お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

宮藤官九郎4年ぶり待望の新作はウーマンリブvol14『もうがまんできない』

宮藤官九郎が作・演出を手掛ける「ウーマンリブシリーズ」のvol14『もうがまんできない』が来年4月2日~5月3日、東京・下北沢本多劇場にて、5月9日~21日、大阪・サンケイホールブリーゼで上演される。

「ウーマンリブシリーズ」は、宮藤が何物にもとらわれず、今やりたいことを自由に、ストレートに表現する大人計画の劇団公演。1996年のウーマンリブvol.1『ナオミの夢』からスタート。同シリーズではこれまで、作品ごとに大人計画メンバーをはじめ、個性豊かなキャストで上演されてきた。

今回のvol.14は、2015年のウーマンリブvol.13『七年ぶりの恋人』以来、約5年ぶりの上演となる。『もうがまんできない』をタイトルに、現代を生きるストレスを抱えた人々の群像劇を2時間ノンストップで描きだす。

出演者も個性豊かなキャスト陣が揃った。
本年の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』の主演を務め、更なる存在感を見せつけた大人計画の看板俳優・阿部サダヲ。
近年、映画『きみの鳥はうたえる』など、多くの作品に出演し数々の賞を受賞し、既に20年以降多くの公開作品が控える実力派・柄本佑。
本年、映画『凪待ち』で存在感溢れる演技を魅せ、様々な舞台で精力的に演劇活動を続ける宮崎吐夢。
大河ドラマ『いだてん』出演などで、唯一無二の個性と実力を発揮し、映画、ドラマ、CMと幅広く活躍する荒川良々。
舞台以外にも、映画『閉鎖病棟―それぞれの朝―』をはじめ話題作に多数出演している平岩紙。
『ウーマンリブシリーズ』に8作連続出演となる宮藤作品には欠かせない存在となった少路勇介に加え、宮藤官九郎自身も出演。
そして、20年1月よりテレビドラマ『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~』の主演を務め、本作が2009年の『朗読活劇 レチタ・カルダ「燃えよ剣」』以来、約10年ぶりの舞台出演となる要潤。
さらには本年、自身でプロデュースした公演“東京成人演劇部『命、ギガ長ス』”の成功や、映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』では監督・脚本・主演を手掛け、2020年1月からBunkamuraシアターコクーンの芸術監督に就任する大人計画・主宰の松尾スズキ。

解散寸前のお笑いコンビ、デリヘル嬢と店長、浮気妻と間男など訳ありな人々が猥雑な街の一角でたまたま出会い繰り広げる物語。2時間ノンストップで駆け抜ける痛快作! バカバカしく切実な現代人の日常を、コミカルにパワフルに描く!

【コメント】
いろいろあってウーマンリブを5年も休んでしまった。
5年前より生きにくい社会になってしまった。
本多劇場が駅前の劇場になってしまった。
うまい棒が細くなった気がする。
もうがまんできない。
ストレスフルな時代にわざわざストレスのたまる生き方を選んでしまった皆さんの群像劇です。
俯瞰で、間近で、お楽しみ下さい。
宮藤官九郎

【公演情報】
ウーマンリブvol.14『もうがまんできない』
作・演出:宮藤官九郎
出演:阿部サダヲ、柄本佑、宮崎吐夢、荒川良々、平岩紙、少路勇介、宮藤官九郎、
要潤、松尾スズキ ほか
●2020/4/2~5/2◎下北沢本多劇場
〈料金〉 前売・当日¥7,000 ヤング券¥3,800(22歳以下/チケットぴあのみ取扱)(全席指定・税込・未就学児童入場不可)
〈お問い合わせ〉大人計画03−3327−4312(平日11:00~19:00)
●2020/5/9~21◎サンケイホールブリーゼ
〈料金〉前売・当日¥7,500 ブリーゼシート¥6,000 ヤング券¥3,800 (22歳以下/チケットぴあのみ取扱)(全席指定・税込・未就学児童入場不可)
〈お問い合わせ〉:キョードーインフォメーション 0570-200-888(10:00~18:00)
〈公式サイト〉http://otonakeikaku.jp/

記事を検索

観劇予報の最新記事

舞台『パタリロ!』シーズン2始動!2021年1月に新作上演 
堤 真一、石丸幹二らで法廷劇の傑作『十二人の怒れる男』上演決定!
つかこうへい没後 10 年追悼イベント 朗読 蒲田行進曲完結編『銀ちゃんが逝く』ライブ配信決定!
野田秀樹演出・東京演劇道場生等の出演で『赤鬼』上演!
エン*ゲキシリーズの最新作『-4D– i m e t o r 』を2021年8月に上演!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト