お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

成田凌×葵わかな主演『パンドラの鐘』WOWOWでライブ配信が決定!

WOWOWではNINAGAWA MEMORIALと題し、6月6日よりBunkamuraシアターコクーンで開幕する『パンドラの鐘』を、6月22日(水)にライブ配信することが決定した。

『パンドラの鐘』は、WOWOWが1999年に野田秀樹が蜷川幸雄に書き下ろし2つの劇場で同時上演された伝説の戯曲。Bunkamuraシアターコクーンでの公演は、成田凌×葵わかなのW主演で、演出は杉原邦生が手がけている。成田凌と葵わかなのほかに前田敦子、柄本時生、片岡亀蔵、南果歩、白石加代子ら豪華俳優陣が脇を固める。

1999年にシアターコクーン芸術監督に就任した蜷川幸雄が、ともに世界の舞台で戦ってきた野田秀樹に新作戯曲の執筆を依頼し、書き下ろされた『パンドラの鐘』。日本の演劇界の二大巨頭が、同時期にBunkamuraシアターコクーンと世田谷パブリックシアターの2館でそれぞれ演出し上演するという世紀の対決でにより演劇界を席巻した名作だ。

惜しまれつつ2016年にこの世を去った蜷川幸雄の七回忌を迎える今年、初演以来23年ぶりにBunkamuraシアターコクーンで上演される。蜷川作品より大きな影響を受け、アングラ、シェイクスピア、海外戯曲、歌舞伎まで様々なジャンルの作品を手掛けている新世代の演劇界を担う気鋭の若手演出家、杉原邦生の手によって記念すべき公演として再び現代に蘇る。

古代から現代へ、遥かなる時空を超えて壮大なスケールで描かれた本作は、「挑戦に満ちた非常に面白い本」と蜷川氏が語った通り、日本の歴史のTABOOに真っ向から挑んだ衝撃作。世紀を超えてもなお色褪せないメッセージを杉原邦生の新しい演出により現代を生きる人々に届ける。

《ストーリー》
太平洋戦争開戦前夜の長崎。ピンカートン財団による古代遺跡の発掘作業が行われている。考古学者カナクギ教授の助手オズは、土深く埋もれていた数々の発掘物から、遠く忘れ去られていた古代王国の姿を、鮮やかによみがえらせていく。
王の葬儀が行われている古代王国。兄の狂王を幽閉し、妹ヒメ女が王位を継ごうとしているのだ。従者たちは、棺桶と一緒に葬式屋も埋葬してしまおうとするが、ヒメ女はその中の一人ミズヲに魅かれ、命を助ける。
ヒメ女の王国は栄え、各国からの略奪品が運び込まれている。あるとき、ミズヲは異国の都市で掘り出した巨大な鐘を、ヒメ女のもとへ持ち帰るが……。
決して覗いてはならなかった「パンドラの鐘」に記された、王国滅亡の秘密とは?
そして、古代の閃光の中に浮かび上がった<未来>の行方とは……?

【配信情報】
タイトル:『パンドラの鐘』主演:成田凌×葵わかな 作:野田秀樹 演出:杉原邦生
配信日:2022年6月22日(水)午後6時 [WOWOWオンデマンド]
収録日:2022年6月22日(水)
収録場所:渋谷・Bunkamuraシアターコクーン
スタッフ・キャスト/
作:野田秀樹
演出:杉原邦生
出演:成田 凌、葵わかな / 前田敦子、玉置玲央、大鶴佐助 / 森田真和、亀島一徳、山口航太、武居 卓/内海正考、王下貴司、久保田舞、倉元奎哉、米田沙織、涌田 悠 / 柄本時生、片岡亀蔵、南 果歩、白石加代子
配信URL:https://wod.wowow.co.jp/content/106088
番組URL:https://www.wowow.co.jp/info/info.php?info_id=7953&which=0

記事を検索

観劇予報の最新記事

須賀健太が演出、劇団「ハイキュー!!」新たに始動!
山口乃々華、奥村佳恵、和田琢磨らのミュージカル『SERI~ひとつのいのち』ビジュアル&PV公開!
昭和の喜劇人を描くケラリーノ・サンドロヴィッチ新作舞台『世界は笑う』開幕!
阿部サダヲ、吉田羊、間宮祥太朗、江口のりこらの出演する『ツダマンの世界』作・演出の松尾スズキ直筆イラストビジュアル公開!
三越劇場で9月にアトリエ新派公演と朗読劇場を開催!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報