お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

明治座×東宝×ヴィレッジによる“三銃士企画”第二弾を来年11月に上演!

明治座×東宝×ヴィレッヂの三銃士企画第二弾となる公演を、2022年11月に東京・明治座にて、2022年12月に各地方劇場にて上演することになった。

明治座、東宝、ヴィレッヂ。それぞれ歴史もカラーも異なる三社から、同じ年齢の男性プロデューサー三名が集まり、立ち上げた本企画。東京で最も長い歴史を持つ劇場“明治座”を舞台に、先人たちの足跡を尊愛し、これからの未来を見つめながら、ケレン味とスペクタクル感満載のエンターテインメントを作ることを共通の目的とし、名付けて“三銃士企画”として始動した。

第一弾公演は、2020年、漫画家・岡野玲子による『両国花錦闘士』を舞台化。アクシデント、コロナ禍という逆境をカンパニー一丸となってはねのけ、個性とクセが強すぎる登場人物たちを見事に描いたポップでセクシーな裸祭りは東京・大阪・福岡の全52ステージを完走し、演劇界を席巻した。
それからはや一年……。唯一無二の公演を創り上げた《三銃士》の、第二弾公演発表が待ち望まれる中、2022年秋冬に再始動が決定した。

第二弾は、待望のブランニュー!! 作・演出は、舞台に映像にと縦横無尽の活躍を見せる倉持裕が務める。2000年に劇団「ペンギンプルペイルパイルズ」を旗揚げ、主宰を務め、『2mの魚』以降すべての劇団作品の脚本、演出を手掛け、舞台戯曲、演出、ドラマ執筆、ドラマ企画監修など分野を問わず活動し注目作を生み続けている倉持が、《三銃士》とどのように共鳴し、どんな作品が生み出されるのか、期待が高まる。

前作を上回る勢いとスケールを持って届ける作品、主演は……続報を待ちたい!

【決意表明】
10年先20年先を見越して覚悟を持ち、エンターテインメント作品を創り続けたい──。

歌謡界と演劇界の殿堂・明治座、舞台芸術のフラッグシップカンパニー・東宝、演劇界の革新集団・ヴィレッヂと、背景の異なるエンターテインメント集団に身を置く3人男が、青雲の志をもって立ち上げた三銃士企画第一弾『両国花錦闘士(りょうごくおしゃれりきし)』。お陰様で2020年から21年をまたぎつつ、東京・明治座、大阪・新歌舞伎座、そして福岡・博多座での全公演を完遂することができました。
ご存知の通り、いろいろなことがありました。先の見えないコロナ禍。予想だにしなかった主役交代というアクシデント。しかし、そんな混乱の中にあっても、キャスト・スタッフ一同は心をひとつにして冷静に事態に対処し、且つ、各々が情熱的に仕事を成し遂げました。
厳しい状況の中、劇場に足を運んでくださった多くのお客様の笑顔と拍手が、私たちにとっての何よりの励みとなりました。あらためて御礼申し上げます。

皆様から受けたご恩は、次の作品で報いたい。ということで、三銃士企画第二弾公演の準備が着々と進行中であることを、ここにご報告いたします。
前回に引き続き、コンセプトは「ケレン味」と「スペクタクル感」。コロナ禍の暗雲が長く世を覆い、観劇をはじめライブ、イベント、お祭りといった、外に出て何かに触れる体験や習慣自体が薄れつつある現在。その状況を打開するには、ただひと筋に自分たちの信じる、新鮮で心躍るエンターテインメントのかたちを追求し、お届けすることしかありません。

三銃士企画第二弾は、新作の音楽劇。来たる2022年11月に、まず東京・明治座で、続いて各地方での上演を予定しております。
先達が生み育ててきた日本のエンターテインメントの種火を受け継ぎ、そこからさらに新たな驚きと感動を生み出せるよう、より一層の情熱をたぎらせて「良いもの」を創り、多くのお客様に楽しんでいただきたい。一同、決意を新たに、次なる演目に全力で取り組みます。どうぞご期待ください。

明治座 三田光政
東宝 鈴木隆介
ヴィレッヂ 朝生博一

【公演情報】
三銃士企画第二弾
作・演出:倉持裕
●2022年11月◎東京公演 明治座
●2022年12月◎各地方公演
〈公式サイト〉https://www.sanjushi2nd-2022.com

記事を検索

観劇予報の最新記事

ミュージカル時代活劇映画『まくをおろすな!』LIVEに高柳明音、緒月遠麻、坂元健児の出演も決定!
屋良朝幸主演『スラムドッグ$ミリオネア』メインビジュアルとコメント公開!
熊谷和徳が伝統音楽をタップで繋ぐ『熊谷和徳「VOICE ヴォイス」』間もなく開幕!
舞台『リプシンカ ~ヒールをはいた男!?たち~ 』メインビジュアル公開!
中村芝翫・ 南果歩・髙地優吾・生駒里奈らの出演で『夏の夜の夢』9月に上演!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報