お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

⿎童が浅草公演『歩』を「浅草花劇場」にて 6 ⽉に上演!

太⿎芸能集団⿎童は創⽴ 40 周年特別企画として、6 ⽉ 24 ⽇~27 ⽇、「浅草花やしき」内「浅草花劇場」にて浅草公演『歩』を上演する。

⿎童は1981 年、ベルリン芸術祭で鮮烈なデビューを果たし、以来、公演数は世界 52 カ国で 6,500 回以上を数える。現在、⽇本のプロフェッショナルの公演団体として最も数多くの海外公演を⾏っている。

太⿎を中⼼とした伝統的な⾳楽芸能に無限の可能性を⾒出し、現代への再創造を試みる⿎童は、劇場公演のほか、⼩中⾼校⽣との交流を⽬的とした「交流学校公演」や、ワールドミュージック・クラシック・ジャズ・ロック・ダンスパフォーマンスなど、異なるジャンルの優れたアーティストとも積極的に交流を図り、世界各地で様々な形で太⿎⽂化の普及と発展に努めてきた。

その⿎童創⽴ 40 周年特別企画として、⽇本最古の遊園地「浅草花やしき」内「浅草花劇場」で、 4 ⽇間計 7 回の連続公演を行う。2020 年に在籍 30 年を迎えた⾒留知弘を筆頭に、⿎童精鋭メンバーが贈る疾⾛感、⾒応え溢れる 60 分で、⿎童の次世代を牽引する住吉佑太が、⿎童のこれまでとこれからの歩みを紡ぐ。

⿎童と浅草の縁は深く、年に 1 度の浅草定期公演は2013 年から続いている。今回の会場は、来年改修⼯事を迎える浅草公会堂に代わって、開園 167 年の歴史を持つ「浅草花やしき」内「浅草花劇場」。⿎童としては初の会場になる。300 席弱のアリーナ、バルコニー席の空間での迫⼒ある特別な公演となる。

【コメント】
住吉佑太/演出
これまでの⿎童の歩み。打ち⼿⼀⼈⼀⼈の歩み。
そして、浅草という地に刻まれた、深い歴史と歩み。
それぞれの歩みの交錯が織り成す、時代や⽂化を超えた、本能的な舞台。
いつも以上に、打ち⼿⼀⼈⼀⼈の「個」にフォーカスしながら、それでいて、浅草という地に馴染む響きをお届けできる作品になるよう、精⼀杯務めさせて頂きます。
これまで⼤切にしてきた演⽬はもちろん、新しい曲もご披露させていただきます。
浅草の皆様と共に歩んできた⿎童浅草公演が、また新しい形で、その⼀歩を踏み出します。

【公演情報】
鼓童創立40周年企画
鼓童  浅草公演「歩」
出演予定: 見留知弘、阿部好江、中込健太、住吉佑太、三浦友恵、小野田太陽、詫間俊
演奏演目:「歩」、「一六囃子」、「大太鼓」、他新曲など
●6/24~27◎「浅草花やしき」内「浅草花劇場」
〈料金〉5,000 円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉鼓童  0259-86-3630
〈公式サイト〉 https://www.kodo.or.jp/performance/performance_kodo/29249

記事を検索

観劇予報の最新記事

脚本家・坂元裕二の作品を豪華出演者で届ける「坂元裕二 朗読劇 2021」
新感覚の演劇体験 「VR演劇」『僕はまだ死んでない』ウォーリー木下 コメント到着!
劇団☆新感線41周年春興行 Yellow⚡新感線『月影花之丞大逆転』初日開幕!
宮﨑駿の不朽の名作をジョン・ケアードが舞台化する『千と千尋の神隠し』来年2月・3月に帝劇で世界初演!
『魔界転生』のゆかりの地を天草四郎役・小池徹平&演出・堤幸彦が訪問!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報