お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

METライブビューイングのアンコール上映が9月に4都市で開催!

ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場(MET=メト)の世界最高峰の最新オペラ公演を大スクリーンで楽しむMETライブビューイング。毎年夏の恒例となっているアンコール上映が、東劇・なんば・神戸・名古屋の4都市にて開催される。東京以外の3都市では2年ぶりの開催となる。

エリーナ・ガランチャ、ソニア・ヨンチェヴァ、フアン・ディエゴ・フローレスなど、世界のトップ歌手が続々と来日する本年。アンコール上映でもスター歌手たちの過去の名演の数々を楽しめる。コンサートで歌われる美しいアリアも、オペラの中で聴くと感動もひとしおとなるはずだ。

ヴェルディ、プッチーニ、モーツァルトなどの色褪せない名作から、話題をさらった新作オペラまで多彩なラインナップを取り揃えたアンコール2022で、オペラの魅力を再発見しよう。

【METライブビューイング アンコール2022 ラインナップ】

ヴェルディ《リゴレット》(21-22シーズン)《ドン・カルロス》(21-22)《オテロ》(15-16)

プッチーニ《トゥーランドット》(21-22) 《マノン・レスコー》(15-16) 《つばめ》(08-09)

ドニゼッティ《ランメルモールのルチア》(21-22) 《ロベルト・デヴェリュー》(15-16) 《連隊の娘》(07-08)

《オリー伯爵》(c)Micaela Rossato/Metropolitan Opera

ロッシーニ《湖上の美人》(14-15)《オリー伯爵》(10-11)

《コジ・ファン・トゥッテ》2(c)Marty Sohl/Metoropolitan Opera

モーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》(17-18)《フィガロの結婚》(14-15)

《パルシファル》(c)Ken Howard/Metropolitan Opera

ワーグナー《トリスタンとイゾルデ》(16-17)《パルシファル》(12-13)

マスネ《シンデレラ》(21-22)《ウェルテル》(13-14)

ムソルグスキー《ボリス・ゴドゥノフ》(21-22)

テレンス・ブランチャード《Fire Shut Up in My Bones》(21-22)

マシュー・オーコイン《エウリディーチェ》(21-22)

《ナクソス島のアリアドネ》1(c)Marty Sohl/Metropolitan Opera

R・シュトラウス《ナクソス島のアリアドネ》(21-22)

ブレット・ディーン《ハムレット》(21-22)

《サムソンとデリラ》1(c)Ken Howard/Metropolitan Opera

サン=サーンス《サムソンとデリラ》(18-19)

ベッリーニ《ノルマ》(17-18)

ドヴォルザーク《ルサルカ》(16-17)

ビゼー《真珠採り》(15-16)

ヘンデル《ロデリンダ》(11-12)

上映スケジュールや作品詳細はHPを参照 https://www.shochiku.co.jp/met/news/4600/

日程:9/2(金)~ 9/29  (木)
東劇 (東京/東銀座)  27作上映
なんばパークスシネマ(大阪/なんば) 10作上映
kino cinéma神戸国際(兵庫/神戸) 10作上映
ミッドランドスクエア シネマ(愛知/名古屋) 10作上映
鑑賞料金(1作あたり):一般3,200円/ 学生2,100円(すべて税込み)
※《パルシファル》《トリスタンとイゾルデ》のみ一般4,200円/学生3,100円
※東劇のみの4枚セット券あり(詳細は公式HPにて確認)https://www.shochiku.co.jp/met/news/4600/

 

記事を検索

観劇予報の最新記事

須賀健太が演出、劇団「ハイキュー!!」新たに始動!
山口乃々華、奥村佳恵、和田琢磨らのミュージカル『SERI~ひとつのいのち』ビジュアル&PV公開!
昭和の喜劇人を描くケラリーノ・サンドロヴィッチ新作舞台『世界は笑う』開幕!
阿部サダヲ、吉田羊、間宮祥太朗、江口のりこらの出演する『ツダマンの世界』作・演出の松尾スズキ直筆イラストビジュアル公開!
三越劇場で9月にアトリエ新派公演と朗読劇場を開催!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報