お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

新国立劇場 「巣ごもりシアター」“おうちで戯曲” 追加配信3作品決定 !

新国立劇場の演劇部門が、新国立劇場のために書き下ろされた戯曲を期間限定でウェブ公開する「おうちで戯曲」は、すでに4月23日よりスタートしているが、追加で5月21日から、蓬莱竜太・坂手洋二・別役実の3作品が登場する。

蓬莱竜太『消えていくなら朝』、坂手洋二『現代能楽集 鵺』、別役実『月・こうこう, 風・そうそう』を、各作 2 週間限定で楽しめる。

【配信期間】5月21日(木)15:00~6月4日(木)14:00
●蓬莱竜太『消えていくなら朝』 (2018 年 7 月初演)

『消えていくなら朝』 (手前) 鈴木浩介 (奥) 高橋長英 (撮影:谷古宇正彦)

時代をつかむ劇作家・蓬莱竜太が、「現在」を描き出した書き下ろし 作品。とある家族を通して、仕事や日常生活というそれぞれの人生と、 家族として断ち切れない絆の中で、生きていく幸せを問う渾身の作品 。第 6 回ハヤカワ「悲劇喜劇」賞受賞作品。

●坂手洋二『現代能楽集 鵺』(2009年7月初演)

『鵺』(左より)坂東三津五郎、村上淳、たかお鷹、田中裕子(撮影:谷古宇正彦)

世阿弥晩年の作といわれる謡曲『鵺』をもとに、坂手洋二が時空を越 えて妖怪”鵺”を描いた作品。 平安末期の日本から現代のアジアまで、時空や夢幻を超えて人間の心 の深遠を辿っていいく。

【配信期間】5月28日(木)15:00~6月11日(木)14:00
●別役実『月・こうこう,  風・そうそう』(2016 年 7 月初演)

『月・こうこう,  風・そうそう』 (右より)花王おさむ、和音美桜、松金よね子(撮影:谷古宇正彦)

日本の現代演劇を切り拓いてきた劇作家、別役実が新国立劇場に書き 下ろした本作。 竹林の中にある国に現れたかぐや姫によって巻き起こる、一陣の風の 様な出来事を、「かぐや姫伝説」をモチーフに描いている。

「巣ごもりシアター」“おうちで戯曲”のご案内ページ
https://www.nntt.jac.go.jp/sugomori_gikyoku/

記事を検索

観劇予報の最新記事

浦井健治主演、咲妃みゆ・桜井玲香のWキャスト!ミュージカル『ゴースト』メインキャスト決定!
女優・岸惠子がスペシャルトークショー『岸惠子 いまを生きる』を開催!
「みらい基金」クラウドファンディング最終日に、カウントダウン・イベントとして生放送特番を展開!
大ヒット歴史ミュージカル『マリー・ アントワネット』が2021年1月、待望の再演!
ピンターの傑作戯曲『BETRAYAL 背信』を壮一帆、中丸シオンらの2チームで上演!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト