お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

ブロードウェイミュージカル『You’re a Good Man, Charlie Brown』を赤澤ムックの演出で上演!

おなじみのスヌーピーやチャーリー・ブラウンが活躍する、チャールズ・M・シュルツのコミック『PEANUTS』を原作としたブロードウェイミュージカル『You’re a Good Man, Charlie Brown』が、2020年1月、シアター風姿花伝で上演される。これは、2019年夏に上演されたSweet Arrow Theatricals版の再演で、今回も佐山陽規、福麻むつ美をはじめ、実力派のキャストが顔を揃える。トニー賞受賞作品が、日本で、マイクを通さない生の声で、かつ間近で味わえる絶好の機会。公演期間中、英語版ステージが2回上演されるという素敵な試みも。
なおSweet Arrow Theatricalsとは、歌手・演奏家・作曲家・音楽監督として多方面で活躍する伊藤靖浩が立ちあげたミュージカル団体で、その名は「真実の矢を射る時は、その先端を蜜に浸せ」というアラビアのことわざに因んでいる。


【エスムラルダ(今作の翻訳家の一人)からのメッセージ】

あまりにも有名なコミック『PEANUTS』を原作とした、ブロードウェイミュージカル『You’re a Good Man, Charlie Brown』。お人よしで何をやってもさえない少年チャーリー・ブラウン、賢く器用なビーグル犬スヌーピー、そしてサリー、ルーシー、ライナス、シュローダーといったおなじみのキャラクターたちが、ポップで美しいメロディに乗せ、シニカルでおかしく、ちょっぴりほろ苦い物語を紡いでいきます。
これまで世界中で何度となく上演されてきた本作ですが、2019年夏、Sweet Arrow Theatricalsがシアター風姿花伝で上演。赤澤ムックの斬新な演出、佐山陽規、福麻むつ美をはじめ実力派揃いのキャストたちによる達者でユニークな演技などが評判をよび、半年たらずという異例のスピードで再演が決定しました。チャーリーたちと一緒に笑い、泣き、最後には優しく幸せな気持ちになれること間違いなし。今回も日本語版と英語版が同時上演されるため、両方を見比べるのもおすすめです。この機会をお見逃しなく!

【公演情報】

Sweet Arrow Theatricals Presents
『You re a Good Man, Charlie Brown』
原作◇チャールズ・M・シュルツ著「ピーナッツ」
脚本・音楽・詞◇クラーク・ゲスナー
音楽監督◇伊藤靖浩(Sweet Arrow Theatricals)
演出◇赤澤ムック
出演◇(日本語版)佐山陽規 福麻むつ美 鈴木雅也 池田海人 芝原弘 大田翔
清水優譲 ウクレレ高円寺 小島光一朗 GOH IRIS WATANABE
海老原恒和 藤井雅文 須加崎幸憲 神田麻衣 高谷あゆみ
石垣エリィ なにわえわみ 生井みづき 平川はる香 松尾音音 澤井里依
(英語版)鶴岡政希 忍翔 市川悠平 田倉周 千行星 マーシャルクレア風見
1/4(土)~13(月)◎シアター風姿花伝
https://tarrowinfo.wixsite.com/sweet-a-theatricals

記事を検索

観劇予報の最新記事

松尾スズキの『母を逃がす』をノゾエ征爾が演出。2020年5月Bunkamura シアターコクーンにて上演!
ピーピング・トム待望の来日公演は『ファーザー』に続く《家族三部作》第2作目『マ ザー 』 
オフ・ブロードウェイ・ミュージカル「Forever Plaid」来年5月上演!
朗読劇『僕らは人生で一回だけ魔法が使える』再演でアキト役とハルヒ役の役替わりに取り組む! 高野洸インタビュー
観劇三昧【2019年11月】ラインナップ

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報