お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

ヴィレッヂプロデュース『浦島さん』『カチカチ山』YouTubeライブ会見レポート

ヴィレッヂプロデュース2020 Series Another Style『浦島さん』『カチカチ山』 が10月4日より開幕する。その公演のYouTubeライブ会見~浦島と狸と亀で浦カチについて語ってみた~が、9月9日に開催された。
会見には、福士蒼汰、宮野真守、粟根まことが登壇、VTRで羽野晶紀、井上小百合が出演した。そのレポートと写真をご紹介する。

【ライブ会見レポート】

生配信で行われた今回の会見。『浦島さん』の主演・福士蒼汰、『カチカチ山』の主演・宮野真守、『浦島さん』に出演する粟根まこと(劇団☆新感線)が登場し、「久しぶり!」「やっと会えたね!」と喜び合う。二作はそれぞれ別で稽古を行っているため、なかなか会えないのだと言う。

福士蒼汰

本作について福士が「本当は、2020年のこの時期に、劇団☆新感線の『神州無頼街』(作・中島かずき/演・いのうえひでのり)を宮野さんと一緒にやるはずでした。でも、この状況の中で一度は公演が無くなったのですが、ヴィレッヂさんの粋な計らいで「今できることを」と、『浦島さん』『カチカチ山』をやることになりました。ここでより強固なチームワークをつくって、また、『神州無頼街』で宮野さんと共演したいなと思います」と話すと、宮野も「ありがとう!」と笑う。

宮野真守

『浦島さん』について福士は「原作を読むと、太宰先生の『浦島太郎』への考察だったので、これを舞台でどう表現するんだろうと思っていたのですが、倉持さんがすごくうまく脚本に落とし込まれていて、そこにいのうえさんの色の濃さも相まって面白い作品になりそうです」。宮野が「三人芝居はどうですか?」と尋ねると「僕、舞台が2回目なんですよ。最初が『髑髏城の七人』Season月<上弦の月>で、2回目が三人芝居って……! 今は稽古が始まって頭がパンパンです(笑)」と笑顔で明かす。粟根はストーリーの残酷さにも触れ、「おとぎ話では、玉手箱を開くとおじいさんになっちゃうというラストですが、今回はそれがどうなるのか。皆さんに楽しみにしていただきたいです」と話すと、福士は「現代社会に対するメッセージもある作品だなと思いました。日頃感じているような、ネガティブな部分だったりポジティブな部分だったりもたくさん描かれているので」と語る。

そこに乙姫役を演じる羽野晶紀からもコメントVTRが届き「福士くーん! がんばろー!」と朗らかな笑顔で3人を笑わせる。それを見た福士は初共演の羽野の印象を「ある種、乙姫っぽい………想像がつかないというか」と明かし、共演経験のある宮野と粟根を納得させた。

羽野晶紀

『カチカチ山』について宮野は「太宰がおとぎ話の『カチカチ山』の本質を解いていくというものなのですが、さすが青木さんの脚本で、視点が変えてある。太宰の弟子を立てて、その人の目線で描かれていきます。台本を読んでいて楽しかったです」。また、役についても「原作の狸も、くさい、汚い、下品、というふうに描かれていますが、僕が演じる狸もちゃんと汚いし、下品だし、くさい(笑)」と明かし、長台詞も多いそうで「最初に台本をいただいた時は、嘘だろ?と思いました。僕、こんなに長い台詞を喋ったことがないんですよ。人生最大のチャレンジです。でも、こういう状況でもチャレンジができることにすごく嬉しく感じています」と語った。また、演出には歌も踊りもあるといい、「結構エンターテインメント色の強い舞台になると思う」のだそう。

共演の井上からコメントVTRが届き、作品について「私や宮野さんを知っている方は楽しいだろうなっていうくらい、本人たちに寄った脚色をされています」と印象が語られた。本作の兎は口が悪く、狸をいじめるシーンも多いそうだが、それを聞いた福士は「兎役やりたいかも。俺もいじめたい」とポロリ。宮野は「そうなんだよ!ちょっと福士君に合ってるんだよね!」と笑い、仲の良さも垣間見せた。

井上小百合

最後に、粟根から「皆さんがご存知のおとぎ話とはストーリーの流れは同じでも、出てくるものは全然違います。その辺りを楽しみにしていただきたい」、福士から「登場人物がみんな超エネルギッシュに動いて喋っています。ライブ配信もあるのでぜひご覧ください!」、宮野から「この状況の中でできることを追求してつくった企画ですが、苦肉の策ではありませんし、急遽やったものでもありません。最高のエンターテインメントってまたこうやって新しく生み出せるんだなというのを感じています。楽しみに待っていて欲しいです」とそれぞれメッセージを送り、会見を終了した。

粟根まこと

【公演情報】
ヴィレッヂプロデュース 2020 Series Another Style
『浦島さん』『カチカチ山』 太宰 治著「お伽草紙」より
原作: 太宰 治「お伽草紙」(新潮文庫版)
脚色:『浦島さん』倉持 裕/『カチカチ山』青木 豪
演出: いのうえひでのり
出演:
『浦島さん』 福士蒼汰 羽野晶紀 粟根まこと
『カチカチ山』宮野真守 井上小百合
●10/4~17◎東京建物Brillia HALL
上演時間:約70分予定・休憩なし
〈料金〉S席8,000円 A席7,000円(全席指定・税込)
※枚数制限 お1人様1公演1枚まで
〈お問い合わせ〉サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(平日12:00~15:00)
〈公式サイト〉http://www.vi-shinkansen.co.jp/ura-kachi/

【配信情報】
★全ステージのLIVE配信を予定。
配信サービス PIA LIVE STREAM
〈配信料金〉 2,500円(税込)
〈配信チケット購入〉チケットぴあ
〈配信チケットの発売〉9/9~該当公演の開演時刻1時間後まで。
配信環境など詳細については公式サイトを確認のこと。
〈公式サイト〉http://www.vi-shinkansen.co.jp/ura-kachi/

『ご来場のお客様へ』
※ご来場・ご観劇の際は、マスクの着用を必須とさせていただきます。必ずご持参ください。
※「新型コロナウィルス感染予防および拡大防止への取り組みとご来場のお客様へのお願い」につきましては、公式HPをご参照ください。

記事を検索

観劇予報の最新記事

ミュージカル「忍たま乱太郎」第12弾『忍術学園学園祭2021』尼崎で初日!
京の年中行事「當る寅歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎」が開幕!
話題の韓国ミュージカル日本版 Dramatico-musical『BLUE RAIN』」待望の再演! 
『夜想曲─ノクターン─』本日開幕! 東山義久×北翔海莉インタビュー
西田大輔による新作オリジナル舞台『MOTHERLAND』ー始皇帝暗殺ー、開幕!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報