お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

東出昌大×岩松了 初タッグ『二度目の夏』 本多劇場にて7月上演決定!

東出昌大・太賀

東出昌大の主演、岩松了の作・演出によるM&Oplays プロデュースの舞台『二度目の夏』が、7月に本多劇場にて上演される。 本公演は、M&Oplays と岩松了が定期的に行っているプロデュース公演の最新作、東出昌大を主演に迎えて新作を書き下ろす。

今までに宮藤官九郎主演『アイドル、かくの如し』(2011)『結びの庭』(2015)、小泉今日子主演『家庭内失踪』(2016)、堀井新太、黒島結菜を中心とした若者の群像劇『少女ミウ』(2017)など、数々の話題作を提供してきたこのシリーズ。今回は湖畔の別送を舞台に、ある夫婦と夫の親友、そして彼らの周りの男女が繰り広げる「嫉妬」をめぐるドラマとなる。

 

にじんでいた景色が涙がひとつぶ落ちた時みたいにはっきり見えてきたのでした。 そして知ったのです。嫉妬ではない、私は強く愛していただけなのだと。あれは、二度目の夏でした…。

 

裕福な家庭で何不自由なく育ち、美しい妻を娶るなど、誰もが羨むような人生の半面、物語が進むにつれて嫉妬という自らの感情に押しつぶされ、追い詰められ壊れゆく主人公の「夫」を演じるのは、東出昌大。三島由紀夫の畢生の大作を舞台化した『豊饒の海』(2018)で複雑な心理の主人公を見事に演じ、観客を魅了した東出が、自身三度目の舞台で、初めてタッグを組む岩松了と、どのような化学反応が起こすのか…必見。

東出昌大演じる「夫」の親友を演じるのは、東出とは映画『桐島、部活やめるってよ』(2012)以来7年ぶりの共演となる太賀 。昨年はドラマ『今日から俺は!!』(2018)や映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(2018)などに出演し、コメディからシリアスな作品まで、縦横無尽の活躍ぶりで、どの作品においても、観るものに強い印象を残した。岩松了作品は本作で4回目となる。

「妻」役には、人気ドラマ『わろてんか』などにも出演していた今注目の若手女優の水上京香。岩松了作品には本作が初出演となる。

そして主人公たちを取り巻く個性豊かなキャラクターたちを、独特の存在感で、舞台のみならず活躍の幅を広げている清水葉月、舞台経験豊富なベテラン俳優の菅原永二、さらに作・演出の岩松了も出演。さらに、数々の作品で観る人の印象に残る名バイプレーヤー片桐はいり という魅力的なキャストが揃った。

 

【コメント】

東出昌大

役者にとって特別な下北沢の、憧れの本多劇場で、岩松了さん演出で舞台の上に立てるのは、光栄な思いと楽しみと恐れが入り混じった不思議な感覚です。言い表すなら「武者震い」でしょうか。 必ずや良い舞台にします。心より、お待ちしております。

太賀

尊敬する岩松了さん、そして東出昌大さんをはじめとする素敵なキャストの方々と一緒に演劇をやれる事を大変嬉しく思います。 お話を頂いてから、ずっと待ち焦がれてました。二度目の夏。是非観に来てください。

岩松了

二度目の夏──

湖畔の別荘を舞台に「男の嫉妬」がひき起こす、ある事件を描く物語です。

主演に初めてご一緒する東出昌大さん。共演に何度も舞台でご一緒している太賀くんはじめ、素敵なキャストのみな さんに集まってもらいました。 僕自身、今からとても楽しみにしています。ご期待下さい!!

 

【公演情報】
M&Oplays プロデュース
『二度目の夏』

作・演出◇岩松了

出演◇東出昌大、太賀、水上京香、清水葉月、菅原永二、岩松了、片桐はいり

●7/20〜8/12◎本多劇場 そのほか、福岡、広島、静岡、大阪、名古屋、神奈川公演あり

〈公式HP〉http://www.morisk.com/

 

記事を検索

観劇予報の最新記事

劇団民藝公演『異邦人』中津留章仁の作・演出でまもなく開幕!
森田剛主演でサイモン・スティーヴンスの新作『FORTUNE』来年1月、世界初上演!
劇団ワンツーワークスの次回作は『死に顔ピース』“笑って笑って、楽しく死んで、旅立とう。”
花組芝居が挑む渾身の超大作『義経千本桜』本年12月に上演!
ドラマと舞台が連動!舞台『ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~』来年5月上演!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報