お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

シス・カンパニー『わたしの耳』が開幕。ライブ配信予定も発表!

英国を代表する劇作家ピーター・シェーファーが1962年に発表した 2 本の男女3人芝居 『わたしの耳』と『あなたの目』が、シス・カンパニーによって2作連続上演されるが、その1つ『わたしの耳』が9月9日、新国立劇場 小劇場にて開幕した。

本作はシス・カンパニー公演としての再開第一作となるため、再び演劇に向き合える喜びを胸に、稽古期間中も、キャスト・スタッフ全員、感染予防対策も万全に稽古に励んできた。

出演者は、1年半に及ぶ英国演劇留学から帰国後第1弾となる舞台出演に挑むウエンツ瑛士、多くの舞台や映像作品でその実力を高く評価されている趣里、お笑いコンビ「かもめんたる」メンバーであり、「劇団かもめんたる」で演劇活動も展開している岩崎う大。
ロンドンのある屋根裏部屋を舞台に、男女3 人が過ごすある夜の出来事をマギーの上演台本・演出で描いている。

【STORY】 
内気な青年ボブ(ウエンツ瑛士)の至福の時間は、狭くみすぼらしい屋根裏部屋には似つかわしくないオーディオセットでクラシックレコードを聴くこと。
ある日、クラシックコンサートで隣に座った女性ドリーン(趣里)に一目ぼれ。勇気を出して、自宅のディナーに招待するまで漕ぎつけた。まさに一世一代の大勝負なのだが、女性に不慣れなボブは、明るく経験豊富な会社の先輩テッド(岩崎う大)に助けを求め、助っ人として料理とホスト役を担当してもらうことに…。
ディナーの準備を進めるボブとテッドだったが、そこに、いよいよ可愛らしくお洒落をしたドリーンがやって来た。たどたどしいながらもぎこちなく会話を続けるボブ。饒舌になるのは、自分が愛してやまないクラシック音楽の一方的な話題のみ。そんな中、テッドが持ち前の社交性でその場を盛り上げるのだが・・・
屋根裏のアパートの一室で、男女3人に起きる一夜の出来事とは…?

本作では、9 月12 日(土)2 公演でライブ配信も実施。前売完売の人気公演だが、このライブ配信で、自宅での観劇が楽しめる。

【公演情報】
シス・カンパニー公演『わたしの耳』
作:ピーター・シェーファー
上演台本・演出:マギー
出演:ウエンツ瑛士 趣里 岩崎う大(かもめんたる)
●9/9~9/18◎新国立劇場 小劇場
〈料金〉 S席6,500円 A席4,500円 B席2,500円(全席指定・税込・未就学児童入場不可)
※本公演は当日券販売はございません
〈公式サイト〉http://www.siscompany.com/mimitome/
〈公式Twitter〉@sis_japan
〈公式Instagram〉@siscompany_stage

【ライブ配信】
日時:9/12(土)
チケット:イープラス https://eplus.jp/mimitome/
視聴料金: ¥2,000(税込)

記事を検索

観劇予報の最新記事

PARCO STAGE@ONLINE 初のオリジナルオンライン演劇作品『仮面夫婦の鑑』芝居編と朗読編 同時配信!
MITAKA”Next”Selection 21stでPityman『みどりの山』上演! 
森山未來、ソロ初の全国ツアー『「見えない/見える」ことについての考察』合同取材会オフィシャルレポート
シアタートラム ネクスト・ジェネレーションvol.13はPANCETTA『un』を上演!
米アカデミー賞受賞の大ヒット作『サイドウェイ』を舞台化!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト