お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

『GRIEF7』Sin#2 紀伊国屋ホールにて上演中!

『GRIEF7』Sin#2が、9月5日に紀伊国屋ホールにて開幕した。

本作『GRIEF7』は、演出に舞台『寝盗られ宗介』やミュージカル『グレイト・ギャツビー』など、数々の舞台の演出を手がけている錦織一清を迎え、原作は『竹久夢二のすべて』や『猫と裁判』などで知られる野村桔梗、脚本は『Club SLAZY』シリーズやミュージカル『Dance with Devils』など人気作品を多く手がけている三浦 香が担当している。また、音楽は米米CLUBでサックス奏者として活動し多岐に活躍する金子隆博・楠瀬拓哉など、最高のスタッフ達によって“この世”と“人”の闇に極上のエンターテイメントが融合する華麗なステージだ。
初演は2018年7月に俳優座劇場にて上演。今回、待望の続編となる『GRIEF7』Sin#2が、東京と大阪で上演されることとなった。

アメリカのロサンゼルス近郊。とある牢獄で出会った、罪を背負い悲嘆に暮れる人たちの物語。幸せとは?愛とは?何が本当に幸せなのか?
七つの大罪を元に書かれた原作に、舞台ならではの一人一人のキャラクターを掘り下げ、それぞれが持つ個性豊かなキャラクター達が物語を繰り広げる。

初日に先駆け、9月4日、公開ゲネプロとマスコミ向けのフォトセッションと挨拶が行われた。

吉田広大 SHUN 加藤良輔 米原幸佑 三浦海里 中山優貴 倉貫匡弘

【挨拶】

倉貫匡弘(アーロン・スティーブス役)
前作に引き続き今作という事で更に良いものを見せられるように、新キャストとして一生懸命やっていきたいと思います!

中山優貴(エヴァン・ロドリゲス役)
僕も今回新キャストという事で前作から出ているみなさんに負けないように、また新しい風を吹かせられるような芝居をしていきたいなと思います。

吉田広大(ウォン役)
僕も新キャストとして初めて参加させて頂きます。牢獄の暗闇で生きる男たちという事で、必死に自分の中で藻搔いて生きている様を見せていけたらいいなと思っています。

三浦海里(ムラセ役)
前作のキャラクターも勿論なのですが、新しく今回から参加するキャラクターもそれぞれ凄くドラマが描かれているので、どのキャラを見ても面白いと思って頂ける作品だと思います。なので、何度も足を運んで頂いたり、自分なりの楽しみ方で見て頂けたら嬉しいです。

SHUN(サム役)
今回稽古期間がタイトな中、凄く集中してみんなで話を作れたと思います。前作から見て下さっている『GRIEF7』ファンの方も、今回から初めて見る方でも、すごく『GRIEF7』の世界を楽しんで頂ける内容になっていますので、是非とも楽しんでいって欲しいです。

加藤良輔(ライタ・カワイ役)
今回2作目という事で、前回から深まっている謎もありますし、また新しく加わったメンバーがどう関わってくるのかも見所だと思います。謎めいた舞台ではありますが是非楽しんで、そして『GRIEF7』ならではのエンターテイメントを楽しんで頂けたらなと思います!

米原幸佑(エディ・フクダ役)
前回残された謎が回収されたり、更なる謎を残したり。そして前回、主役で僕の後輩役だったカラムの存在もこの舞台上に現れておりますので、一緒にやっているような感覚で僕はこの『GRIEF7』Sin#2の全公演を駆け抜けていこうと思っております。そして、また次作へと新しいバトンを繋げていけるように頑張りますのでよろしくお願い致します!

【公演情報】
『GRIEF7』Sin#2
演出・脚色:錦織一清
脚本:三浦 香
音楽:金子隆博・楠瀬拓哉
原作:野村桔梗
出演:米原幸佑、加藤良輔、SHUN(Beat Buddy Boi)、三浦海里、吉田広大(X4)、中山優貴(SOLIDEMO)/倉貫匡弘(TRASHMASTERS)/村中龍人・清水弘樹
●9/5~9◎東京 紀伊國屋ホール
●9/21~24◎大阪 ABCホール
〈公式HP〉https://www.clie.asia/g7/

©2019CLIE/G7

【撮影/鏡田伸幸、岩田えり】

記事を検索

観劇予報の最新記事

世田谷パブリックシアター『メアリ・スチュアート』三浦涼介、吉田栄作 ビジュアル発表!
三ツ星キッチンpresents 第14弾『B型の女たち8~あたしたちは挑戦者だ!!~』12月に上演!
浅野雅博×石橋徹郎×鵜山仁(イマシバシノアヤウサ)で『モジョ ミキボー』を再再演!
シアターオーブ『ニューイヤー・ミュージカル・コンサート 2020』キャスト発表!
観劇三昧【2019年10月】ラインナップ

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報