お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

新キャストが織りなす舞台の一端が明らかに!『フローズン・ビーチ』稽古場公開レポート!

2018年に紫綬褒章、2019年に第26回読売演劇大賞 最優秀作品賞・優秀演出家賞を受賞するなど、近年ますますその活動が高い評価を得ている劇作家・演出家のケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)の数々の戯曲の中から選りすぐった名作を、才気溢れる演出家たちが異なる味わいで新たに創りあげるという、シアタークリエの連続上演シリーズ「KERA CROSS」(製作 東宝・キューブ)が、この夏スタートする。

その第一弾として、KERAが1998年に劇団「ナイロン100℃」公演として作・演出し、密室劇の傑作として第43回岸田國士戯曲賞を受賞した初期の代表作『フローズン・ビーチ』が、人気演出家・鈴木裕美の手によって、今、新たな命が吹き込まれることになった(シアタークリエ公演は7月31日~8月11日。全国での公演あり)。

そんな注目の公演の稽古場公開と囲み会見が7月2日都内で開かれ、演劇界を牽引する鈴木杏、独特のメイクとファッションで大ブレイクしこの作品で初舞台を踏むブルゾンちえみ、ミュージカルはもとより舞台、映像で強い個性を発揮するシルビア・グラブ、そして残念ながら体調不良により降板した朝倉あきに代わって出演する元宝塚歌劇団花組トップ娘役で、退団後もテレビ・舞台で活躍中の花乃まりあのキャスト陣と、演出家鈴木裕美が集い、一部場面公開と、5人による公演への意気込みが語られた。

『フローズン・ビーチ』は大西洋とカリブ海の間に浮かぶリゾートアイランドにある別荘の一室で繰り広げられる、1987年、1995年、2003年、三つの場面16年に渡り偶然と因縁に翻弄された女たちを描いた室内劇で、この日公開されたのは1987年を描いた第一場のワンシーン。この別荘は花乃まりあ演じる双子の姉妹、愛と萌の父親が所有するもので、友人の鈴木杏演じる千津とブルゾンちえみ演じる市子が共に滞在している。千津と市子、千津と愛はそれぞれにある計画を実行しようとこの別荘に集まったのだが、そこにシルビア・グラブ演じる愛と萌の盲目の義母・咲恵が予定より早く帰ってきてしまった…というところから公開稽古はスタートした。

【公開稽古】

入ってきた咲恵は陽気で明るく、目が見えないということを自らネタ化して笑いのタネにしていく。このあたりからすでに戯曲が書かれた時代と現代の差異を感じさせて興味深いが、シルビア・グラブのサバサバとした演じぶりがある種のブラックさを絶妙に回避していて面白い。

この義母である咲恵に対し、愛が抱いている複雑な感情がこのワンシーンの中に炸裂していくのだが、台詞のやりとりの中に言葉遊びや、掛詞のような味わいのものも随所に盛り込まれていながら、今日が何の日で、なぜ愛が憤っているのか、それに至る経緯から現在の状況すべてがきちんと台詞で伝えられ、改めて戯曲の力を感じさせる。感情を爆発させる演技を、このカンパニーに後から合流した花乃まりあが堂々と演じているのも印象的だし、その様を面白がりながらどこかで醒めてもいる市子を個性的に見せるブルゾンちえみと、場の空気を敏感に察知しながらなんとかとりなそうとする千津の鈴木杏の、台詞のないところでも細やかな芝居が引き付ける。

怒りを爆発させた愛とそれをなだめる千津が出ていったあとは、ブルゾンの市子とシルビアの咲恵の、やはり咲恵が夫の顔を知らない(見たことがない)、市子がある俳優に似ていると名前を出しても、その俳優の顔も知らない、という流れで会話がどんどん発展し、大爆笑になっていく流れのあれよあれよ感が言葉のジェットコースターのよう。まだまだ続きが観たい!というところで、公開稽古は終了。舞台への期待がより一層膨らむ時間になった。

そんな稽古場のセットを前に、キャスト4人と演出の鈴木裕美が囲み取材で、稽古の様子や公演への抱負を語ってくれた。

【囲み取材】

(※文中で鈴木裕美は「鈴木」鈴木杏は「杏」と表記)

前列/鈴木杏 ブルゾンちえみ 花乃まりあ シルビア・グラブ 後列/鈴木裕美

──それぞれ自己紹介と意気込みをお願いします。
鈴木 演出をやっております、鈴木裕美です。この間の最初の通し稽古から分かったことですが、非常に男らしい4人の女優さんたちと(笑)とても楽しい稽古で面白いものになっていると思いますので、是非皆様劇場の方に足をお運び下さい。
 千津役の鈴木杏です。KERAさんの本はやっぱり大変だなと実感しているのと同時に、なんだか楽しみながら苦しんでいる感じも毎日あって、お稽古をすればするほどどんどん深まっていく実感もあり、とても充実した稽古の日々を送っています。稽古自体はあと1週間ちょっとなのですが、この1週間に更に深めて良い状態で劇場に行けたらいいなと思っています。劇場でお待ちしております。


ブルゾン 市子役のブルゾンちえみです。初舞台ということでわからないことがたくさんあって、でもそれをその都度相談に乗ってくれる先輩方や、たくさんの方からアドヴァイスを頂ける環境にいるので、日々できなかったことができるようになっていくことに楽しさを感じています。まだもう少し稽古があるのでもっともっとよくなれるように頑張りたいと思います。皆様是非観にきて下さい!
花乃 双子の姉妹の愛と萌役を演じます花乃まりあです。今回代役として少し遅れて稽古に参加させて頂いたのですけれども、皆さんをはじめたくさんの方々に温かく迎えて頂いて本当に感謝しております。ありがとうございます。とても難しく自分自身との闘いが続いておりますが、私の今のすべてを懸けて務めたいと思いますので、皆様是非観にいらしてください。
シルビア 咲恵役をやらせて頂きますシルビア・グラブです。本当に裕美さんが言ったように男らしいカンパニー、裕美さんを含めてなんですけれども(笑)和気藹々と体育会系のノリで毎日稽古をさせて頂いていてます。それこそ楽しみながら苦しんでいるのですが、どちらかと言うと私はいつも笑っているという、楽しい稽古場になっています。ただ家に帰った時にはびっくりするくらい疲れている(笑)充実した稽古をさせて頂いていて、本当に面白い作品になると思うので、是非劇場の方に来てください。

──役柄についてと、実際に演じて感じたことを教えてください。
 千津というのは市子と一緒に愛のところに来ている、というところからはじまるのですけれども、なんと言いますか「小者」?(爆笑)若いということもあると思うんですが、自分の器以上の想いが溢れすぎていてどんどん空回りしていく。もうちょっと器が大きければ良いのにね、と思ったりもするんですが、そこがすごくいじらしい一面でもあったりして、楽しんでやっています。
ブルゾン 私がやっている市子は、最初に台本を読んだ時には「この人わけわからない」と言うか、私の普段の感覚からすると論理的ではない、本能で動いているタイプの人で、私にはわからないという感じだったのですが、お稽古をやっていく中で「あれ?こいつ結構憎めないんじゃない?」「結構可愛い性格なんじゃない?」というのが見えてきて、今は市子に対する愛着が湧いてきているので、可愛らしく、観てくださる方にも「あの子なかなか可愛い役だったな」と思ってもらえるように、この役を活かしきれるように頑張らなればと思っています。

花乃 私は二役させて頂くのですが、萌は元々身体が弱いという設定があって、そういうことの上に成り立つ開き直りの強さというか、生きていく上でのある意味の強さ、可愛らしさを備えている人だなと思っていて。愛は全ての登場人物に対して自分が優位に立とうと必死になるんですけれども、周りのキャラクターが
強烈過ぎて(笑)自分の運びたいペースに運べないというのがすごく惜しい人だなと(笑)。そういう「この人惜しいのね」というのを「やれやれ、可愛いな」と思って観て頂けたらいいなと思っています。
シルビア 私は咲恵さんなんですけれども、基本的にすごく楽観主義で、常に笑っていて、常に楽しんでいたい、少しでも空気が悪くなるとすっとぼけて、ボケて、その場をどうにか明るい方向に持って行こうとするおとぼけキャラなんですけれども。もしかしたら目が見えない、周りが見えないことによって、楽観的になれるというところもあるのかも知れないので、そういう意味では難しいなと思っています。なかなかこうした最初から最後までおとぼけキャラを演じるという経験が私はなかったので、苦しみながら楽しんでいます。

──ブルゾンさん、いつもとはメイクが違いますが。
ブルゾン あ、!よく気が付きましたね!(笑)難しいんです。ブルゾン感を残しつつ、完全に消さずに、でもブルゾンでもいけないという、今探り中なんですけれども、これより薄くなるかも知れないんですが。
鈴木 本番はね。
ブルゾン はい、本番は。一応今はこのくらいです(笑)

──裕美さん、ブルゾンさんのメイクについては?
鈴木 稽古場でも「ブルゾンちえみ」が「ブルゾン」で来て、「ちえみ」で帰る時があります(笑)。来た時はフルメイクで、稽古を終えてすっぴんで帰っていく。違う人が来て、別の人で帰るという(笑)。
 そうなんですよね(笑)。この間は車の中でメイクを落としていたので!極端なんですよね。その100とゼロの顔が!
鈴木 ですから本番は観てのお楽しみです!

──皆さんから観てブルゾンさんはどうですか?
 面白いですね。なんとも言えない面白さがあります。彼女は真剣にやっていらっしゃるんですが、真剣にやればやるほど面白すぎてこっちが破壊されてしまって!(笑)。稽古途中で笑ってしまって稽古にならない時があって!これを本番までにどう克服していくかが大きな課題の1つになっています(笑)
鈴木 (鈴木杏と花乃に)ここがよく笑っているよね(笑)。
花乃 いえ、だって!(思わず言って笑う)
ブルゾン いや、元々KERAさんの書いていることが面白いので、それを真剣にやれば面白くなっていくんで!
鈴木 (花乃に)特に近いからね!
花乃 そうなんです!(ブルゾンに近づいて)この距離で脅しにかかってくるので(笑)
シルビア 私は役柄的に直視しないからまだ良いのか!見たらアウトね(笑)。
鈴木 ふとした瞬間の、笑わそうと思っていない時の顔が1番面白いんです!
ブルゾン 私は真剣にやってますから!
鈴木 だから吹いちゃうと私は「頑張れ!頑張れ!」って(笑)。

──とてもチームワークが良いことが感じられますが、初日に向けて更に?
鈴木 有機的にと言いますか、今観て頂いてもわかるように、すごく風通しが良くて「ここはこうしたらよいんじゃないか?」と誰が何を言ってもよい感じなので。とてもプロフェッショナルでお互いがお互いを尊敬し、愛している、その居方が男らしい、男らしいって言い方も良くないですけど(笑)、すごく良い作品になりつつあると思います。皆さんとても頭が良いので、他人を受け入れる、尊重する、面白がる感じがあるのと、作品を面白くする為ならなんでもやります!という、その辺が男らしくて「できない」という人が一人もいない、そこは全員に共通しています。
シルビア 今裕美さんがそうおっしゃってくださるのを聞いて、改めてそうなのかと。基本的に一緒にいて楽しいし、稽古を観ているのも楽しい、良いチームワークだと思います。
杏 すごく楽しく稽古が進んでいて、変に気を遣うことがないから気持ちが楽です。自分も素直なままに稽古場にいられるのがありがたいことだと思っています。

──KERAさんの本についてはどうですか?
 やろうと思えばいくらでも稽古できてしまう気がします。いくらでも詰め込める本なので、稽古期間はどれだけあっても良いと思います。
鈴木 なんと言うか、やっとKERAさんのある意味の呪縛から逃れられてきていて「私達の『フローズン・ビーチ』」になってきているなと思います。
ブルゾン 皆さんが難しいとおっしゃる本なので、私にできるのか?というくらいだったのですが、演出家というのはそういうところにまで気づく仕事なのか!と。本だけでは気づけない、演じるだけでも気づけない、私は1人の目線で見ているのですが、4人同時にガチャガチャやっているものを、例えば同時に大音量で楽器を演奏している中のひとつの音を聞き分けてくださるのがすごいなと思います。

──テレビのお芝居とは違いますか?
ブルゾン テレビのドラマだと私が映っていないところもあるので、ある意味逃げ道があるというか、なんとかなるところもあるのですが、舞台はずっと出ていたりすると隠しようがない。嘘はバレてしまうので、ちゃんとやれていなければいけない、舞台ならではのものがあるなと思います。

──後からの参加になっていかがですか?
花乃 最初はどうなるかと思いましたし、皆さん大活躍をされている方たちなのでご一緒するのにすごくドキドキしたのですが、皆さん優しく受け入れてくださいましたし、本もすごく難しいのですが、裕美さんがわからないことを素直に「わからない」と言うのを許してくださる方で、私ができるようになるまで絶対に見ていてくださる方なので、正直に頑張りたいと思っています。

──それほど演じる上での難しさが?
シルビア 難しいですね。でも裕美さん本人が疑問に思っていると、絶対にそこから進まないんです。ですから役者以上に裕美さんが色々なことを疑問に思って、本を読み込んでくださっているので毎日の稽古が楽しいです。ミュージカルですと歌って踊れば楽しいから、そこで成立する部分がある場合もあるのですが、そういうものがここではいっさいないので、私は裕美さんとはミュージカル作品でご一緒させて頂いたことがないのですが、いつかミュージカルでもご一緒したいと思っています。

──改めて見どころは?
鈴木 もしかしたら少しネタバレになってしまうかも知れないのですが、KERAさんがサスペンス・コメディ—として書かれていて、この人たちが殺したり殺されたり殺そうとしたりということがあるのと同時に、救ったり救われたり救おうとしたりということもある不思議な本で。時代のこと、バブルの時代がどうだったか?ということも書かれていますし、とにかく4人の女優が魅力的なので、この方たちのファンであれば絶対に観ておいた方が良いと思います!

 

──シルビアさん、先般義理のお父様の高島忠夫さんがお亡くなりになりましたが。
シルビア 私が子供の頃から大スターで、もちろんお義父さんでもありますが、業界の大先輩のお一人が亡くなったということはすごく寂しいことですし、当然家族としてもすごく寂しいことです。でもお棺を拝見してすごく穏やかなお顔をされていたので、「本当にお疲れ様でした」という気持ちです。

──ご主人の反応、また思い出すことは?
シルビア 突然ということではなかったので、一応彼も心の準備はできていたのかな?と思っています。結婚する前にお義父様は鬱病になられていたのですが、私が初めてご挨拶に伺った時もあまり良い状態ではなかったのに、パジャマから着替えて髪の毛を梳かして私に会ってくれたんだそうです。それによって家族的に少しでも明るくなってくれたのかな?という想いもありますし、結婚式にも来てくれたのでとても楽しかったです。穏やかでなんでも受け入れてくださるようなお義父様でした。

──では最後に、代表して鈴木杏さんから皆さんにメッセージをお願いします。
 『フローズン・ビーチ』あと1週間と少しお稽古をして、東京だけでなく色々な場所に伺います。私達も初めて行く場所も多いのですが、本当に色々なことが起こる、こんなに傷だらけになりながらも離れられない4人の女の話しです。楽しんで頂けたらと思いますので、是非観にいらして下さい!

【公演情報】
KERA CROSS第一弾『フローズン・ビーチ』
作◇ケラリーノ・サンドロヴィッチ
演出◇鈴木裕美
出演◇鈴木杏 ブルゾンちえみ 花乃まりあ シルビア・グラブ
●プレビュー公演 7/12~14◎神奈川 杜のホールはしもと・ホール
●7/25◎新潟 長岡市立劇場 大ホール
●7/28◎福島 いわき芸術文化交流館アリオス 大ホール
●7/31~8/11◎東京 シアタークリエ
●8/16~18◎大阪 サンケイホールブリーゼ
●8/21◎静岡 静岡市清水文化会館マリナート
●8/23◎名古屋 日本特殊陶業市民会館ビレッジホール
●8/28◎高知 須崎市立市民文化会館 大ホール
●8/31◎高松 レクザムホール(香川県県民ホール) 小ホール
〈公演HP〉https://www.keracross.com

 

【取材・文・撮影/橘涼香】

 

記事を検索

観劇予報の最新記事

こども歌舞伎スクール寺子屋公演、オリジナル舞踊劇『百桃かたり』が間もなく開幕!
乃木坂46版 ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』2019、上海公演決定!
大阪松竹座『黒蜥蜴 緑川夫人編』河合雪之丞・河合宥季 インタビュー
井上小百合・ 矢島舞美・富田望生らで『フラガール -dance for smile-』東京と大阪で上演!
若手俳優発掘プロジェクト・舞台『転校生』女子校版&男子校版 初日開幕!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報