お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

【池谷のぶえの「人生相談の館」】第42回 宇治茶さん(ゲキメーション作家・監督)

むしろこっちが人生相談したい気持ち満々のコラム、「池谷のぶえの人生相談の館」です。

ドラマ「妖怪シェアハウス」も無事クランクアップし、舞台PARCOプロデュース ねずみの三銃士「獣道一直線!!!」のお稽古に突入しました。

2月の舞台では、コロナの影響で本番直前にシャッターを下ろされてしまうという経験をし、こんなことってあるのだなぁ…と受け止めるまでに少々時間がかかりました。

その経験と、自粛とで、必ず本番がやってくるものでもないということ、本番は二度とできないかもしれないということ、そんなことを実感として得て、自分の中の演劇の部屋をずいぶん断捨離したような気がします。

ということで、現在お稽古に通っていても地蔵のような気分で。
いやいや、もちろん覚えたはずのセリフが出てこなくてアワアワなんてことは当たり前に継続しているわけですが、稽古のひと時ひと時がとても愛おしいなぁと、稽古場のすみっこでじっと過ぎていく光景をただただ穏やかに見守っていたい気分なのです。

ええ、まったくそのようなタイプの作品でないことだけは、お伝えしておかねばなりませんが。
オープニングを読んだ時に痺れました。
どうか初日の幕が開き、千穐楽の幕を閉めることができますように。

さて今回のご相談は、初めましてにもかかわらず、立て続けにお仕事ご一緒させていただいた方からのご相談です。

*****

池谷のぶえさま

お世話になっております。

『妖怪シェアハウス』、『ふしぎ駄菓子屋銭天堂』と、二作連続で池谷さんが出演されている作品に関わらせていただくことができて、心より嬉しく思っております。
その上人生相談にまで乗っていただけるとのことで、ご連絡いただきありがとうございます。

今年は世界中が大変な事になってしまいましたが、僕は以前の生活と変わらずほとんど毎日、一日中家の中で過ごしてきました。そんな僕ですが、時々家を出ることがあります。それは自分の作品の舞台挨拶や、トークイベントに呼んでいただくときです。
今年は流石に機会が少なかったのですが、自分が作った映画を公開させていただけるようになってからは人前でお話しをする機会がどっと増えました。ですが、学生時代から発表の場や目立つような事をできるだけ避けてきた僕は、舞台挨拶に立つようになってから8年ほど経ついまでも時々頭が真っ白になりパニックになってしまいます。
お話しすること自体は大好きで、うまくいけばとても楽しいのですが、だいたいは家に帰ってから「なんであれが言えなかったんだ」「なんでもっと愛想よくできなかったんだ」などと後悔ばかりして、ひどい時には一週間以上引きずってしまいます。

人前に立つことが苦手な上に、その日の気分や体調がもろに影響してしまい、自分をうまくコントロールすることができません。せっかく貴重な時間を割いて来ていただいているお客さんに、少しでも楽しんで帰っていただきたいのです。
役者さんはどんなときでも人前でカッコよく演じたり、面白く演じたりして我々を楽しませて下さっているように思います。どうすれば自分の肉体をコントロールし、お客さんを楽しませることができるのでるのでしょうか?その秘訣を少しだけでも教えていただけたら嬉しいです。

そして池谷さん、『妖怪シェアハウス』の昔話のナレーション本当に最高でした!いつか映画の出演オファーをさせていただいてもよいでしょうか?

宇治茶さん (ゲキメーション作家・監督)

*****

宇治茶監督も書いてくださっているように、「妖怪シェアハウス」「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」と、同時期にお仕事のご縁が重なりましたね。光栄です。
そしてどちらも、ちょっと不思議な異世界モノ。

宇治茶監督が創作し続けているゲキメーションが、作品の異世界感をさらに広げるといいますか、もっと別の場所に連れていかれるといいますか。

お料理でいったら「ああ、これはこんな味かな」と予想して食べてみたら、「おっ、このソース何入ってんの!?」と予想外の世界につれていかれるドキドキ感がたまりません。

そして、何より、ダークであること。

「妖怪シェアハウス」の撮影で、宇治茶監督のゲキメーション作品を初めて拝見させていただき、そのダークさから「ああ、こんな方かな」と予想してお会いしてみたら、「おっ、何このさわやかそうな方!?」と、まんまと予想外の世界につれていかれました。

このギャップは財産だと思います。
そしてビジュアルというのは武器です。有効利用していってみましょう。

人前で話す機会がある時は、白、水色、細いストライプなど、さわやかな色味で服装をコーディネートし、宇治茶監督の作品イメージとのギャップで人々の心をつかみましょう。
舞台でも、最初の数十分でいかに観客をひきつけるかが大切だと、いまは亡き有名な演出家さんも言ってました。

そして、ちょうど「妖怪シェアハウス」の撮影をしていた頃にはまっていた、韓国ドラマ「愛の不時着」でも学びましたが、さわやかな雰囲気の方は黙っていても何かしらの風が周辺に吹きます。そしてこちらが、いろいろと想像を膨らませます。

時々真っ白になってしまうとのことですが、真っ白になったら、さわやか寡黙作戦に切り替えましょう。
スッ…とほほえんで、少しの言葉を紡ぎだせば十分です。

伝えたいことが伝えきれなかった事に後で後悔する…と監督もおっしゃってますが、とても素敵に展開できる理想があると、そこに届かなかった後悔が生じるのだと思いますので、もし理想に届かず真っ白になった瞬間に即座に理想を壁に投げ、「言いたいことがたくさんあったのですが真っ白になってしまったので、のちほどTwitterにまとめます」等、さわやかに率直に、その場の状況を伝えてみてはいかがでしょうか。

最近とても思います。
結局は、自分以外の何者にもなれないなー、と。
だとしたら、いま自分の持ってるもの、使えるものをそのまま提供していくことが一番いいのではないかと。

私のお仕事も、緊張しないように、間違えないように、素敵にできるように、楽しんでもらえるように…という理想は常に持ってしまいますが、結局、どれだけ練習して臨んでも、その時のタイミング、環境などで変化します。理想に届かない場合もたくさんあります。そして、もちろん後悔し引きずります。

ただ、後悔して引きずってる時間も、もったいない気がしてきました。
後悔と引きずりではなく、次の理想のために動く時間にあてないと勿体ないなぁと。それも、なるべくハードルの低い理想を。

そうやってちまちまカスタマイズしていくことで、かつて超えたかった理想を、未来の「いまの自分」が超えてくれるかもしれません。

スマホのアプリで、誰もがチャチャっと動画が編集できてしまう合理性重視の時代に、果てしない時間と労力をかけたゲキメーションという手法を模索し続ける監督が紡ぎだす言葉は、きっとお客さんにとっても興味深く楽しいものだと思います。
さらに、お話しすることが大好きとのこと。こんな素晴らしい武器はないじゃないですか。

ぜひいつか、宇治茶監督が作品についてお話している場に遭遇したいです。
その時はぜひ前向きに真っ白になっていただき、「いまの自分」を最大限に楽しんでいるお姿を拝見したいです。

 

■ラッキー待ち受け

9月で以前の家を引き払うため、最終的な片付け中です。20年前初めてこの部屋に住んだ頃、人が潜んでいそうな天袋が怖くて、開けっ放しにしていました。数日たったある日、天井裏に人が潜んでいたら怖い!と思いついてしまい、こわごわ天井裏を確かめると前人が置いていったのか、おぼろ昆布が一袋だけ置いてあって、人と遭遇するより怖かったです。そんな天上裏の写真を。
今度、おぼろ昆布が登場するゲキメーションをぜひ。いつか「日本昔ばなし」ならぬ、何の教訓も伴わない「宇宙未来ばなし」などご一緒したいですね。

■宇治茶さん今後の予定
【ゲキメーション映画】
「バイオレンス・ボイジャー」
DVD 11月4日発売
監督・脚本 宇治茶
出演 悠木碧
   田口トモロヲ
   田中直樹(ココリコ)
   小野大輔
   高橋茂雄(サバンナ)
   藤田咲
   松本人志

【映画】
東映まんがまつり「映画 ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」
OP&ED映像制作 上映中

【テレビ】
アニメ「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」OP&ED映像制作
9/8(火)より 毎週火曜18時45分〜

土曜ナイトドラマ「妖怪シェアハウス」(テレビ朝日系)
最終怪 9/19(土)23時15分〜
昔話パート・ゲキメーション制作

 

【筆者プロフィール】
池谷のぶえ
いけたにのぶえ94年より04年の解散まで劇団「猫ニャー」の劇団員として活動。解散後は、ケラリーノ・サンドロヴィッチ作品、NODA・MAP、蜷川幸雄演出作品など数多くの舞台に出演。

[出演情報]

【テレビ】
テレビ朝日系24局 土曜ナイトドラマ 「妖怪シェアハウス」#8(最終怪)
2020年9月19日(土) 23:15~24:05
 座敷童子・和良部詩子役
https://www.tv-asahi.co.jp/youkai/#/?category=drama

【テレビ】
Eテレ アニメ「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」
毎週火曜 18:45~18:54
声:銭天堂の店主・紅子役
https://www6.nhk.or.jp/anime/program/detail.html?i=zenitendo

【舞台】
PARCO Produce PARCO劇場オープニング・シリーズ “ねずみの三銃士” 第4回企画公演「獣道一直線!!!」(作:宮藤官九郎、演出:河原雅彦)
2020年10月6日(火)~11月1日(日) 
PARCO劇場 ほか、長野・北海道・京都・福岡・高知・沖縄 公演あり
https://stage.parco.jp/program/judo/

【映画】
東映まんがまつり「映画 ふしぎ駄菓子屋 銭天堂 つりたい焼き」(監督:富岡聡)
公開中
https://www.toei-mangamatsuri.jp

【映画】
「浅田家!」(監督・脚本:中野量太)
2020年10月2日(金) 公開
https://asadake.jp

【映画】
「星の子」(監督・脚本:大森立嗣)
2020年10月9日(金) 全国公開
https://hoshi-no-ko.jp

【テレビ】
BSテレ東「執事 西園寺の名推理」パート2 再放送
毎週土曜 21:00〜21:54
 伊集院家 ベテランメイド・板倉明美役
https://www.bs-tvtokyo.co.jp/shitsuji2/

【テレビ】
日本テレビ「メグたんって魔法つかえるの?」再放送
毎週日曜 25:40〜
https://www.ntv.co.jp/megutan/

【テレビ】
NHK「LIFE!〜人生に捧げるコント〜」準レギュラー
https://www.nhk.or.jp/life/

【動画配信】紙芝居風ラジオドラマ 紙立体映画館「ローマの休日」
https://www.youtube.com/watch?v=-9NMgpRPYPk

【動画公開】イキウメ「外の道WIP」
https://sotonomichi.jp

【動画配信】無観客配信ライブ 入江雅人×池谷のぶえ 二人朗読「ローリングサンダーリーディング」
https://live.line.me/channels/2632380

 

▼▼▼今回より前の連載はこちらよりご覧ください。▼▼▼

単行本『贋作 女優/池谷のぶえ~涙の数だけ、愛を知る~』えんぶ★ショップにて独占販売中!

日刊☆えんぶラインアップ

  • WEB【CLOSE to my HEART】Photographer スギノユキコ with えんぶ
  • 【粟根まことの】未確認飛行舞台:UFB
  • 【松永玲子の】今夜もネットショッピング
  • 【池谷のぶえ】人生相談の館
  • 【ノゾエ征爾】の桜の島の野添酒店
  • ふれあい動物電気
  • 【一十口裏の】妄想危機一髪
  • 〜南信州駒ヶ根だより〜松崎ひとみサムナツ活動日記
  • 【植本純米vs坂口真人】『過剰な人々』を巡るいささかな冒険

池谷のぶえ『人生相談の館』の最新記事

【池谷のぶえの「人生相談の館」】第42回 宇治茶さん(ゲキメーション作家・監督)
【池谷のぶえの「人生相談の館」】第41回 安澤千草さん(女優・NYLON100℃)
【池谷のぶえの「人生相談の館」】第40回 豊島圭介さん(映画監督)
【池谷のぶえの「人生相談の館」】第39回 鈴木杏さん(女優)
【池谷のぶえの「人生相談の館」】第38回 盛隆二さんと森下創さんと安井順平さん(俳優・「イキウメ」)

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト