お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

磯村勇斗がミュージカル初出演・初主演! 根本宗子作品『プレイハウス』オールキャスト決定!

“月刊根本宗子”の旗揚げから10周年を迎えた演出家の根本宗子が、パルコとの初タッグで臨むこの夏の新作舞台、PARCOプロデュース『プレイハウス』のオールキャストが決定した。

 

すでに主演として発表されたアイドル界の新興勢力ギャングパレード(以下ギャンパレ)に続き、男性主演俳優には、若手人気俳優の磯村勇斗が決定した。磯村はミュージカル作品への参加は初、もちろんミュージカル主演も初で、これまで見せたことのないカリスマホストを演じる。

 

さらに実力派の多彩な共演者が揃った。昨今舞台俳優としての活動で脚光を集め、白井晃演出の舞台『春のめざめ』の再演でもさらに評価を高めている栗原類。2.5次元舞台で絶大な人気を集め、昨年末の紅白歌合戦にも出場を果たした鳥越裕貴。2011年からノゾエ征爾率いる劇団はえぎわに座員として参加し、ますます活躍の幅を広げている富川一人。劇作家、放送作家、演出家、俳優と八面六臂で活躍するブルー&スカイ。大人計画に所属し、様々な舞台から、テレビや映画など映像作品でも引っ張りだことなっている女優・猫背椿。まさにバラエティー豊かなそうそうたるメンバーが集結した。

【あらすじ】
ミキは小さな頃から隠し事が癖。
幼稚園の頃から思っていることを周りの子みたいに正直に口に出来なかった。
そんな彼女が20歳を過ぎ、東京に出てきて出会った街は新宿、歌舞伎町。
時が経ち、引っ込み思案だった彼女がついた職業は歌舞伎町の風俗嬢だった。
幼少期からとにかくモテて、人からちやほやされることしか経験せず育った聖也。
ビジュアル系バンドの追っかけをしていた母の影響で、小学生の頃からホストのような出で立ちだった彼は、時を経て歌舞伎町一のホスト、一ノ瀬聖夜となっていた。
全く真逆だった二人の人生が運命に導かれ歌舞伎町で交差する時、ミキは人生最大の嘘をつくことになる。
ホスト、ドラック漬けのジャンキー、ホテルの掃除婦、サラリーマン、そして風俗嬢。彼らがここでしか生きられない理由とは。
「世界地図で見たら私の小指の爪より小さなこの街が、私のすべてだ。ようこそ、みんなの遊び場、歌舞伎町プレイハウスへ。」

【コメント】
GANG PARADE
初めての舞台作品に挑戦します。しかも私たちの楽曲を使ったミュージカルということで、今はまだ想像もつかないのですが、とにかく楽しみです! 根本さんの舞台は圧倒的な台詞の力と、思いもよらない展開が面白く、私たちがちゃんとその中に入っていけるのか不安もありますが、根本さんや演技経験豊富な出演者の皆さんに教えていただきながら、全力で頑張ります。
いつもとは違う曲のアレンジや振付、そしてお芝居で、ライブとはまた違う私たちを見てもらえると思います。
私たちの初舞台を劇場で見届けていただけたら嬉しいです。

 

磯村勇斗
自分にとっては初となる根本宗子さん脚本・演出のオリジナルミュージカル。しかもお相手は個性豊かなGANG PARADEのみなさん。想像もつかないステージで、今から胸踊る気持ちでいっぱいです。ですが、新たな挑戦の場でもあると感じています。彼女たちとの共演でどんな化学反応が起きるのか新たに創り出される世界に、好奇心の血が波打っています。これから稽古に入りますが、皆様にこの溢れる想いが届くようぶつかって参ります。

 

根本宗子
今回初パルコ・プロデュースで夏にお祭りのような企画をというお話をいただいて、何がやりたいかと考えた時にまず浮かんだのが、私が以前からファンで追いかけていた「GANG PARADE」の楽曲でミュージカルをやりたい!でした。ギャンパレは楽曲の良さはもちろんのこと、メンバーの入れ替えなどグループ自体が持っているドラマやパフォーマンスのエモーショナルさが魅力だと思います。彼女たちのエモさと私が書く世界観のエモさが重なって、今までにない作品が生まれるのではないかとワクワクしています。
出演には主演の磯村さんをはじめ、舞台・映像で活躍する、いつかご一緒したいと思っていた方たちが集まってくれました。演劇としては初舞台のギャンパレを俳優としてお迎えし普段合わさることがない、演技経験豊富かつ個性的なキャストが一緒になることで何が起こるのかも楽しみにしていただけたらと思います。
演劇を普段あまり観ない方、ギャンパレファンの皆さんも、演劇ファンの皆さんも、また、エンターテイメントに携わる皆さんも、アイドルと演劇の組み合わせでこんなことができるんだというのを観に来てください。
きっと全く新しい芸術が皆さんの中の感じたことのない快楽の扉を開くことになると思います。
P.S. ギャンパレの皆さんには、全員、風俗嬢を演じていただきます。ファンの皆様、先に謝っておきます、ごめんなさい。

 

【公演情報】
PARCOプロデュース『プレイハウス』
作・演出◇根本宗子
出演◇ GANG PARADE(カミヤサキ/ヤママチミキ/ユメノユア/キャン・GP・マイカ/ユイ・ガ・ドクソン/ココ・パティーン・ココ/テラシマユウカ/ハルナ・バッ・チーン/月ノウサギ/ナルハワールド)、磯村勇斗
栗原類、鳥越裕貴、富川一人、ブルー&スカイ、猫背椿
●8/25~9/1◎東京芸術劇場 プレイハウス
●9/28◎森ノ宮ピロティホール
〈チケット発売日〉2019年6月22日(土)
〈料金 〉8,500円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉サンライズプロモーション東京0570-00-3337(全日10:00〜18:00)
www.parco-play.com 

 

記事を検索

観劇予報の最新記事

葛藤とすれ違いの人間ドラマが紡がれる新作舞台『黒白珠』松下優也×青木豪×河原雅彦 インタビュー
動物電気 2019年初夏公演『ブランデー! 恋を語ろう』政岡泰志×春風亭昇太 インタビュー
三浦春馬×生田絵梨花『ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド ~汚れなき瞳~』追加キャスト決定! 
杉浦タカオプロデュース『FATALISM≠Another story』メインビジュアル発表!
PARCOプロデュース2019 舞台『転校生』オーディションで選ばれた男女42名が決定!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報