お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.74 「for what ?」

令和になって早々、少々気をもんでいる。
近所のそこそこナイスな緑道が、
「道路伸長工事」によって分断されてしまったのだ。
のどかで平和で、子供たちは小川で遊び、
小川には鯉とアメンボが泳ぎ、
休みの日には、ジョギングマンが行き交い、
春は桜が咲きほこり、今は新緑と花々で溢れている。
そんな緑道が、唐突にバーンと、分断された。
みんな、とっても、あたふたしている。
ジョギングにいそしむ大してスリムでもない人が、分断箇所で、これチャンスとばかりに、ジョギングを断じてしまっている。
これまでは危険ゼロで駆け抜けれていたちびっこ達のダッシュが、そこで断じられている。
30年前にこの緑道沿いにマイホームを購入して、このままのどかに終の棲家にするつもりだったと思しき初老のおじいちゃまが、完全に険しい表情で工事の様子を睨みつけている。

その道路が通れば、とっても便利になるということなのだろうが、
私もたまに車を運転したりはするが、
どう考えても、そんな大して便利にはならない。
どこかで渋滞が起きているわけでもない。
多くの人が、「この道路はなんの為に?」とスッキリしないまま、
緑道の一画が取り払われてしまった。

なんて悶々としてしまったので、せめて写真では気持ちよく!
あーこんな公園でゴロンゴロンしたい。

 

【著者プロフィール】
ノゾエ征爾
のぞえせいじ○1975年生。脚本家、演出家、俳優。はえぎわ主宰。青山学院大学在学中の1999年に「はえぎわ」を始動。以降全作品の作・演出を手がける。2011年の『○○トアル風景』にて第56回岸田國士戯曲賞を受賞。2014年には初の主演映画『TOKYOてやんでぃ』が公開された。

 

【今後の予定】

・脚本
KAAT神奈川芸術劇場プロデュース
「恐るべき子供たち」
原作:ジャン・コクトー
脚本:ノゾエ征爾
演出:白井晃
2019年5月18日〜6月2日
@KAAT神奈川芸術劇場大ホール
https://www.kaat.jp/detail?url=osorubeki

・ドラマ出演
テレビ朝日土曜ナイトドラマ
「東京独身男子」
毎週土曜日夜11時15分より。
https://www.tv-asahi.co.jp/tokyo-dokushin-danshi/

・脚本・演出・出演
世田谷パブリックシアター@ホーム公演
「チャチャチャのチャーリー ~10周年だよ、チャーリー誕生秘話~」
https://setagaya-pt.jp/performances/201906athome.html

 

▼▼▼今回より前の連載はこちらよりご覧ください。▼▼▼

日刊☆えんぶラインアップ

  • 【粟根まことの】未確認飛行舞台:UFB
  • 【松永玲子の】今夜もネットショッピング
  • 【池谷のぶえ】人生相談の館
  • 【ノゾエ征爾】の桜の島の野添酒店
  • ふれあい動物電気
  • 【一十口裏の】妄想危機一髪
  • 〜南信州駒ヶ根だより〜松崎ひとみサムナツ活動日記
  • 【植本純米vs坂口真人】『過剰な人々』を巡るいささかな冒険

ノゾエ征爾『桜の島の野添酒店』の最新記事

【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.77「ホテル生活」
【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.76「お引っ越し」
【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.75「見てまう」
【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.74 「for what ?」
【ノゾエ征爾の「桜の島の野添酒店」】No.73 「がびーん」

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報