お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

珠玉のミュージカル A NEW MUSICAL 『In This House ~最後の夜、 最初の朝~』再演が開幕!

2018年4月に初演され、多くの観客から、「予想もしない心の深いところに刺さりミュージカルの概念を変えられた」と絶賛された作品『In This House~最後の夜、最初の朝~』。

独白と会話、歌と音楽が絶妙に入り組み、上質な短編小説を読むような感覚で、観るものの想像力を刺激するこのミュージカルが、2019年11月、日本初演から1年半振りに、東京品川の六行会ホール(11月20日~24日)と、同じ品川のひらつかホール(11月27日~29日)との、二つの劇場にところを移して再演となる。その初日が11月20日に開幕した!

【物語】
人生の晩年を迎えつつあるヘンリー(岸祐二)&ルイーサ・アーデン(入絵加奈子)夫妻が、ある大晦日の晩、自分たちが長年住んでいた田舎の家に久しぶりに立ち寄ったところからはじまる。その家はしばらく放置されていたせいもあり、あちこち傷み、壁の一部は壊れかけていた。その頃自動車の事故で立ち往生していたジョニー(川原一馬)とアニー(綿引さやか)は、偶然アーデン夫妻の家を訪ね、夜が明けるまで寂れたファームハウスで共に過ごすことになる。四人はそれぞれに語り合ううちに、ヘンリーとルイーサは過去の自分たちの愛情について、ジョニーとアニーは未来の自分たちの愛情について、それぞれどう向き合うべきか、今日“この家で”次のステージへ進むための選択をすることになる……。

 

初日を迎えて、演出の板垣恭一と出演者の岸祐二、入絵加奈子、綿引さやか、川原一馬からコメントと舞台写真をご紹介する。

【コメント】

岸祐二
無事に初日を迎えることができました。
再演ということを言葉では言っていますし、やっている事ももしかしたら同じに見えるかも知れないですが、内面は全然違っていて、新たに一から作りあげ、それが形になったという事にとても幸せを感じています。
もともと演劇というものは完成しないものだと思うのですが、この作品は本当に完成もしなければ、これだという答えがあるわけでもなくて、来ていただいたお客様の解釈によってとても深いものになったり、身近なものになったりもする作品ですので、それを丁寧に最後までお届けしていきたいと思います。ぜひ一度足を運んでいただき、この作品を共有して育ててやっていただけたら嬉しいです。

入絵加奈子
ご来場ありがとうございました。
私は本当にこの作品を愛しています。1回1回の稽古を誠心誠意を込めて大切にやって参りました。そして今日観ていただいたお客様が受け入れてくださったように感じたので本当に幸せな気持ちになりました。
これから回を重ねていくごとに作品がよくなって、お客様の心にもっと届くような作品に成長していけるよう日々頑張って参りますので、In This House 2019をどうぞ皆さん応援してください。

綿引さやか
In This House 初日が開きました。
ご来場くださった皆さまありがとうございました。
稽古を積み重ねてきて今日初日を迎えてお客様の反応やお客様の物語と一緒にIn This Houseが新しく走り出したなという感じがします。今回は2つの会場で、それぞれまたちょっとずつ違ったIn This Houseになるんじゃないかなという予感もしています。そしてロビーには素敵なSNSスポットもあったりしますので、皆さんそこで是非写真を撮って載せてみたりもしてください。
それではこれからの公演、皆さまのご来場をお待ちしてます。
最後まで頑張ります!アニー・フリードキンでした。

川原一馬
無事に終わってほっとしています。
この作品は僕が今までやってきた作品、僕が歩んできた道を一回振り返って今現在も自分自身と向き合って挑んでいる作品です。なので是非また生で観ていただけたらと思いますし、僕にとってはこの作品を通して僕自身がもっと成長できるということと、今までの僕を浄化するというダブルミーニングがあったりもしますので、お客様もそれぞれにいろんな意味を感じとっていただけたらいいなと思ってます。
最後まで頑張ります!

板垣恭一(日本語上演台本・訳詞・演出)
「キライだよミュージカルなんて」という人を誘っていただけたらと思います。歌と台詞がシームレスにつながっていて、まるでストプレのような印象を持っていただけると。90分ちょっとの上演時間、老夫婦と若いカップルによる大晦日のワンナイトストーリー、しかし登場人物4人にはそれぞれ秘密があり……というシンプルながら味わいある物語。とても耳ざわりの良い音楽、歌声に定評のあるキャストたちの演技。すべてが見どころです。ぜひご来場ください。

【公演情報】
A NEW MUSICAL『In This House~最後の夜、最初の朝~』
日本語上演台本・訳詞・演出◇板垣恭一
出演◇岸祐二 入絵加奈子 綿引さやか 川原一馬
●11/20~24◎六行会ホール
●11/27~29◎ひらつかホール

〈公式サイト〉https://www.consept-s.com/ith2019/

記事を検索

観劇予報の最新記事

松尾スズキの『母を逃がす』をノゾエ征爾が演出。2020年5月Bunkamura シアターコクーンにて上演!
ピーピング・トム待望の来日公演は『ファーザー』に続く《家族三部作》第2作目『マ ザー 』 
オフ・ブロードウェイ・ミュージカル「Forever Plaid」来年5月上演!
朗読劇『僕らは人生で一回だけ魔法が使える』再演でアキト役とハルヒ役の役替わりに取り組む! 高野洸インタビュー
観劇三昧【2019年11月】ラインナップ

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報