お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

韓国ナショナル・シアターカンパニーによる『ボッコちゃん〜星新一ショートショートセレクション〜』東京芸術劇場で上演!

「ボッコちゃん」

商業演劇から小劇場まで、幅広いジャンルの演劇作品がつくられている演劇都市ソウルで、トップの実力を誇る韓国ナショナル・シアターカンパニーがいよいよ東京芸術劇場に登場する。

作品は『ボッコちゃん〜星新一ショートショートセレクション 〜』。
今、韓国演劇界でもっとも実力と人気を兼ね揃えた演出家の1人であるチョン・インチョルが、“ショートショートの神様”と呼ばれ、今も幅広い世代に愛読され続けているSF作家星新一の数ある傑作の中からセレクトした作品を、2017年に韓国ナショナル・シアターで舞台化。観客の圧倒的な支持を得て韓国でもっとも権威ある「東亜演劇賞」を3部門で受賞した作品だ。

 

1. 「ボッコちゃん」(『ボッコちゃん』所収)
2. 「知人たち」(『たくさんのタブー』所収)
3. 「おーい でてこーい」(『ボッコちゃん』所収)
4. 「鏡」(『ボッコちゃん』所収)
5. 「宇宙の男たち」(『宇宙のあいさつ』所収)
6. 「ひとつの装置」(『妖精配給会社』所収)
※全て新潮文庫刊

「知人たち」

 

【韓国ナショナル・シアターカンパニー】
韓国ナショナル・シアターカンパニーは、長い歴史を持つ、国営の重要なシアターカンパニーの1つで、1950年4月に創立し、2020年には70周年を迎える。ソウルに明洞芸術劇場と2つのスタジオ・シアターの3つの劇場を持ち、韓国でもっとも多くの演劇を制作。新作のみならず、世界の古典を現代版に蘇らせて上演し、年間に20公演以上を制作している。韓国ナショナル・シアターカンパニーは、韓国の演劇の中心として、伝統を受け継ぎ、近代演劇の新しい展望を切り開いている。

「おーい でてこーい」

 

【東亜演劇賞】
1964年に東亜日報により創立された韓国でもっとも長い歴史を持つ演劇賞で、演劇の現場スタッフに支持されている賞でありながらも、ニュー・コンセプト演劇賞(新しいアイディアを取り入れた前衛的な作品を創作する演出家に授与する)などを新たに設けるなど進化を続けている。演出家チョン・インチョルは第54回東亜演劇賞演出賞を受賞(2017年の作品・活動を対象に、2018年1月受賞)。この部門では2013年に多田淳之介が『かもめ』や日韓合作の『カルメギ』で、史上初の外国人受賞者になっている。

「鏡」

【東京芸術劇場と韓国】
東京芸術劇場芸術監督である野田秀樹による『赤鬼』が1997年に韓国で上演された際、韓国の観客に強い衝撃を与え、韓国演劇界において野田の名前が広く知られることとなった。
これがきっかけとなり、2013年には再び韓国で公演する機会を得て、明洞芸術劇場で『THE BEE』を上演して大好評を博した。
このような経緯を経て、2014年には明洞芸術劇場(現:韓国ナショナル・シアターカンパニー)との共同制作に取り組むこととなり、日韓国際共同制作事業として野田秀樹作・演出『半神』を上演。野田自身が演出、出演者には韓国人俳優を起用し、美術や照明などプランナーは日本人という布陣で、東京・ソウル両都市で公演を行い、日韓両国において話題となった。
2017年には『ワン・グリーン・ボトル』を再び明洞芸術劇場で上演し、再び温かい歓迎を受けた。
今年は、2017年に韓国ナショナル・シアターカンパニーが、シアターパンで上演して東亜演劇賞を受賞した『ボッコちゃん ~ 星新一 ショートショートセレクション ~』を、東京芸術劇場シアターイーストで上演することになった。また次年度以降、再び日韓の共同製作公演を計画中。
〈上演歴〉
2013年 『THE BEE』 韓国・明洞劇場で上演
2014年 日韓国際共同制作事業『半神』を明洞芸術劇場、東京芸術劇場で上演
2017年 『ワン・グリーン・ボトル』を韓国・明洞芸術劇場で上演

「宇宙の男たち」

「ひとつの装置」

日本が誇り、韓国でも根強いファンを持つ人気作家星新一が書いた現代に生きる私たちに向けたメッセージとは?星新一×韓国演劇の異色のコラボレーションに期待が集まる。

【公演情報】

東アジア文化都市2019豊島スペシャル事業

『ボッコちゃん~星新一ショートショートセレクション~』
(韓国語上演・日本語字幕付/上演時間:90分・休憩なし)
原作:星新一
脚色・演出:Jun In-chul チョン・インチョル
出演::韓国ナショナル・シアターカンパニー(National Theater Company of Korea)
Yoo Byung-hoon ユ・ビョンフン、Ahn Byung-sik アン・ビョンシク、Kim Myung-ki キム・ミョンギ、Lee Bong-ryun イ・ボンリョン、Kwon Il クォン・イル、Kim Jung-min キム・ジョンミン、Park Hee-jung パク・ヒジョン
●5/30~6/2◎東京芸術劇場 シアターイースト
〈料金〉一般4,000円 65歳以上3,000円 25歳以下2,000円 高校生以下1,000円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉東京芸術劇場ボックスオフィス 0570-010-296(休館日を除く 10:00~19:00)
〈HP〉www.tmt-bokkochan.com
    http://www.geigeki.jp/t/

 

Photo ⓒNah Seung-yeol, provided by National Theater Company of Korea
※前回公演より

 

記事を検索

観劇予報の最新記事

平和三部作一挙上演で3時間の「ひとり芝居」に挑む! 風間杜夫インタビュー
佐藤隆太で一人舞台『エブリ・ブリリアント・シング』日本初演決定!
戯曲リーディングの演目が野村萬斎演出『アテネのタイモン』に決定!
全てのダンサーが主役のノン・ストップステージDIAMOND☆DOGS『ODYSSEY』上演中!
一般公募の脚本で女優3人舞台『百演』第一回公演を10月29日、浅草九劇で上演!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報