語を体感した

──こうして再演の幸せな報せを聞いただけで、初演の感動が蘇りますが。

稽古のときから演者もスタッフも真の涙から、歌えなくなる方もいれば、目を真っ赤にして泣いている人もいるという作品で。稽古場から本番へと進む中で、カンパニー全員が本当の家族のようになっていった、愛溢れる幸せな舞台に仕上がったと思っていたので、僕自身も再演できることになって本当に嬉しく思っています。

──その中で、主人公エドワードの息子ウィル役を演じられましたが、役作りで大切にしていたことは?

演出の白井(晃)さんと共に創ったウィルは妻のジョセフィーンと一緒に父親のエドワードから色々な夢物語を聞かされる。ストーリーテラーであり、お客様と同じ目線で物語を体感していく役なので、ファンタジックな舞台の中でより自然体でいること、リアリズムを目指していったんです。それにはストレートプレイと同じようなしっかりとした軸を、役柄に創ることを心掛けましたし、その結果(夢咲)ねねちゃんとも夫婦役としての絆が生まれ、稽古から本番と回を重ねるごとに阿吽の呼吸が育まれていったと思います。

ブルーム家に起こることは誰しもに起こりうること

──再演にあたって、新たに深めたいと思っているものは?

今回の再演で、エドワード役の(川平)慈英さんとのデュオナンバーがもう1曲増えるんです。しっかり取り組んで、家族の愛情をより深めていけたらなと思います。またカンパニー全体としても人数が半分くらいになるので、自分の役以外も全員で回していくような形になると思うので、より団結して作っていけたらなと思っています。

──はじめは反発していた父親エドワードの想いを、ウィルが最終的には受け取って、更に自分の息子にそれを伝えていく。魂のリレーに心の震える作品でしたが。

演じている側にとっても、それは本当に心震えるものでした。ブルーム家に起こる出来事、生と死への向き合い方、病気との向き合い方、親子、夫婦の間で支え合うこと、というのは、僕にとってももちろんですし、お客様誰しもに起こりうることなんですよね。それを乗り越える為に、エドワードは事実を大きく広げて息子に語っている訳です。決して単なるホラ話ではなく、実は父親が息子を包み込む大きな愛故のことなので、人間にとって一番大切なことが詰まった作品なんです。だからこそ僕自身も、この作品は色々なところで語り継がれて、演じ続けられるものになって欲しいと心から思っていました。この作品を観て頂くことによって、きっとミュージカルを好きになってくださる方が増えていくだろう。そのきっかけになってもらえる、そんな力のある作品だと思っています。総合芸術としてのクオリティーの高さを感じますね。

それぞれが自分を投影することのできる作品

──誰しも日常をなんとかして生きていかなければならないのですが、その中でもこの作品からは、心には夢を持て、ヒーローになれという語り掛けがあって、現実社会に生きる身に寄り添ってくれる優しさを感じます。

素敵ですよね。それがエドワードの愛なのかなと思います。ティム・バートン監督の傑作映画のひとつがミュージカルになった作品ですけれども、ティム・バートン作品と考えると、逆に異色なのかなとも思っています。ファンタジックで色味が鮮やかでという個性はありながらも、人間を描くことにより重きが置かれた上のファンタジーになっていて。ティム・バートンが自己を投影しているのだろうという分析をあちこちで読みましたが、そういう意味で日本版演出の白井さんもご自身を投影なさっている面がおありだし、慈英さんもご自分の魂をそのまま板の上に乗せている。そういうことが可能な作品なので、この感動から湧き起こる不思議な気持ちも心地よかったですし、初演の千秋楽を終えた後も全員で幸せを分かち合えた作品でした。もちろん全ての作品に対してもそうなのですが、特にこの作品はもっともっと色々な方々に観てもらいたいと思っていますので、初演の高い熱量を持って新たな再演の舞台に臨んでいきたいです。

──では改めて、そのシアタークリエで上演される『ビッグ・フィッシュ』への意気込みをお願いします。

白井さんの演出のもと創り上げられたミュージカル『ビッグ・フィッシュ』が、約3年の時を経て再演できることになりました。シアタークリエでの公演のあと、愛知、兵庫でも公演させていただきます。令和元年の締め括りに相応しい作品だと思いますし、この『ビッグ・フィッシュ』は観終わった後に、周りの方々と色々な話がしたくなる物語だと思っています。お客様お一人お一人に持ち帰って頂く気持ちをずっと大切にしてもらえるように、幸せな涙に満ち溢れるものをお届けできるように、皆で力を合わせて突っ走っていきたいです。そして川平慈英さんのエドワードを目撃することは、本当に皆様にとって貴重な経験になると思います。慈英さんと霧矢大夢さん夫婦の姿を目に焼き付けて頂けるように、息子としてストーリーテラーとして頑張っていきますので、是非共劇場にいらして下さい!

うらいけんじ〇東京都出身。00年ドラマ『仮面ライダークウガ』でデビュー。04年『エリザベート』のルドルフ皇太子役に抜擢。以降ミュージカル、ストレートプレイ、映像と幅広く活躍中。『ヘンリー六世』で第44回紀伊國屋演劇賞個人賞『星ノ数ホド』他で第22回読売演劇大賞最優秀男優賞など受賞歴多数。主な出演作品に『アルジャーノンに花束を』『トロイラスとクレシダ』『アルカディア』『王家の紋章』『デスノートTHE MUSICAL』『ペール・ギュント』『ブロードウェイと銃弾』『ヘンリー五世』新感線☆RS『メタルマクベス』等。9月『HEDWIG AND ANGRY INCH/ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』20年2月「豪華絢爛 祝祭音楽劇『天保十二年のシェイクスピア』」出演が控えている。

【公演情報】
ミュージカル『ビッグ・フィッシュ』
脚本◇ジョン・オーガスト
音楽・詞◇アンドリュー・リッパ
演出◇白井晃
出演◇川平慈英 浦井健治
霧矢大夢 夢咲ねね
藤井隆 JKim 深水元基
佐田照/佐藤誠悟(Wキャスト)
東山光明 小林由佳 鈴木蘭々 ROLLY
●11/1~28◎東京・シアタークリエ
〈料金〉12,000円(全席指定・税込・未就学児童入場不可)
〈お問い合わせ〉東宝テレザーブ 03-3201-7777(9時半~17時半)
〈HP〉https://www.tohostage.com/bigfish/index.html
●12/7~8◎愛知・刈谷総合文化センターアイリス
〈お問い合わせ〉キョードー東海 052-972-7466
●12/12~15◎兵庫・兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
〈お問い合わせ〉梅田芸術劇場 06-6377-3888(10時~18時)

 

【構成・文/橘涼香 撮影/岩田えり】

記事を検索

観劇予報の最新記事

可児市文化創造センター×リーズ・プレイハウス 日英共同制作『野兎たち』制作発表レポート
つかこうへい演劇祭ー没後10年に祈るー『飛龍伝 2020』間もなく開幕! 味方良介 インタビュー
鈴木勝秀 × る・ひまわりの第3弾『ウエアハウス─double─』『る・ぽえ』上演中!
成井硝子店が、中野BONBONで『ゲキジョ!(演劇部ってなんで女子ばっかり!)』を上演!
ホストたちの汗と涙を華やかに飾る『私のホストちゃんTHE LAST LIVE』 ~最後まで愛をナメんなよ!~」松岡充・森田桐矢インタビュー

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報