お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

寺西拓人と矢田悠祐が70分走りっぱなしの舞台『マラソン』5〜6月に上演!

矢田悠祐・寺西拓人

寺西拓人(ジャニーズJr.)と矢田悠祐が、タイトル通りマラソンしながら演じる舞台『マラソン』が、5月31日から6月17日まで、DDD青山クロスシアターにて上演される。

 

物語の登場人物は男性2人、マリオとスティーブ。舞台は現代、都市部。
幼なじみの2人は、市内マラソンに出場するためのトレーニングとして郊外をランニングしているが、走りながらもちょっとした言い争いや、思い出話など話が尽きない。話しながら延々と走る2人。ときにコメディーのような会話からはそれぞれの趣味や日常、人間性までもが浮かんでくるうち、やがて思いがけない姿まで見えてきて…。

 

マラソンを題材にした本作品は、孤独な自己との葛藤、互いの思いやり、そして現実の厳しさを、人間の基本的な行為=走ることをテーマに描いた秀作。最大の特徴は2人が舞台上で、ずーっと走っていること。公演時間70分間、まさにマラソンする舞台だ。

 

出演は、本作品が初主演となる寺西拓人(ジャニーズJr.)、寺西と共演3作目になる矢田悠祐。演出は、2人が出演した『THE CIRCUS!-エピソード2-』演出・振付のTETSUHARUが手がける。
舞台の形状は両サイドに客席があるセンターステージで上演。舞台や通路を走り回る2人の息遣いは最後列からでも感じ取れ、間近に2人の演技が見える形状だ。
さらに新たなチャレンジとして、マリオ役とスティーブ役を各公演で2人が役を入れ替わり、2ヴァージョンを上演する。

 

【コメント】

TETSUHARU(演出)
二人芝居の演出、というお話をいただいて作品を知り、面白そう!とすぐお受けしました。走る動きが中心なので舞台上でどう表現できるか、構想しているところです。マラソンは、人生や生きることそのものによく例えられるように、それを象徴するドラマでもあると思います。東京オリンピック・パラリンピックを控えた今、この作品を上演する意味も大きいと考えています。出演の二人はとても仲が良くて、魅力ある二人です。若いですが既にいろんなステージを経験していて、ファンの方はお二人の色々な色をすでにご存知だと思うんです。今回は、まだ見たことのない新しい色を出せたら、と思います。

 

寺西拓人
これまで歌・踊りのある作品に取り組んできたので、今回のお話をいただいて驚愕!です。初めての主演で、役の入れ替えのある2人芝居に挑戦させていただくので、難題へのプレッシャーもありますが、ストレートプレイにも取り組んでみたいと望んでいたので、とっても嬉しいですし、喜びをかみしめています。矢田ちゃんとは2作品共演する中で、プライベートでも仲良くなりました。共演も楽しみです。今回の劇場はお客様との距離がとても近くて、舞台上の息遣いが伝わると同時に、客席の息遣いも舞台上に届くほどです。ずっと走っている芝居なので、体力が続くように走り込もうと思います。僕自身まだ未知なところも多く、ドキドキワクワクしています。一緒にぜひ楽しんでください。

 

矢田悠祐
実は、スポーツの中でもマラソンが一番苦手だったんです(笑)。瞬発系のゲーム性のあるスポーツとは違った性質があると思うので、普段から走って、テラと一緒に頑張っていければと思います。ストレートプレイに臨むのは久し振りです。TETSUHARUさんとは何度かご一緒させていただいていますが、ミュージカルとはまた違う作品作りになっていくと思いますし、芝居もすごく丁寧に見て下さる方なので楽しみです。センターステージという形ですし、TETSUHARUさんの発想も楽しみです。

【公演情報】

舞台『マラソン』
戯曲◇「NEW YORK MARATHON」
Edoardo Erba – Israel Horovitz’s adaptation / Italy
演出◇TETSUHARU
出演◇寺西拓人(ジャニーズJr.) 矢田悠祐
●5/31~6/17◎DDD青山クロスシアター
〈一般発売日〉4月13日(土)
〈料金 〉7,800円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉チケットスペース 03-3234-9999
〈HP〉https://www.stagegate.jp/stagegate/performance/2019/marathon/index.html

 

記事を検索

観劇予報の最新記事

全ての大人たちに贈る、「舞台プロフェッショナルの素顔」。第10回ゲストは脚本・作詞・訳詞・翻訳で人気の高橋亜子
麻生久美子&中村倫也がW主演・初共演『クラッシャー女中』初日開幕!
お披露目公演「レビュー 春のおどり」に臨む、OSK日本歌劇団新トップスター桐生麻耶インタビュー
味方良介 今泉佑唯 新鮮なタッグで『熱海殺人事件』46年目を飾る!
井上芳雄が新境地を拓いた、愛と再生の物語『十二番目の天使』上演中!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報