お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

池田純矢作・演出のエン*ゲキ#05『- 4D -imetor』5月に上演!

池田純矢が作・演出を手がけるエン*ゲキの最新作『- 4D -imetor(フォーディメーター)』が、5月8日より東京・紀伊國屋ホールにて、5月23日より大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールにて上演される。

エン*ゲキ#05『- 4D -imetor』は、四次元世界と超能力を“イリュージョンマジック”で魅せるユニークでエンターテインメント性にあふれた、奇術と謎解きと演劇の融合。いまだかつてない体感型演劇に相応しく、生駒里奈演じる少女ノアの不可思議さと、池田純矢演じる渡来が、とことん謎を追求し続ける冒険心あふれる舞台。

W主演を務めるのは、バラエティー番組などでマルチな才能を発揮し、近年は女優として益々存在感を増している生駒里奈と、今回、作・演出に加えて主演もつとめる池田純矢。
また共演者も個性豊かな顔ぶればかり。舞台「魔界転生」での妖艶な存在感や先日千穐楽を迎えた舞台『刀剣乱舞」での好演も記憶に新しい玉城裕規。配信ドラマ『仮面ライダーブレン」や舞台『崩壊シリーズ「派」』出演、OFFICE SHIKA PRODUCE『罪男と罰男」で主演を務める松島庄汰。柔らかな雰囲気ながら芯の強さを感じさせる佇まいと『僕のヒーローアカデミア」The “Ultra” Stageの主演・緑谷出久役でのキレのあるアクションも披露した田村心。また、今作の四次元世界を表現するのに欠かせないイリュージョンの監修も担う新子景視。さらに硬軟自在に演じ分け、独特の存在感を醸し出す阿南健治も加わり、物語に一層奥行きをもたらしてくれるに違いない。

【STORY】
私設研究機関「渡来超能力研究所」の所長・渡来暦は世間からオカルトマニアの変人と噂されながらも、超能力の解明に明け暮れていた。
ある日、研究所の壁面からまるでテレポーテーションのように突如出現する記憶を失った謎の少女・ノア。ルーツを辿る唯一の手がかりは「ノア、必ず帰ってこい。渡来超能力研究所で待つ」と書かれた血まみれのメモ。
時を同じくして、首相官邸ではテロ組織が超能力でも無ければ不可能な手口で総理を人質にとり、立て籠もるという事件が発生。
渡来は、ノアやテロ組織ら超能力者を、三次元の肉体を持ちながら四次元世界に干渉できるように進化した新人類”4Dimetor”と推論し、事件の真相を追う。一方、政府の「国立研究所」では何やら不穏な気配が立ち込めていた。
失われた記憶、血まみれのメモ、テロ組織の目的、国立研究所の闇…
あらゆる謎が、パズルのピースを埋めるように次々と解き明かされていく。

【配役】
ノア:生駒里奈
ある日、壁面からまるでテレポーテーションのように出現した謎の少女。
粗暴な性格で口が悪いが、人に対する情は深く繊細な一面も。記憶を失っていて、自らのルーツを辿る手がかりを探す為に渡来と手を組む。

渡来暦:池田純矢
私設研究機関・渡来超能力研究所の所長。
好奇心のかたまりで、興味の対象はとことん追求する性格ゆえに、周囲からはオカルトマニアの変人と噂されている。国立研究所で研究員を務めていたが、行方不明になった兄を探す為に辞職した過去を持つ。

斉木国成:玉城裕規
超能力としか思えない手口を使い、首相官邸に立て籠もったテロ組織のリーダー。
その正体は、かつて世間を震撼させた首都同時多発テロの首謀者。自らを「革命軍」と名乗り政府を糾弾していたが、死刑が確定し2年前に執行されたはずだった…。

明智小次郎:松島庄汰
警視庁刑事部・捜査一課の刑事。
渡来とは幼馴染で学生時代を共に過ごしている。刑事としてのプライドが高く、高圧的な物言いをしてはいるが、本来はお調子者で気の良い人間。捜査の協力を求めて、国立研究所時代から渡来の元を訪れていた。

山田一郎:田村 心
渡来の助手を務めているが、助手とは名ばかりで主な仕事はお茶汲みと運転。
渡来いわく、何の取り柄もない男。しかし人当たりの良さは一級品で、気がつけば無くてはならないマスコット的な存在に。ツッコミのセンスがキラリと光る。

No.α:新子景視
国立研究所の最深部、極秘エリアのラボに佇む謎の男。
感情が欠落していて不気味な雰囲気を醸し出している。強力な超能力を操り、事件の真相を追うノアや渡来の前に立ち塞がる。その出自、行動理念は一切不明。

真堂歳延:阿南健治
量子力学研究の権威で、世界的な数学博士だが、現在は政府機関・国立研究所で教授を務めている。穏やかで正義感が強く、周囲からの人望も厚い。研究員時代の渡来の元・上司。超能力に関して独自の研究を行なっている。

【公演情報】
エン*ゲキ#05『-4D-imetor』
作・演出:池田純矢
出演:生駒里奈×池田純矢
玉城裕規/松島庄汰 田村心 新子景視
藤澤アニキ 北村海 町田尚規 前田りょうが 相田真滉
阿南健治
●5/8~18◎紀伊國屋ホール
〈料金〉SS席8,000円 S席7,000円(全席指定・税込・未就学児童入場不可)
●5/23・24◎大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール
〈料金〉S席7,500円(全席指定・税込・未就学児童入場不可)
〈チケット発売〉3月22日(日)10:00AM~
〈お問い合わせ〉公演事務局 0570-200-114(10:00~18:00)
〈公式サイト〉https://enxgeki.com

記事を検索

観劇予報の最新記事

「僕のヒーローアカデミア」The  “Ultra”  Stage 本物の英雄 PLUS ULTRA ver.を7月に上演!
ミュージカル『アニー』で 4年連続ウォーバックス役を演じる! 藤本隆宏インタビュー
トップスターとしてのラストステージ「レビュー 春のおどり」桐生麻耶インタビュー
三島由紀夫没後五十年に三島歌舞伎第一作目『地獄變』を花組芝居がネオかぶき化!
タクフェス 春のコメディ祭!『仏の顔も笑うまで』宅間孝行・モト冬樹・肥後克広・樋口日奈 インタビュー

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト