お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

女方2人の華やかな競演で魅せる『夜の蝶』間もなく開幕!河合雪之丞×篠井英介 インタビュー

銀座随一の高級クラブのマダム葉子と、新たに銀座に店を出すという京女のお菊。昭和30年代、銀座で人気を二分していた2人の女性をモデルに描いた作品『夜の蝶』が、6月に三越劇場で上演される。作者は、第一回直木賞を受賞し、数々の名作を生み出した昭和を代表する小説家・劇作家の川口松太郎。発表後すぐに映画化され大ヒット、さらに花柳章太郎・初代水谷八重子で舞台化され、当時の劇団新派の新しい“花柳界もの”として定着した。その名作が、今回は新派の女方・河合雪之丞と現代演劇の女方・篠井英介という2人の共演で上演される。夜の銀座を舞台に美しい戦いを繰り広げる2人に、作品への抱負を話してもらった「えんぶ6月号」のインタビューを、別バージョンの写真とともにご紹介する。

河合雪之丞 篠井英介

火花を散らすような意地の張り合いを

──お二人は華やかな夜の銀座でライバル同士になるわけですが。

河合 私の演じる葉子は、銀座で当時ナンバーワンと言われていたお店のマダムで、築地に料亭も持っているのですが、当時の銀座で自分のお店を構えるというのは、やっぱり一国一城の主という感覚だと思います。そこに京都から篠井さん演じるお菊が乗り込んで来て、京風のお店を構えるということで、主同士の意地の張り合いと、女同士の戦いが始まります。さらに2人にはそれ以前からの因縁もあって。

篠井 男性が絡むお話もあるんですよね。今、雪之丞さんがおっしゃったように、葉子とお菊の火花を散らすような(笑)戦いぶりを、色濃くお見せできれば。

──モデルになった女性はそれぞれ仕事が出来る、言わばキャリアウーマンのはしり的な存在かなと。そういう強さと格のある女性像は、女方のお二人に相応しい役柄ですね。

河合 今回とくに女方同士だからこそ見せられるものがあると思うんです。今までの上演では片方は女優さんでした。初演は花柳章太郎先生が葉子を、初代水谷八重子先生がお菊を演じて、(坂東)玉三郎さんがお菊をされたときは、葉子は水谷八重子先生でした。今回、初めて女方同士ということで、凄く新しい試みだと思います。

篠井 責任重大ですね(笑)。新派の舞台ということで、ある種の型なども教えていただきながら、2人が対峙する芝居を面白く見せていけたらいいですね。

銀座の華やかな良さを改めて知ってほしい

──お二人はお互いについては?

河合 個人的には30年ぐらい前から存じ上げているのですが、お仕事をご一緒したことはなかったので、今回本当に楽しみです。色々なことをお稽古中や舞台中に盗んでいきたいなと思っています。

篠井 いえいえ、とんでもない。新派に、しかも女方さんと一緒に出させていただくというのは勇気のいることなんです。本当に大丈夫かな、ご迷惑にならないかなと思いながら、やっぱりお声をかけていただいたのがとても嬉しいし、幸せで、長いこと生きてるとこんな事が起こるんだと(笑)。

──新派も喜多村緑郎さんと雪之丞さんの入団で、どんどん新しい風が吹き込んでいますね。

篠井 お二人が入られたことはすごく良かったですよね。1月の三越劇場の『日本橋』を拝見しましたが、雪之丞さんはじめ華やかで、演出も新しくて。昨年の『黒蜥蜴』も、ある意味で挑戦作だったと思いますが、とても面白かったです!

河合 ありがとうございます。新派の名作と言われる演目も、現代のお客様に喜んでいただくためにはアレンジメントが必要だと思うんです。洗い直しというか見直していくということ。そして、『黒蜥蜴』や『犬神家の一族』のような新作も作っていくということ。その両方が大事だと思っています。

──最後に銀座についても話していただきたいのですが、昔は文化人の夜の社交場のような場所でもありました。

篠井 この作品は昭和30年代の話ですから、日本の高度成長期で、政治も経済も怒涛のように伸びていた時代なんですよね。そういう日本の良い時代の風俗や雰囲気なども、新派だからこそ出せるものがあると思います。新派の凄さって、例えば明治が背景のお芝居だと、その時代に生きていたわけではないのに、何か懐かしいような、心がぎゅっとなるようなものがあって。言葉もそうだし仕草もそうだし、男や女たちの心根というか、日本人の良さというのを伝わってくるんです。それが新派の一つの大きい柱だなと。今回も戦後の銀座の華やかな良さを、新派の皆さんと一緒に伝えられたらと思っています。

河合 知り合いの銀座のママさんたちも、凄く興味を持ってくださっています。銀座という場所の凄さとか、一流のお店の格式なども、このお芝居で知っていただいて、改めて今の銀座にも興味を持っていただく。そういう機会になればと思っています。

篠井英介 河合雪之丞

かわいゆきのじょう○東京都出身。1988年国立劇場第九期歌舞伎俳優研修修了。歌舞伎座『忠臣蔵』で初舞台。三代目市川猿之助(現猿翁)門下となり二代目市川春猿を名乗る。2017年『華岡青洲の妻』より劇団新派に入団、河合雪之丞と名を改め活躍中。最近の舞台は『黒蜥蜴』『怪人二十面相~黒蜥蜴二の替わり~』『黒蜥蜴─全美版─』『犬神家の一族』『日本橋』など。

ささいえいすけ○石川県出身。日本大学藝術学部演劇学科卒業。花組芝居を経て、現代劇の女方として、多方面で活躍中。最近の出演作品は、映画『マスカレード・ホテル』(2019)、ドラマ『トレース~科捜研の男~』(フジTV)『3年A組-今から皆さんは、人質です』(NTV)、舞台は劇団☆新感線『Vamp Bamboo Burn~ヴァン!バン!バーン!』『グローリアス!~Glorious!~』など。

【公演情報】


六月花形新派公演
『夜の蝶』
原作◇川口松太郎
脚色・演出◇成瀬芳一
出演◇喜多村緑郎 河合雪之丞
瀬戸摩純 山村紅葉 篠井英介 ほか
●6/6~28◎三越劇場
〈料金〉9,000円(全席指定・税込・未就学児童入場不可)
〈お問い合わせ〉
チケットホン松竹 0570-000-489(10時~18時)
三越劇場 0120-03-9354(10時~18時30分) 

 https://www.shochiku.co.jp/

 

【構成・文◇宮田華子 撮影◇岩田えり】

 

記事を検索

観劇予報の最新記事

平和三部作一挙上演で3時間の「ひとり芝居」に挑む! 風間杜夫インタビュー
佐藤隆太で一人舞台『エブリ・ブリリアント・シング』日本初演決定!
戯曲リーディングの演目が野村萬斎演出『アテネのタイモン』に決定!
全てのダンサーが主役のノン・ストップステージDIAMOND☆DOGS『ODYSSEY』上演中!
一般公募の脚本で女優3人舞台『百演』第一回公演を10月29日、浅草九劇で上演!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報