お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

KAAT『恐るべき子供たち』オールキャストが決定!

南沢奈央、柾木玲弥、松岡広大、馬場ふみか
デシルバ安奈、斉藤悠、内田淳子、真那胡敬二

 

KAAT神奈川芸術劇場では芸術監督の白井晃が、『春のめざめ』に続いて『恐るべき子供たち』を5月18日~6月2日、上演する。

 

本作『恐るべき子供たち』は、『春のめざめ』同様、思春期の少年・少女を主人公に、1929年に上梓した、フランスの詩人・小説家・劇作家 ジャン・コクトーの中編小説で、コクトーの代表作の1つ。小説だけでなく、詩、映画、批評などあらゆるジャンルの文学に精通しているコクトーの作品の中でも、古典文学の悲劇を思わせるという点で最もコクトーらしい作品とも言われている。
本作の上演台本を手がけるノゾエ征爾は、2012年に『○○トアル風景』により第56回岸田國士戯曲賞を受賞し、自身が主宰する劇団「はえぎわ」での作・演出のほか、舞台、映画、テレビドラマなどでの俳優としての出演など、様々なジャンルで活躍する俳優・劇作家・演出家で、ジャン・コクトーの世界には初めての挑戦となる。

 

またこのたび全キャストが決定した。外界を知らずに成長し、弟との“王国”を守ろうとし続ける美しい姉・エリザベート役には南沢奈央。姉と共に幼稚で享楽的な価値観のまま成長していく弟のポールに、幅広い役柄を演じて”カメレオン俳優”とも呼ばれる柾木玲弥。物語の語り部的役割を担うポールの友人・ジェラール役で、今回初のストレートプレイ出演となる松岡広大。そして新たに、柾木演じる弟のポールが密かに思いを寄せる、姉エリザベートの友人・アガート役に、ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の新人看護師役で注目を集めた馬場ふみかの出演が決定した。
また、子供たちを時に見守り、時に抑圧する”大人達”には、デシルバ安奈、斉藤悠、内田淳子、真那胡敬二ら実力派俳優陣の出演が決定。ジャン・コクトーの名作小説の舞台化に挑む!

 

【コメント】

白井晃(演出)
芸術監督就任後から取り組んでいる近現代戯曲シリーズとしては初めての再演となる『春のめざめ』と、同じように思春期の生と性をテーマにした最新作『恐るべき子供たち』を連続で上演させていただきます。『春のめざめ』はキャストが新しく加わったことで、またいろいろな新しいアイデアも出てくると思いますし、『恐るべき~』は姉弟の愛憎というか、愛情があるがゆえに関係が歪んでいく話で、南沢奈央さん、柾木玲弥さん、松岡広大さん、馬場ふみかさんといったキャストでお届けします。また今回『恐るべき子供たち』の上演台本をノゾエ征爾さんにお願いしましたが、ノゾエさんは必ず台本に演劇的な仕掛けを入れて来られるので、コクトーのこの著名な小説が、演劇ならではの表現でどのように上演できるか楽しみにしています。

 

【公演概要】
KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『恐るべき子供たち』
原作◇ジャン・コクトー(コクトー 中条省平・中条志穂:訳「恐るべき子供たち」/光文社古典新訳文庫)
上演台本◇ノゾエ征爾
演出◇白井晃
出演◇ 南沢奈央、柾木玲弥、松岡広大 馬場ふみか
デシルバ安奈、斉藤悠、内田淳子、真那胡敬二
5/18~6/2◎KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ
〈料金〉プレビュー公演(5/18・19)5,000円 本公演6,500円(全席指定・税込)
※各種割引料金(本公演のみ)  U24チケット3,250円 高校生以下割引1,000円 シルバー割引(満65歳以上)6,000円
〈お問い合わせ〉チケットかながわ 0570-015-415(10:00~18:00)
https://www.kaat.jp/detail?url=osorubeki

 

記事を検索

観劇予報の最新記事

泉鏡花×鳥山昌克シリーズ第六弾『唐十郎 楼閣興信所通信』11月に上演!
舞台『サザエさん』で10年後のカツオを演じる! 荒牧慶彦インタビュー
巨匠ベルイマン作による三人だけの会話劇『リハーサルのあとで』9月に上演!
大人気ボクシング漫画の舞台化『はじめの一歩』The Glorious Stage!! 来年1月上演決定!
昇進を望まないコンシェルジェ?! 舞台『上にいきたくないデパート』間もなく開幕! 今野浩喜×岸本鮎佳 インタビュー

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報