お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

OSK日本歌劇団創立100周年記念公演 『レビュー春のおどり』を大阪松竹座と新橋演舞場にて上演!

松竹ではOSK日本歌劇団創立100周年記念公演 『レビュー春のおどり』を、2月5日~20日に大阪松竹座、3月25日~27日には新橋演舞場にて上演する。

1922年に松竹楽劇部として誕生したOSK日本歌劇団は、2022年に記念すべき100周年を迎える。大正、昭和、平成、令和という激動の時代にありながらも、OSKレビューの伝統を守りぬき、いつの時代も不屈の精神で咲き誇り輝きを増していくOSK日本歌劇団。

その記念すべき100周年記念公演『レビュー春の踊り』の演目が公開された。

第一部は、3名の日本舞踊家が史上初めて共同で演出する100周年の特別なレビュー『光』。OSKと縁の深い山村友五郎が100周年を寿ぐ祝舞を、藤間勘十郎が時空を超えた舞踊と立廻りを、尾上菊之丞が壮大で革新的な群舞を届ける。和物レビューの真価が発揮される舞台を堪能できる演目となっている。

第二部は、100年間紡いできた  煌びやかなレ ビューを象徴する『INFINITY』。 ラテン、シャンソン、タップ、受け継がれてきたOSKの名曲たち。歌劇を知り尽くしミュージカルなど幅広く活躍する荻田浩一が描く“INFINITY(無限)”に広がる世界だ。

また、100周年記念公演の ビジュアルも公開された。
歌劇男役の正装の燕尾服に袖を通した  トップスター楊琳(やん・りん)をはじめとする劇団員たちの撮影は、ポスターに登場する全員が揃って行われた。100周年を祝うように舞う桜の花びらの中でポーズを取る劇団員たち。
(楊琳(トップスター)、舞美りら(娘役トップスター)、千咲えみ(娘役トップスター)、虹架路万、愛瀬光、華月奏、翼和希、椿りょう/桐生麻耶[特別専科])

100年の愛を込めてOSK日本歌劇団が贈る『レ ビュー春のおどり 』に期待が高まる!

【コメント】
楊 琳(やん・りん/OSK日本歌劇団トップスター)
これまで応援してくださったファンの皆様・企業の皆様、歴史を紡いでくださった卒業生の皆様へ、劇団員の情熱や想いを結集し最高のレビューをお届けすることで、感謝をお届けできればと思います。

【公演情報】
OSK日本歌劇団創立100周年記念公演 『レビュー春のおどり』
【第一部】  『光』
演出・振付:山村友五郎、尾上菊之丞、藤間勘十郎
【第二部】  『INFINITY』
作・演出:荻田浩一
出演:楊琳、舞美りら、千咲えみ、白藤麗華、虹架路万、愛瀬光、城月れい、華月奏、遥花ここ、翼和希、椿りょう/桐生麻耶  他 OSK日本歌劇団
●2022/2/5~20◎大阪松竹座
〈料金〉一等席(1・2階)8,500円  二等席(3階)4,500円(全席指定・税込・未就学児童入場不可)
〈一般発売日〉12月20日(月)10:00~電話・ Web受付開始
●2022/3/25~27◎ 新橋演舞場
〈料金〉S席(1・2階)9,500円  A席(3階)5,000円 (全席指定・税込・未就学児童入場不可)
〈一般発売日〉1月25日(火)10:00~電話・Web受付開始!!
〈松竹ホームページ〉
(大阪)https://www.shochiku.co.jp/play/schedules/detail/shochikuza_202202/
(東京)https://www.shochiku.co.jp/play/schedules/detail/enbujo_202203/

記事を検索

観劇予報の最新記事

ミュージカル「忍たま乱太郎」第12弾『忍術学園学園祭2021』尼崎で初日!
京の年中行事「當る寅歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎」が開幕!
話題の韓国ミュージカル日本版 Dramatico-musical『BLUE RAIN』」待望の再演! 
『夜想曲─ノクターン─』本日開幕! 東山義久×北翔海莉インタビュー
西田大輔による新作オリジナル舞台『MOTHERLAND』ー始皇帝暗殺ー、開幕!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報