お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

ブロードウェイミュージカル『ジャニス』⽇本⼈キャストで上演決定!

ブロードウェイミュージカル『ジャニス』が⽇本⼈キャストにより初上演されることが決定した。

1967年に⾳楽シーンに登場し、唯⼀無⼆の歌声でアメリカの⾳楽史を塗り替えた伝説の⼥性ロック・スター、ジャニス・ジョプリン。⽣涯孤独と闘い27歳で急逝したが、50年以上経つ今もなお、後進のアーティストたちにインスピレーションを与え、信奉する若いファンを増やし続けている。

本作では、“亡くなる1週間前の、⼀夜のコンサート”をコンセプトに、ジャニスの半⽣を舞台化。ジャニスが⾃らの物語を語り、それに紐付く数々の名曲を熱唱していくだけでなく、彼⼥に⼤きな影響を与えたアレサ・フランクリン、エタ・ジェイムス、オデッタ、ニーナ・シモン、ベッシー・スミスらが演者として登場し、共に圧巻のステージを披露する。ジャニスの魂を称える⾳楽の旅でありながら、同時に、ルーツとなるシンガーたちを祝福するトリビュートとなっており、アメリカ⾳楽やアメリカ現代史の⼀端を肌で感じることができる。

このミュージカルに挑むのは、本⼈初のミュージカル作品に出演、初主演となり、BiSHのメンバーとしても活躍するアイナ・ジ・エンドがジャニス・ジョプリン役に⼤抜擢された。

その他、アレサ・フランクリン役にUA、ニーナ・シモン役に浦嶋りんこ、オデッタ&ベッシー・スミス役に藤原さくら、緑⻩⾊社会のボーカルを担当している⻑屋晴⼦がエタ・ジェイムス役にて出演する。UA、藤原さくら、⻑屋晴⼦はアイナ・ジ・エンド同様にミュージカル初出演となる。総合プロデューサーにはの⻲⽥誠治を迎え、最強の布陣で開催される。

亀田誠治

オリジナルのブロードウェイ版は2013年から2014年、ニューヨークのライシーアム・シアターで上演され、その後の北⽶ツアーも⻑きにわたって好評を博した。ジャニスが表舞台で活動した期間はわずか4年、来⽇は⼀度もなく、⽣の歌声を聴いた⼈はほとんどいない。2022年8⽉、本作がいよいよ⽇本にも上陸。⽇本⼈豪華キャストが全編⽇本語で紡ぎ出す“ジャニス・ジョプリンとの⼀夜”を、是⾮とも体感してほしい。

アイナ・ジ・エンド  メイン扮装写真 撮影︓レスリー・キー

【コメント】

アイナ・ジ・エンド:ジャニス・ジョプリン役
(インタビューより抜粋)
──⻲⽥さん推薦の元、ミュージカル初主演。お気持ちお聞かせください。
⻲⽥さんが選んでくださったっていうのは、⾔葉にするのが難しいくらいうれしいですね。私、中学1年⽣から2年⽣くらいまで、ミュージカルスクールに⾏っていて、中学⽣の時の夢はミュージカルスターだったんですよ。ミュージカル『アニー』のオーディションとかも受けたくてオーディション紙書いたりしたんですけど、⽗に“お前は顔で落ちるからやめとけ”って⾔われて、オーディションを受けなかった過去があったり。宝塚歌劇団もその理由で受けなかったりしていて。だけどなんか⼩さい時から“⾃分は歌って踊る、それをステージでやりたいと思っていたので。もちろんいまBiSHとしてライブで⾃分を表現できているのはすごく幸せですけど、ミュージカルっていうのは⼩さい時の夢なので、うれしい、やってみたいって思いました。

アイナ・ジ・エンド  撮影:Maho Korogi

──ジャニス・ジョブリンのイメージは如何でしょう︖
27歳で亡くなったという割に名⾔がすごく多くて、⾃分もはっとするような⾔葉が多いです。⽣き⽅がかっこいいなーみたいなのを、めちゃくちゃ思います。「あなたはあなたの妥協したものになる」って、よくわからないけどいろんな意味に捉えられるじゃないですか。“⾃分を安売りするな”っていう意味にも聞こえるし、“あなたはあなたがしたことがすべてだから、すべてをあなたの思うようにしなさい”みたいな意味にも聞こえる。だから、まだジャニスの⾔葉の本⼼はわかってないんですけど、私は “⾃分を安売りするな”って受け取っています。

UA

UA
──初のミュージカル出演に対する意気込みや思い
とにかく楽しみでなりません。昨今の映画などのメジャーなシーンでは、ミュージカルや⾳楽をテーマにしたものが勢いを持っていて、⼤衆が歌を強く求めていることを感じます。この最もパワフルなDIVA達の物語は2022年、⽇本の夏に熱いニューウェイブを巻き起こすことになると思います。
──ブロードウェイ版を⾒て感じたこと
伝説の⼥性達を描きながら、とても親近感のあるところが好きです。キャスト、スタッフともに、DIVA達への敬意と⾳楽の⼒を信じているのがダイレクトに伝わります。特にMary Bridget Davis 演じるJANISの⽣き写しのような歌唱⼒には驚愕しました。
──ご⾃⾝の役について(どのように役を演じるか、歌っていきたいか)
私が、⼈前で歌を歌いたいと思えるようになったのは、JANISとARETHAを知ったことからでした。そしてARETHAの曲を歌っていた時にスカウトされたのがデビューのきっかけです。
今回この⼤役のお話をいただいたことに運命の不思議を感じています。ARETHAに並ぶことは不可能なので、全⾝全霊で取り組むほかないで
す。

浦嶋りんこ

浦嶋りんこ
──ブロードウェイ版を⾒て感じたこと
すごい衝撃でした!!「ジャニスを演じる⁈どうやって⁈」、この疑問はジャニス役メアリー・ブリジット・デイヴィスの第⼀声を聞いて吹き⾶びました。⼥優がジャニスを演じて、歌う。これはブロードウェイにしか出来ないことでしょう。「⽣」でオーディエンスに歌を聞かせる︕これぞジャニスが貫いてきた⽣き様だと感じ、⽇本版をどのように創り上げるのか︕ 今から、激しく気を引き締めています︕
──ご⾃⾝の役について(どのように役を演じるか、歌っていきたいか)
私は、ブルースシンガーであり、コーラスであり、ニーナ・シモン役でもあります。
舞台ならではの構成は、限られた⼈数で様々なキャラクターを「⾒せる」ことでこれは演者の⼒量が試される構成とも⾔え、腕が鳴るか、ガクブル!のどちらかですが、後者にならないよう強⼒な歌い⼿の皆様と、このステージでPowerとColorそしてDeepな⼈間性が「⾒える」ようしっかり努めていきたいと思います︕

.藤原さくら

藤原さくら
──初のミュージカル出演に対する意気込みや思い
ミュージカルは初挑戦なのですが、⻲⽥さんや、スタッフさん⽅の熱意、そして素敵な共演者の皆様に、何よりもまずワクワクしています。それもレジェンド、ジャニスの物語︕わたし⾃⾝、当時の⾳楽にも影響を受けて育ったこともあって、誠⼼誠意向き合って皆さんに⾳楽の素敵な連鎖を届けられたらと思います。
──ブロードウェイ版を⾒て感じたこと
⾳楽を遡り辿っていく上で、ジャニスジョップリンは避けて通れないアーティストです。メアリー・ブリジット・デイヴィスのソウルフルな歌声、そして観客に問いかけるラップにも通じるMC、ジャニスがステージの上でまだ⽣きている、と感じました。
今を⽣きる私たちがまたジャニスに会える夢のような経験です。
──ご⾃⾝の役について(どのように役を演じるか、歌っていきたいか)
わたしが演じるのはオデッタ、そしてベッシー・スミス。⼆⼈とも、⼀⾔では語り尽くせない壮絶な⼈⽣を⽣きたブルースシンガーであり、ジャニスジョップリンを始め、たくさんのアーティストに影響を与えてきた⽅々です。真似るのではなく、彼⼥たちがあの時代、ブルースを歌った意味と向き合いながら演じていきたいです。

長屋晴子(緑黄色社会)

⻑屋晴⼦
──初のミュージカル出演に対する意気込みや思い
幼い頃から”歌”が⼤好きで、たくさん”歌”と向き合ってきましたが、ミュージカルにおいての”歌”というものは、まだまだ私の知らない”歌”の世界。鑑賞する側だった私がこれまで感じてきたこと、演じる側になった私がこれから感じること。きっとそれぞれが違うからこそ、⾃分の世界が広がっていく感覚を味わえると思います。初めてだからこその課題も多くあると思います。その度に向き合って⾃分らしい表現⽅法を⾒つけ出していきたいです。⾝体全体、私全体を使って、魅せられるよう精⼀杯取り組みます。
──ブロードウェイ版を⾒て感じたこと
⾃然と様々な感情を引き出されている⾃分がいました。それくらい、感情豊かな、ソウルフルなステージでした。感じたことのない迫⼒に、⽣であのステージを観ていたらどうなっていたのだろうと思うくらい。⾳楽に壁はないということ。⾳楽は、魂は、⼈の⼼を動かすということ。痛感させられました。ジャニスの魅⼒に触れながら、アメリカの⾳楽史にも触れることができるこの作品は、ジャニスの⾳楽をリアルタイムで聴いていた⽅にはもちろん、そうでない⽅にも、より多くの⽅に触れてほしい作品です。
──ご⾃⾝の役について(どのように役を演じるか、歌っていきたいか
今回私は、エタ・ジェイムス役を演じさせていただきます。エタは、⼒強く凛とした⼥性というイメージがあります。歌っている姿も堂々として、⽿だけではなく⽬までもが奪われてしまいます。
当時時の彼⼥の⾳楽への気持ちや姿勢を完全に理解することは叶いませんが、私なりに理解を深めた彼⼥の歌を届けたいと思っています。⼒強くパワフルに、芯のある歌を、胸を張って届けたいです。そして何よりも、その場で鳴る⾳楽を肌で感じ、⾝体全体で楽しみたいです。

【公演情報】
ブロードウェイミュージカル『ジャニス』
脚本・オリジナル演出:ランディ・ジョンソン
オリジナル振付:パトリシア・ウィルコックス
総合プロデューサー:⻲⽥誠治
演出:藤倉梓
訳詞:森雪之丞
翻訳:丸⼭京⼦
振付:菅⾕真理恵
出演
ジャニス・ジョプリン:アイナ・ジ・エンド
アレサ・フランクリン:UA
ニーナ・シモン/ブルース・シンガー/ジョプリナーズ:浦嶋りんこ
オデッタ/ベッシー・スミス:藤原さくら
エタ・ジェイムス︓⻑屋晴⼦(緑⻩⾊社会)
ブルース・ウーマン/ジョプリナーズ/ザ・シャンテルズ:MARU
ジョプリナーズ/ザ・シャンテルズ:多和⽥えみ
ジョプリナーズ/ザ・シャンテルズ:菅⾕真理恵
バンド:⻲⽥誠治(Ba)、河村”カースケ”智康(Dr)、⼩倉博和(Gt)、名越由貴夫(Gt)、斎藤有太(Key)、⼭本拓夫(Sax)、⻄村浩⼆(Tp)、半⽥信英(Tb)
●8/23~26◎東京国際フォーラム ホールA
〈料金〉SS席 16,000 円(前⽅席保証)/S席11,000円/U-25席5,000円(全席指定・税込・未就学児童入場不可)
〈チケット〉先⾏チケット受付  5/26(⽊) 10:00~6/5(⽇) 23:59
WOWOW WEB会員先⾏︓https://www.wowow.co.jp/ticket/janisjoplin_login.html
イープラス 最速プレオーダー先⾏︓https://eplus.jp/a-night-with-janis-joplin/
〈お問い合わせ〉 DISK GARAGE 050-5533-0888(平⽇12︓00-15︓00)
〈公式サイト〉http://janis-musical.jp/

 

 

記事を検索

観劇予報の最新記事

石野真子主演、鈴木福の大人びた表情にも注目!『きっとこれもリハーサル』メインビジュアル公開!
小柴 陸、羽野晶紀、橋本さとしでリーディングアクト『一富士茄子牛焦げルギー』が再演決定!
「尾上右近が描く和傘チャリティー企画」高額で落札、全額寄付の贈呈式
舞台『青少年アシベ』メインビジュアル公開!
丘みどりがミュージカル初挑戦!朗読ミュージカル『8000mの愛』上演決定!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報