お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

 ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』アラン役で千葉雄大が初のミュージカル出演!

アラン・トワイライト役:千葉雄大

明日海りお演じるエドガー役がすでに発表されている ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』に、演出家・小池修一郎からの熱い期待を受け、数奇な運命を辿る美少年アラン役で千葉雄大がミュージカルに初出演する。

本作は、少女漫画界で長年にわたり数々の名作を生み出してきた萩尾望都の傑作漫画で、1972年の「別冊少女コミック」で発表されて以来、少女漫画の枠を超えて幅広い層に熱い支持を受けている。

吸血鬼バンパネラ伝説を題材に、少年の姿のまま永遠の時を生きる主人公エドガーにより、同じくバンパネラ一族に加えられた孤独な少年アランを中心に描かれた物語は、今もなお愛され続けている。

2018年には、宝塚歌劇花組にて舞台初演され大好評を博したことがまだ記憶に新しい中、今回は、同じく脚本・演出を小池修一郎が手がけ、より演劇的なアプローチで新たに生まれ変わる。

本作の重要な役どころアランに決定した千葉雄大は、小池修一郎に大きな期待を寄せられ、初ミュージカルで念願の小池修一郎とのタッグが実現。映画やテレビドラマ等で活躍し、幅広い役を演じ存在感を放つ彼の演技が、小池修一郎の新たなプランの一翼を担うこと間違いなし。千葉自身も、新たな挑戦に意欲を燃やす。

遂に注目のアラン役発表を迎え、ますます目が離せない本作に、期待が高まる!

【公演情報】
ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』
原作:萩尾望都「ポーの一族」(小学館フラワーコミックス)
脚本・演出:小池修一郎(宝塚歌劇団)
出演:明日海りお 千葉雄大 ほか
●2021年1月◎大阪公演 梅田芸術劇場メインホール
●2021年2月◎東京公演 東京国際フォーラム ホールC
〈公式サイト〉https://www.umegei.com/poenoichizoku/

記事を検索

観劇予報の最新記事

シス・カンパニー公演『23階の笑い』間もなく開幕!小手伸也・浅野和之 インタビュー
今井翼、真琴つばさらの出演するJ-CULTURE FEST presents『千年のたまゆら ~ソング&ダンス 装束新春コレクション~』ビジュアル公開!
WATARoom『VIVID CONTACT-re:born-』に安里勇哉の出演が決定!
志島とひろ原作の舞台『元号男子』メインビジュアル発表!
地球ゴージャスの話題のミュージカル『The PROM』キュートなビジュアル公開!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト