お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

KERA CROSS始動!『フローズン・ビーチ』製作発表会見レポート

2018年に紫綬褒章、2019年に第26回読売演劇大賞 最優秀作品賞・優秀演出家賞を受賞するなど、近年ますますその活動が高い評価を得ている劇作家・演出家のケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)。その唯一無二の世界観は、30年以上の執筆活動の中で鮮やかな変遷を重ね、一人の作家が生み出したとは思えない多様な作品を世に送り出している。

そんなKERAの手になる数々の戯曲の中から選りすぐった名作を、才気溢れる演出家たちが異なる味わいで新たに創りあげるという、シアタークリエの連続上演シリーズ「KERA CROSS」(製作 東宝・キューブ)が、この夏スタートする。その第一弾として、KERAが1998年に劇団「ナイロン100℃」公演として作・演出し、密室劇の傑作として第43回岸田國士戯曲賞を受賞した初期の代表作『フローズン・ビーチ』が、人気演出家・鈴木裕美の手によって上演されることになった(シアタークリエ公演は7月31日~8月11日。全国での公演あり)。

『フローズン・ビーチ』は大西洋とカリブ海の間に浮かぶリゾートアイランドにある別荘の一室で繰り広げられる、1987年、1995年、2003年それぞれの夏に偶然と因縁に翻弄される4人の女性を描いたミステリー・コメディ。今回の上演の為に演劇界を牽引する鈴木杏、独特のメイクとファッションで大ブレイクし、この作品で初舞台を踏むブルゾンちえみ、テレビ、舞台で大活躍中の朝倉あき、ミュージカルはもとより舞台、映像で強い個性を発揮するシルビア・グラブが集結。個性豊かで華やかなキャストと、鈴木裕美の演出で、名作にどんな息吹きが吹き込まれるかに大きな注目が集まっている。

そんな作品の製作発表会見が5月シアタークリエで行われ、脚本のKERA、演出の鈴木裕美、キャストの鈴木杏、ブルゾンちえみ、朝倉あき、シルビア・グラブが登壇。キャストを固定しない読み合わせを経て、この日が初披露となるそれぞれが演じる役柄を含めた公演への抱負を語った。
(※鈴木裕美は鈴木、鈴木杏は杏と表記)


【登壇者挨拶】

KERA どのくらいのペースでやっていくかはまだ決まっていないのですが、自分の旧作を色々な演出家さんがやってくださると言うことで。ここにいる出演者4名と僕がとても信頼しております鈴木裕美さんの演出で『フローズン・ビーチ』という、自分にとっても岸田國士戯曲賞という、初めて賞をいただいた思い入れのある作品をやっていただくことになりました。初演から21年経ちまして、1980年代から2003年で終わる芝居なのですが、初演時も再演時も未来のこととして書いていた2003年が、今となってはずいぶん昔の話で、芝居の見え方も変わると思います。演劇の上演には色々とあって、例えば唐十郎さんのお芝居、学生紛争を今眺める面白さというものがあると思います。それこそ書いた当時の時事ネタのようなものは、今観ると書いた時のようには笑えないと思うのですが、上演された時にはこういうことで笑っていたんだな、を笑っていただいても構いませんし、まだ自分でもどうなるのか、非常に無責任な立場で(笑)観客として楽しみたいと思っています。

鈴木 KERAさんとは本当に長いお付き合いで、作品も何十本観たのかわからない、少なくとも30本は拝見していると思います。その中で「KERAさんの本はKERAさんが演出するのが1番だよね!」と度々飲み屋で話しておりまして(笑)、その場に共にいた人たちは「あいつどうした?」と思っていると思うんですが(笑)。プロデューサーから「『フローズン・ビーチ』を演出してみませんか?」と言われて、その魅力に転んだという感じです。なので今でも実はKERAさんが演出するのが1番面白いんじゃないかな?と思っているところもあるのですが「本が面白いから私がやっても面白い!」という気持ちにいま切り替えています。ここに集まってくださった俳優の皆さんも剛の者と言いますか、色々な意味で絶妙な、奇妙な(笑)取り合わせになっているかと思いますので(笑)、一緒にKERAさんの世界に冒険に行って、観られる景色を見たいです。

 千津役をやらせていただきます。まさか自分が『フローズン・ビーチ』の世界に入れるなんて思っていなかったので、すごく不思議な気持ちです。なんと言っても私はオリジナルキャストの女優の方達がとても大好きな、尊敬してやまない憧れの方達なので、伝説的な作品に関われるのが光栄であるのと同時に大きな挑戦だなと思っています。手を伸ばしても凄すぎて伸ばせない方達なので、今回の座組で新たに発見できることがたくさんあったら良いなと思っています。今は台本を読んでいて、読めば読むほど途方に暮れてしまって、この気持ちを稽古まで一人で抱えていると泣き出してしまいそうなので、早く稽古がはじまってこの感じを皆さんと共有したいと思っています。でもきっとこの『フローズン・ビーチ』でしか出会えない4人のキャストだと思うので、とことん苦しんで、とことん楽しんで私達に見える新しい『フローズン・ビーチ』の景色を探していきたいなと思っています。どんな世界になるのか是非目撃してくださったら幸いです。劇場でお待ちしています。

ブルゾン 市子役をさせていただきます。今回初舞台ということで、最初にお話をいただいた時にはシンプルに「嬉しい!ワクワクする」というのが1番最初に来ました。でも話を聞けば聞くほど、KERAさんの作品で鈴木裕美さんの演出でなど、色々なことを知れば知るほど、私で良かったんだろうかとか、生まれたての赤ちゃんに高級料理を食べさせるような(笑)「お前、そのありがたみがわかるのか?」という、すごく贅沢な環境に初舞台にして居させていただいてるということをヒシヒシと感じました。逆に今まで舞台で何かやったという比べるものがない分、100%の何も知らないという状態で、ぶつかって行こう!しがみついて頑張っていこうという気持ちです。『フローズン・ビーチ』に出演させていただけると決まった時「私大好きな作品だから本当に楽しみ!」とたくさんの方に言っていただいて、こんなにも楽しみに待っていてくださる方達がいらっしゃるのだから、期待に応えよう!という気持ちになっています。是非皆様劇場に観に来てください!

 

朝倉 愛と萌の双子の役をやらせていただきます。今日も朝から1日、皆さんと一緒に取材を受けるんだ! と思うと緊張で胸が張り裂けそうで。さっきも裕美さんに「顔が固いよ」と言われたばかりです。私自身も最初にお話をいただいた時には、元々舞台をずっとやりたいという気持ちがあって今回その気持ちを爆発させることができるという嬉しい気持ちでいっぱいだったんですが、作品のお話を聞いて「とんでもないことになってしまった」という想いになりました。私自身の力で皆さんとご一緒の舞台に立ち向かっていけるのか?と不安になって。でも読み合わせをしまして、自分が何をしたいのか、何ができるのか?がわかってきて、逆にすごく冷静な気持ちになってきました。自分自身を見つけていく為に、何回も恥をかいて、その中からしか見つけられないものがあるでしょうし、そういう部分を楽しみにしてやっていきたいと思っています。作品そのものがとても魅力的で、自分がどこまで行けるかわかりませんが、皆様の想像を超えるものができるんじゃないかな?ということを確信しております。観に来てくださるお客様に面白いと思っていただけるように、自分のすべてを懸けてやっていきたいと思います。

シルビア 咲恵役をやらせていただきます。私は今回全員の方と初めてお仕事をさせていただきます。KERAさんの本も初めて、鈴木裕美さんの演出を受けるのも初めて。共演者の方達も皆初めてなのですが、なかなかこの歳になってくると全員知らない方という現場は少なくなってきていて、逆にめちゃくちゃ緊張しています。「大丈夫私?皆の足を引っ張らないように頑張らないと」というどちらかと言いますと焦りしかない状況です。しかも私はミュージカルの仕事が多いので、今回は歌がない!(笑)。よしよし頑張って日本語喋るぞ!という(笑)。幾つになってもこうして挑戦の場があるということが嬉しくて、「皆と一緒に壁にぶち当たって行くぞ!」と思っています。是非皆様よろしくお願いします!これだけバラバラな女優が集まることはなかなかないと思いますし、しかも4人しか出ない、女性ばっかりの作品は最近あまりないと思いますので、特に世の女性たち楽しみにしていてください!

【質疑応答】

──「KERA CROSS」についてもう少し詳しく教えてください。

KERA 先ほども言いましたように、僕の旧作を色々な演出家さんで不定期に上演していく企画です。基本的に僕が望んでいるのは、できるだけ色々な方にやっていただきたいと言うことです。実はこれまでにもやりたいというお話はいただいていたのですが、知らない人に(自分の作品を)触られるのは嫌だと思って、ずっと断わってきたんです。でも信頼できない人には依頼がいかないと思うし(笑)、信頼できる人とだったらむしろ楽しいかも、と思える歳になったのかもしれません。そういう企画でございます。僕自身できるだけお任せしようと思っていて、何もしないというのは結構苦痛でもあるのですが、やるとなるとチラシのことから口を出したくなるので(笑)、なるべく傍観していたいと言うことです。

──『フローズン・ビーチ』を書き下ろされた時の気持ちは?

KERA その時何を思っていたかは皆目覚えていないのですが(笑)、出演者が犬山イヌコ、峯村リエ、松永玲子、今江冬子、全員ナイロン100℃の劇団員で、犬山が取材の時に「これで岸田國士賞獲ったらいいな」と言いやがって(笑)、イヤなこと言うなと思ったんですが、その通りになって。『自転車泥棒』という映画がありまして、自転車を盗んだ親子の話しなのですが、すごく散文的にはじまって、最終的にとてもポエティックに終わるんですね。全編ポエティックなものや、全編散文的にものは演劇でも映画でもいっぱいあったんですが、この作品はそうした散文的にはじまって、ポエティックに終わるものを書きたかった。しかも第3幕だけを未来の、まだわからない将来の話しにしたかった。でもそれ以来、この書き方が自分のスタイルになって、散文的にはじまってファンタジックに終わるようなものを身につけた一歩目になったと思います。

──キャストの皆さんにエールをお願いします。

KERA 皆頑張ってね!(爆笑)。いや、皆そんなに知らないので。二役とか面白いよ!って、完全に無責任だけど(笑)。

ブルゾン 近所のおじさんみたい!(笑)

KERA (笑)でも本当に演劇は楽しいですよ。今はまだ4人がそれぞれあまり話はしていないかも知れないけれども、これが1ヶ月もすればね「うるせぇな」みたいなことになりますから(笑)。裕美ちゃん含めてね。本当に楽しみにしています。

──鈴木さん、戯曲の魅力とどんな舞台にしていきたいか、現時点でのプランがあれば教えてください。

鈴木 私はKERAさんの作品以外でも、自分の世界に本引き寄せるというよりも、その世界にお邪魔する、旅をするという方が好きなんです。ですからこれを演出してやるぞ!というような気持ちはないのですが、この作品はある種の殺し合いというリアルと、非常にファンタジーなものがあって、それは今KERAさんがおっしゃったように『フローズン・ビーチ』だけでなく、KERAさんの作品にあるリアルとファンタジーがいつも面白いと思っていて。そこは好きなので楽しんでやりたいと思っています。あとは、ある種「むかし、むかしあるところに、4人の女がいました」で始まるようなお話の形式がものすごく好きなんです。そのようにお客様にこの作品を提示したいし、上手にこのKERAさんの世界にお招きできたらというのが今思っていることです。

──鈴木さんにキャスティングの意図と、キャストの皆様は配役が決まった今の感想と役柄に感じている魅力、KERAさんからも配役に対する感想を教えてください。

鈴木 出演をお願いする時に、全く配役を申し上げずにお願いしたのではなくて、実はプロデューサーはこの役というイメージでお願いしてはいたんですね。ただ、いざ4人が揃った時に、特にブルゾンさんは舞台での声を聞いたことがなかったので、演技をしているところは拝見していても、4人が交わった時にどうなるかがわからなかったこともあって、ワガママを言いまして読み合わせをやらせてくださいとお願いしました。でも、あ、この組み合わせのチームが、この関係性が面白そうだなということのみで決めたのですが、たぶん皆様「これが良いんじゃない?」と思ってくださっているのではないかと思います。ですからより面白いと感じるところにすり合わせて決まりました。

杏 私はどうしても千津役は(初演の)峯村さんと思ってしまうところがあります。仲も良いですし。また冒頭からすごく電話で話すんですが、先日(初演メンバーの)松永さんから本が長くて、自分たちでKERAさんにカット案を提示したというお話を聞いて。

KERA いや「カット案があったら」って言ったら、ものすごくたくさん来て(爆笑)。

鈴木 そういう初演のお話もすごく面白いんですが、千津という役はぐんぐん進んでいく、一見強いように見えて、実はとても弱い人で、誰かに支えてもらわないとすぐにへたり込んてしまうようなところがどこかにあるのかな?と少し思っています。ブレブレと言いますか(笑)、もう少ししっかりすればいいのにと思ったりもしますが、そこが人間らしいですし、等身大な女の子の感じが魅力的な部分でもあります。読み合わせの時からブルゾンさんの市子に振り回されて、顔が真っ赤になるくらいだったのですが、読んでいるだけで疲れる組み合わせのいっちゃんとちーちゃんを楽しみたいなと思っています。

ブルゾン 最初に初演の映像を拝見した時に「市子さんって結構大変そうだな、これ難易度がすごく高そうだな」という気がしたんです。私の素の部分と市子さんのキャラクターが少し遠いような感じがしたので、ここに近づく為には私がすごく努力しなければならないな、大変そうだなと。でも読み合わせをした時に、正直「楽しい!」という想いが生まれて。私の市子がエキセントリックに色々な変化球を投げても、千津の杏さんが「よいしょ!よいしょ!」と、受け取ってくれる、そのキャッチボールが面白くて、じゃあ今度はこう投げてみようかな?と思えたんです。まだ読み合わせの状態で、私も「間」とかが全然できていないのに楽しかったので、これが舞台でできたら楽しいのかな?という期待が生まれました。ですから読み合わせまでは不安が大きかったのですが、今はもっとワクワクできるように稽古を頑張りたいと思っています。

朝倉 私はまだ配役が決まっていないという時には、自分が市子をやったらいったいどうなるんだろう?とか、あるいは?とか色々グルグルと考えていたのですが、いざ本読みをやってみると愛と萌というのも、色々なところのあるキャラクターなのですが、この中で言ったらわりと普通?(笑)でも、それってすごく難しいことだなと感じて、それが面白そうだと感じました。比較として普通という言い方をしましたけれども、彼女も(作品中の)時間が経っていく中で変わっていくので、私が感じたものを愛と萌の魅力としてどう成長させていくか?という部分をすごく楽しみにしています。

シルビア 正直本読みをしていて、えっこんなに早く行くの?と思いましたが、皆さんがそれぞれ色々な役を読んでいらっしゃるのが面白かったし、楽しかったし、「この役で」と言っていただいて現場に行ったら「あ、こっちの役の方が良かったのにな」と思うケースもあったりするんです。でもこういう形で本読みをすることがすごく面白かったですし、結果として裕美さんが言ったように、この4人の関係性の誰と誰の空気が合うのかを納得していきましたし、私はたぶん年齢的にそもそも咲恵ひと役しかないなと思っていましたが、愛と萌の義理の母親という設定、まぁ若い母親なんですけれども(笑)。でもあの読み合わせができたことがとても面白く、不安が和らいだことがありがたかったです。まだキャラクターの魅力はそこまで読み込めていないのですが、もしかしたら1番客観的な役柄なのかな?と。皆様ほど悩みを重たく捉えていない役柄なので、その空気感を考えていきたいです。

KERA 初演は完全にあてがきだったので、これは犬山、これは峯村と、彼女たちが演じる前提で書いていたので、書いている時から彼女たちの癖も含めてこうしたらやりやすいかな?と思っていました。ただ『フローズン・ビーチ』は10年くらい経ってワークショップのテキストで使ったことがあって。その時には当然ながらワークショップの生徒たち、全然違うタイプの人たちがそれぞれの役をやったのですが、偉ぶった言い方はしたくないですが「これはこれで面白いな」と思ったんです。あてがきをしていると、演出家としての自分が作家としての自分から抜けきれない状態で、ナイロン100℃ではいつも稽古をしているのですが、別の座組になるとそんなことはどうでもよくなって、犬山や峯村ではこれは絶対出ないなというものが見えたりしたので、これから数ヶ月皆さんがその役を背負っていく訳ですから、そこは信頼してというか、きっと誰がやっても成立すると思うんです。って、こうやって喋っていても僕客観的と言うか、どんな稽古になっても僕はそこにいないし(爆笑)、ごめんなさいね、でもそういう企画にしようと思ったので(笑)、稽古を経てどうなっていくかが本当に楽しみです。でも当時は本当に一生懸命書いていたので、いや、今も一生懸命なのですが、でも本当に死にそうになって書いていたんです。しかも最初の電話のシーンだけで何日間もダメ出しをして、など思い出しますね。愛と萌の二役の演じ分けも、当時松永玲子がまだ若手で大抜擢だったので、そんなことを思い出しますので、今回の舞台は本当に楽しみです。

──本読みをした時に、キャスト同士で意外な発見などはありましたか?

 これから稽古を重ねていく中でどんどん見えてくると思うのですが、ブルゾンさんとは取材も1日ご一緒させていただいて「私はこの人に頼っていこう」と思ったくらい、頼りがいのある、どっしりと構えてくださると言いますか、裕美さんに怒られそうになったらブルゾンさんの後ろに隠れようかなと思っています(笑)。

ブルゾン 私は今の言葉が意外です!そんな風に思っていたのかと(笑)。あとは、意外なっていうほどはなく、でも想像通りと言うのも変なのですが(笑)、読み合わせをした時に緊張感が張り詰めて、これからの稽古が不安だなと言うような空気では全然なくて、これから何ヶ月一緒にいられることが楽しみだな、濃密な機会になりそうだなと感じました。

朝倉 私も意外ということですなく、あぁ皆さんすごいと思っていたのですが、1回目から2回目の読み合わせをしていく中で、皆さんがもっと核心に迫っていく、近くにいないと味わえない魅力を感じたので、これが稽古を重ねていくうちにもっと感じられたらいいなと思いました。

シルビア 意外なところはまだ見つけられていないのですが、ということは皆さん自然体なんだと思います。ただ、読んだ時にここでこんなにエネルギーを出すんだ!というびっくりがありました。

鈴木 ただの事務所の会議室だったからね(笑)。

シルビア あそこまですごいエネルギーが湧き上がる人たちが集まったな!という想いがあって、ブルゾンさんがおっしゃったようにこれから稽古場に行くんだ、という怯えがなくなったと思いました。

ブルゾン これから稽古でもし意見が合わないというようなことが起こったとしても、陰湿な方に行かないチームになりそうだなという感じはありました。一人をはぶいてLINEを作ったりね(爆笑)。

鈴木 そんなことない!(爆笑)

ブルゾン ないけど(爆笑)、そういう感じじゃないっていう!

KERA 4人しかいないのに一人を省いたらさ!(爆笑)

ブルゾン だから(笑)昔でいうと靴に何かを仕込むとかじゃなくて(爆笑)腕相撲で決めるとかいう(笑)陽の方に行けるチームだなと感じました!

──KERAさん、これを機会に次は日生劇場や、帝劇で新作を書きたい!というお気持ちは?

KERA やらせていただけるならなんでもやりたいですけれども、前に井上芳雄君とストレートプレイをやった時に「今度はミュージカルをやりましょう!」と盛り上がったりもしましたが、大きいところでやって色々失敗しているので(爆笑)。でも面白そうなことならなんでもやりたいと思います。

──では、最後に代表して鈴木裕美さんに皆さんへのメッセージをお願いします

裕美 私皆さんの意外なところは?という質問はいただかなかったのですが、ブルゾンさんの意外なところがすごく演劇少女だったところで「そんなに演劇好きか?」というのがすごく意外でした(笑)。今、皆さんにお話いただいたように、非常に前向きで「やろうぜ!」という感じでいてくださって、最初の読み合わせから「そこまでのテンションでいてくださるんですね」と、本当に楽しみになりました。KERAさんには比較的下北沢のイメージがあると思うのですが(笑)、日比谷にKERAさんと言うのも、東京宝塚劇場の前で、隣はシャンテというところも面白いと思いますので(笑)、一生懸命やりますから是非ご期待ください!

〈公演情報〉

KERA CROSS 第1弾 『フローズン・ビーチ』

作◇ケラリーノ・サンドロヴィッチ

演出◇鈴木裕美

出演◇鈴木杏 ブルゾンちえみ 朝倉あき シルビア・グラブ

●7/31~8/11◎シアタークリエ

〈料金〉9,000円(全席指定・税込)

〈一般前売開始〉5月18日(土)

●プレビュー公演 7/12~14◎神奈川 杜のホールはしもと・ホール

●7/25◎新潟 長岡市立劇場 大ホール

●7/28◎福島 いわき芸術文化交流館アリオス 大ホール

●8/16~18◎大阪 サンケイホールブリーゼ

●8/21◎静岡 静岡市清水文化会館マリナート

●8/23◎名古屋 日本特殊陶業市民会館ビレッジホール

●8/28◎高知 須崎市立市民文化会館 大ホール

●8/31◎高松 レクザムホール(香川県県民ホール) 小ホール

〈公演HP〉https://www.keracross.com

 

【取材・文・撮影/橘涼香】

 

記事を検索

観劇予報の最新記事

石田ひかり×松風理咲 二人芝居『A列車に乗っていこう』7月に全国巡演!
DIAMOND☆DOGSが充電期間を経て、新メンバー3名を加えて、再始動! 
CBGKシブゲキ!! presents『春母夏母秋母冬母』来年2月上演決定!
篠田麻里子主演舞台~刑事 雪平夏見シリーズ~『殺してもいい命』開幕!
佐野勇斗の舞台初主演、新キャストで『里見八犬伝』2019年秋、待望の上演! 

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報