お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

カムカムミニキーナ30周年第二弾はデュマの傑作を下敷きにした『燦燦七銃士~幕末エクスプレス1867~』

劇団旗揚げ三十周年記念公演第一弾として、コロナ禍の7月に『猿女のリレー』を成功させたカムカムミニキーナ。その30周年記念の第二弾かつ締めくくり公演となる『燦燦(さんさん)七銃士~幕末エクスプレス1867~』が、東京は10月31日~11月9日にザ・スズナリで、大阪は11月14・15日に近鉄アート館で上演される。

作品はフランスの小説家アレクサンドル・デュマの代表作の一つ「ダルタニヤン物語」(その第一部がいわゆる「三銃士」第三部が「鉄仮面」)を下敷きに、松村がカムカムテイストに翻案する大河ドラマ。
主人公の銃士見習いダルタニヤンと彼が慕う三銃士アトス、ポルトス、アラミス。枢機卿リシュリー、妖婦ミレディ、ルイ 14 世などキャラが立った人物が入り乱れる中世のフランスを舞台に繰り広げられる大活劇。
この作品を、初進出のスズナリの狭い濃密な空間で、カムカム流にスピード鮮やかに展開する。

またこの公演は八嶋智人、松村武の生誕50年記念作品ともなるので、同時代の小劇場を担い、今もトップを走り続ける同級生俳優たちも集結する。

【あらすじ】
嘘のような本当の話!っつっても、うがい薬の話じゃねえよ
こいつは黒船来航ですったもんだのみぎり、見たこともねえ異人を恐れて
花のお江戸の海辺のあたりじゃ外出自粛!
自宅でシーッと鳴りを潜める日々が続いた。
さながらそいつは、鎖国日本、二百五十年の呪いの如し。
桜田門に始まって、京の都では連日連夜の血の嵐が吹き荒れ、
とうとう 1867 年。維新回天に至った日本はすっかり身も心も生まれ変わるわけだが…
同じ年、戊辰の戦真っ只中の祖国を遠く離れて、パリで開かれた万博に日本は初めて参加していた。幕府肝入りの日本文化遠征軍。
中でも目玉は当時フランスでのベストセラー「三銃士」を和風に表現しようという、
何とも無茶苦茶極まった、名も知れぬ幕末浪人達による「お芝居」の上演だった。

【公演情報】
カムカムミニキーナ vol.70
劇団旗揚げ三十周年記念公演 第二弾
『燦燦七銃士 ~幕末エクスプレス1867~』
作・演出:松村武
出演:内藤大希 清水宏 池田有希子 今奈良孝行 谷知恵
八嶋智人 亀岡孝洋 長谷部洋子 田原靖子 未来 渡邊礼 元尾裕介 福久聡吾 柳瀬芽美 梶野春菜 スガ・オロペサ・チヅル 松村武
●10/31~11/9◎ザ・スズナリ
●11/14・15◎ 近鉄アート館
〈料金〉6,500 円[パンフレット付き](全席指定・税込・未就学児童入場不可)
〈公式サイト〉http://www.3297.jp
〈公式Twitter〉https://twitter.com/3297jp

記事を検索

観劇予報の最新記事

新国立劇場 演劇研修所14期生試演会『尺には尺を』上演中!
様々なジャンルから演者が集結、朗読と生演奏のコラボレーション 朗読劇『さらば黒き武士』開幕!
鴻上尚史作品『ハルシオン・デイズ 2020』間もなく開幕!稽古場レポート到着
明日に迫った「HEROES Another version vol.2 @Online」出演者コメント到着!
市川猿之助主演、井上ひさしの傑作『藪原検校』全キャスト・全日程決定!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト