お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

本格文學朗読演劇 極上文學 第 14 弾『桜の森の満開の下』~孤独~ 配役・組み合わせ発表!

極上文學とは、日本文學の上質な世界観を立体的に表現するワンランク上 のこだわりと、台本を持った朗読劇スタイルで演劇的な動いて魅せる演出を行い、ビジュアルと音楽、また、組合せが公演ごとに変わるマルチキャスティング制など、演劇のセッションを存分に楽しめる作品。今年で8年目となり、今、人気のキャストたちが過去に多く出演していた、息の長い人気シリーズ。
第 14 弾となる今作では、第1弾で鈴木拡樹と唐橋 充が出演した坂口安吾の『桜の森の満開の下』を届ける。極上文學シリーズで唯一映像化していない伝説的な作品のため、再演が期待されていた。

この公演の配役・組み合わせが発表された。
鼓毒丸役に、荒木健太朗(代表作:『ミュージカル封神演義-目覚めの刻』太乙真人役)、宮城紘大(代表作:舞台『ヨルハ』主演 二号役)、梅津瑞樹(代表作:舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむ 山姥切長義役)、太田将熙(代表作:『ドリフェス!』、DearDream』片桐いつき役)。
ツミ夜姫役に、三上 俊(代表作:『最逿記歌劇伝』シリーズ 光明三蔵役)、田渕法明(代表作:舞台『信長の野望 大志  夢幻~本能寺の変~』毛利輝元役)、田口 涼(代表作:MANKAI STAGE『A3!』 松川伊助役)、轟 大輝(代表作:『最逿記歌劇伝-Darkness-』出演※鈴木拡樹の後輩となる轟が出演※)
ミレン/アコガレ役に、松本祐一(代表作:歌劇派ステージ『ダメプリ」/ヴィーノ役)、田渕法明、山本誠大(代表作:ブルーシャトルプロデュース『戦場の翼』出演)、梅津瑞樹が決定した。

組み合わせも発表となり、公演チケットの最速先行が 8 月 31 日(土)11 時~チケットぴあにて受付開始

【公演情報】
本格文學朗読演劇極上文學 第 14 弾『桜の森の満開の下』~孤独~
原作:坂口安吾
演出:キムラ真(ナイスコンプレックス)
脚本:神楽澤小虎(MAG.net)
音楽・演奏:橋本啓一
出演:荒木健太朗、梅津瑞樹、太田将熙、田口 涼、田渕法明、轟 大輝、松本祐一、三上 俊、宮城紘大、山本誠大(50 音順)   ほか
●2019 年 12/7~15◎新宿 FACE
〈公式サイト〉https://www.gekijooo.net/
〈公式 Twitter〉@MAG_play

ⓒ2019 CLIE/MAG.net

記事を検索

観劇予報の最新記事

「僕のヒーローアカデミア」The  “Ultra”  Stage 本物の英雄 PLUS ULTRA ver.を7月に上演!
ミュージカル『アニー』で 4年連続ウォーバックス役を演じる! 藤本隆宏インタビュー
トップスターとしてのラストステージ「レビュー 春のおどり」桐生麻耶インタビュー
三島由紀夫没後五十年に三島歌舞伎第一作目『地獄變』を花組芝居がネオかぶき化!
タクフェス 春のコメディ祭!『仏の顔も笑うまで』宅間孝行・モト冬樹・肥後克広・樋口日奈 インタビュー

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト