お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

青木豪演出・前山剛久主演『十二夜』本多劇場にて開幕!

青木豪が上演台本と演出を手掛ける『十二夜』が本多劇場にて3月20日、開幕した。
新型コロナウイルス感染症拡散防止のため、政府の感染症対策本部の方針に鑑み、6日より19日までの公演を中止していたが、観客とカンパニーの安全を第一に感染防止策(https://12th-night.westage.jp/posts/7868898)を整え、初日を迎えることができた。

“こんなに笑えるシェイクスピアは初めて”と拍手喝采を浴びた、2013年上演の青木豪演出の『十二夜』。今回さらにバージョンアップし、表現力豊かな唯一無二の実力派俳優が結集して、儚くも痛快な恋物語をオールメイル作品だ。その舞台写真と主演の前山剛久からの挨拶が届いた。

【前山剛久 終演後のご挨拶】
本日は舞台『十二夜』にご来場いただき、誠にありがとうございます。
そして、本日初日を迎えられたことを本当に心から嬉しく思います。
しかし残念ながら、東京は6~19日の17公演、そして大阪は会場を変えて31日の千秋楽1公演、計18公演を中止にして行うことになりました。
それでもやっぱり今日、皆さんの笑顔だったり、反応をもらって、幕を開けられたことを本当に幸せに感じております。
今日始まっている舞台も多いですけど、それでも様々なエンターテイメント作品が、昨今のコロナウィルスの影響で中止になっています。その状況でこの舞台をやってもいいのかという声も、少なからずはあると思います。基本的に消毒や換気など、対策は怠らず実施しておりますが、何よりこういう時だからこそ、僕はお芝居をする意味があると考えています。お芝居は水や食料のようには生きていく上で必要ないかもしれませんが、人が生きる上で、心を豊かにしてくれる、絶対必要なものだと思っています。
こういう暗い話題が多い今だからこそ、人の心を和らげて幸せにできるのはお芝居だったり演劇だったり、すべてのエンターテイメントだと僕たちは考えています。
『十二夜』はキャスト、スタッフ一同が協力して、お客様に楽しんでいただけることを目的に稽古を重ねてきました。その作品がお客様の目に触れずに終わってしまうのは寂しく、何とか開幕したいと願いながら、今日ついに初日を迎えることができました。ありがとうございます。
皆様の顔を見て、反応をいただいて、僕たち自身すごく勇気をもらえました。
この感謝の気持ちを忘れず、残り6公演、1公演1公演、大切に舞台上から幸せを届けられたらと思います。皆様、舞台『十二夜』をこれからも応援し続けてください。
それでは改めまして、本日は誠にありがとうございました。

【ストーリー】

双子の兄妹セバスチャンとヴァイオラの乗った船が難破し二人は生き別れる。兄が死んだと思ったヴァイオラは身を守るため男装し、シザーリオと名乗り公爵オーシーノの小姓となる。

 

ヴァイオラはオーシーノに恋心を抱くが、伯爵家の女主人オリヴィアに恋するオーシーノは想いを伝えるためにヴァイオラを使いに出す。複雑な気持ちでヴァイオラはオリヴィアに会うが、女とは知らずオリヴィアはヴァイオラに一目惚れ。

オリヴィアの屋敷では、叔父のサー・トービー・ベルチ、オリヴィアに求婚するサー・アンドルー・エイギュチークが道化のフェステと共に、毎晩飲んだくれていた。堅物の執事のマルヴォーリオは彼らを強く叱責する。

普段からマルヴォーリオを嫌っていた彼らは侍女のマライアも引き入れ仕返しを計画。その結果マルヴォーリオは幽閉されることに。一方ヴァイオラの兄セバスチャンも生きていた。瓜二つの兄妹を巡って周囲は大混乱。それぞれの恋の行方は?!

【公演情報】
『十二夜』
原作:ウィリアム・シェイクスピア
翻訳:松岡和子
上演台本・演出:青木豪
音楽:笠松泰洋
出演:前山剛久 新納慎也 納谷健 三好大貴/坪倉由幸 清水宏/木場允視 根本大介 宮澤和之/
阿南健治 春海四方 小林勝也
●3/20~22◎東京 本多劇場
●3/29~30◎大阪 COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール
〈料金〉8,000円(全席指定・税込・未就学児童入場不可)
〈お問い合わせ〉
東京/サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(平日12:00~18:00)
大阪/キョードーインフォメーション  0570-200-888(全日10:00~18:00)
〈公式サイト〉https://12th-night.westage.jp/

記事を検索

観劇予報の最新記事

「僕のヒーローアカデミア」The  “Ultra”  Stage 本物の英雄 PLUS ULTRA ver.を7月に上演!
ミュージカル『アニー』で 4年連続ウォーバックス役を演じる! 藤本隆宏インタビュー
トップスターとしてのラストステージ「レビュー 春のおどり」桐生麻耶インタビュー
三島由紀夫没後五十年に三島歌舞伎第一作目『地獄變』を花組芝居がネオかぶき化!
タクフェス 春のコメディ祭!『仏の顔も笑うまで』宅間孝行・モト冬樹・肥後克広・樋口日奈 インタビュー

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト