お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

大ヒット漫画の舞台化、ミュージカル『るろうに剣心 京都編』上演中! レポートと舞台写真到着!

大ヒット漫画「るろうに剣心」がミュージカルとなってIHIステージアラウンド東京で5月17日から上演中だ。(6月24日まで)

「るろ剣」ワールドが観客を360°取り囲み、剣心らが縦横無尽に走る!歌う!戦う!豪華なステージが繰り広げられている。その観劇レポートと舞台写真が到着した。

《公演レポート》
和月伸宏原作の大ヒット漫画「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」の中でも高い人気を誇る「京都編」が、主人公の緋村剣心役に小池徹平を迎え、ついにミュージカル化。そこで現在、客席が360°回転する“IHIステージアラウンド東京”で上演中の、ミュージカル『るろうに剣心 京都編』の模様をレポートする。

かつて“人斬り抜刀斎”と恐れられ、倒幕の志士として暗躍した緋村剣心。明治の世となった今は、“不殺(ころさず)の誓い”を立て、刀の峰を刃とした“逆刃刀”を手に流浪人として暮らしている。しかし剣心の跡を継ぎ人斬りとなった志々雄真実が、明治政府への恨みから、国家転覆を企てていると知り……。

歴史に基づいた厚みのある人間ドラマと、シーンを一気に盛り上げるナンバー、さらに大迫力の殺陣。脚本・演出を小池修一郎が手がけているだけあり、舞台でしか観られない『るろ剣』ワールドが炸裂していた。作品の核となるのは、やはり剣心演じる小池徹平。小池修一郎直々のご指名だけあり、まさにハマり役と言える。さまざまな感情で揺れる剣心の葛藤を、時に鋭い殺陣で、時に真っすぐな歌声で表現。また剣心の口癖「おろ?」を口にした時の、とぼけた表情もたまらない。

そんな剣心の最大の敵として立ちはだかるのが、黒羽麻璃央演じる志々雄。全身を焼かれ、顔まで包帯で覆われているため、その細かな表情を読み取ることは難しい。だが志々雄の怒り、苦しみが手に取るように伝わるのは、黒羽の憑依的な芝居あってこそだろう。また剣心の師匠・比古清十郎役の加藤和樹、剣心の仇敵・四乃森蒼紫役の松下優也と、抜群の歌唱力を誇るふたりがそろう贅沢さ。さらには瀬田宗次郎役の加藤清史郎が出色の出来。喜怒哀楽の“楽”以外の感情が欠如した宗次郎は、非常に穏やかな人物だが、それは剣を交えた瞬間恐怖に変わる。その恐ろしさと奥底にある絶望。アンバランスなグラデーションを見せる加藤の芝居に、これからの活躍がより一層楽しみになった。

漫画ファンにとっては、宗次郎を始めとする志々雄の精鋭部隊“十本刀”の再現度の高さにも心躍るだろう。中でも奥野壮演じる、“大鎌の鎌足”こと本条鎌足のナンバーは、過酷な状況が続く本作で、クスっと笑える華やかなシーンとなっている。そして劇場自体エンターテインメントと化すのが、このステージアラウンドの大きな魅力。舞台機構を存分に生かしためくるめく舞台転換が見事で、さらに松井るみが手がける重厚な美術が圧巻だ。360°という広大な舞台面すべてに血が通っており、だからこそ登場人物たちが確かにそこで生きている、という説得力を与えられるのだろう。

2年前の公演中止を乗り越え、ついに幕を開けたミュージカル版『るろ剣』。その熱く、美しく、切ない戦いを目撃出来るのは、6月24日(金)まで。これだけの力作、見逃してしまうにはあまりに惜しい。(取材・文:野上瑠美子)

《配役と役どころ》
小池徹平:緋村剣心(ひむら・けんしん)
かつて最強と恐れられた人斬り抜刀斎。維新後、<不殺の誓い>を立て、全国を旅している。

黒羽麻璃央:志々雄真実(ししお・まこと)
人斬り役の後継者をしていた元・長州派維新志士。明治政府に抹殺されかけ全身火傷を負い、強い恨みがある。

松下優也:四乃森蒼紫(しのもり・あおし)
幕府の御庭番衆の御頭。最強の剣士になることを心に誓い、剣心に戦いを挑んでくる。

加藤清史郎:瀬田宗次郎(せた・そうじろう)
志々雄一派の十本刀の一人。剣術は天賦の才を持つ。超神速で移動する縮地法の使い手。

岐洲 匠:相楽左之助(さがら・さのすけ)
元・赤報隊準隊士。斬馬刀の使い手。人情味あふれる熱い男で、剣心の頼れる仲間。

奥野 壮:本条鎌足(ほんじょう・かまたり)
志々雄一派の十本刀の一人。大鎖鎌の使い手。外見は可愛らしい女の子だが実は男性。志々雄のことを慕っている。

井頭愛海:神谷 薫(かみや・かおる)
神谷活心流道場師範代。人を活かす剣を教えている。剣心をそばで支える正義感の強い女性。

鈴木梨央:巻町 操(まきまち・みさお)
剣心が京都に向かう道中で出会う少女。御庭番衆の先代御頭の孫。蒼紫を慕っている。

伶美うらら:駒形由美(こまがた・ゆみ)
志々雄の世話役であり、志々雄を慕い愛している女性。常に志々雄のそばにいる。

山口馬木也:斎藤 一(さいとう・はじめ)
元・新撰組三番隊組長。すご腕の剣術使い。維新後は、明治政府の警官となった。

加藤和樹:比古清十郎(ひこ・せいじゅうろう)
十三代目飛天御剣流継承者。剣心の師匠であり育ての親でもある。

 

【公演情報】
ミュージカル『るろうに剣心 京都編』
原作:「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」和月伸宏(集英社 ジャンプ コミックス刊)
脚本・演出:小池修一郎(宝塚歌劇団)
音楽:太田健(宝塚歌劇団) / 和田俊輔
出演:小池徹平 黒羽麻璃央 松下優也 加藤清史郎 岐洲匠 奥野壮
井頭愛海 鈴木梨央 伶美うらら 山口馬木也 加藤和樹
猪塚健太 郷本直也 松浦司 キャッチャー中澤 梶原颯 才川コージ 城妃美伶 阿部裕
藍実成 浅川文也 飯作雄太郎 伊藤寛真 鹿糠友和 黒沼亮 笹川慎一朗 寒川祥吾
鮫島拓馬 柴原直樹 清水錬 楢原じゅんや 西村聡
彩花まり 斎藤葉月 七理ひなの 杉浦小百合 美翔かずき 横関咲栄 吉田繭
生出真太郎/西田理人/三木治人
●5/17~6/24◎IHIステージアラウンド東京
〈お問い合わせ〉ステージアラウンド専用ダイヤル 0570-084-617(11:00~16:30)
〈公式サイト〉https://www.ruroken-musical.com
〈公式twitter〉 https://twitter.com/rurokenmusical

《アフタートークショー開催決定》
☆6月3日(金)12:30公演 終演後
登壇者 小池徹平 松下優也 加藤和樹
司会 猪塚健太
☆6月6日(月)12:30公演 終演後
登壇者 小池徹平 岐洲匠 山口馬木也
司会 猪塚健太
※上記該当公演のチケットをお持ちのすべてのお客様が対象となります。
※登壇者は急遽変更になる場合もございます。

【舞台写真撮影:引地信彦 ©和月伸宏/集英社】

 

記事を検索

観劇予報の最新記事

須賀健太が演出、劇団「ハイキュー!!」新たに始動!
山口乃々華、奥村佳恵、和田琢磨らのミュージカル『SERI~ひとつのいのち』ビジュアル&PV公開!
昭和の喜劇人を描くケラリーノ・サンドロヴィッチ新作舞台『世界は笑う』開幕!
阿部サダヲ、吉田羊、間宮祥太朗、江口のりこらの出演する『ツダマンの世界』作・演出の松尾スズキ直筆イラストビジュアル公開!
三越劇場で9月にアトリエ新派公演と朗読劇場を開催!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報