お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

KERA CROSS第二弾 舞台『グッドバイ』全キャストビジュアル&配役発表!


劇作家・演出家のケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)が、2015年、太宰治の未完の遺作小説をベースに、まったく新たなドラマを紡ぎ出し、数々の演劇賞を受賞した舞台『グッドバイ』。

その『グッドバイ』が、2020年1月~2月に“KERA CROSS第二弾”として、生瀬勝久が演出、藤木直人、ソニン、をはじめとした個性溢れる俳優陣が出演することで早くも話題となっているが、この度、全キャストのビジュアルと配役が公開された。

「KERA CROSS」は、話題の新作を精力的に作り続けるKERAの、過去の名作戯曲を、KERA以外の才気溢れる演出家たちの手で新たに創り上げるシリーズ。その第二弾の『グッドバイ』では、俳優としても活躍中の生瀬勝久が10年ぶりに演出を担う。更に、第三弾に河原雅彦、第四弾に三浦直之(ロロ)といった、気鋭の演出家の参加が発表されており、第五弾として、KERA自身が、自らの過去作品に挑むことも発表されている。

KERA初のラブコメ作品であり、「人間失格」や「斜陽」といった太宰のデカダンス作品とはまた異なるコミカルでシニカルでユーモラスな魅力に溢れた作品。KERAは太宰の絶筆のバトンを引き継ぎ、生き生きと魅力的な登場人物たちのキャラクターを描き切った。

 

【ストーリー】

田島周二は、妻子を田舎に残し東京で暮らす雑誌編集者だが、その体裁の裏では闇商売で儲け10人もの愛人を抱える不埒な男。しかしそんな田島もいつしか、妻子を東京に呼び寄せ女たちと別れようと思い始めたそんな折、怪力で大食いの美女・永井キヌ子と出会ったことから珍騒動が展開してゆく……。

雑誌編集者をしながら、多くの愛人を抱える不埒な男・田島周二が、東京に妻子を呼び寄せ、女たちと別れようと思い始める。そんな時に、怪力で大食いの美女・永井キヌ子と出会ったことから、珍騒動が展開してゆく物語。

藤木が田島を演じ、キヌ子をソニン、小説家の連行を生瀬が演じることはすでに公開されているが、その他の全ての配役も発表され、このキャストが生瀬勝久演出の下、どのような化学反応を起こすのか期待感が高まる。

 

上段/田中真琴 能條愛未 朴璐美 小松和重 入野自由 長井短  下段/MIO 生瀬勝久 ソニン 藤木直人 真飛聖  YAE

【配役】

藤木 直人:田島周二 役(文芸誌「オベリスク」編集長)
ソニン:永井キヌ子 役(闇市のかつぎ屋)
真飛聖:田島静江 役(田島周二の妻)
朴璐美::大櫛加代 役(内科医、田島の愛人)
長井短:水原ケイ子 役(挿絵画家、田島の愛人)
能條愛未:青木保子 役(美容師、田島の愛人)
田中真琴:草壁よし 役(百姓の娘、田島の愛人)
MIO :田島幸子 役 (田島周二の娘)
YAE :田島幸子 役 (田島周二の娘)
入野自由:清川 役 (文芸誌「オベリスク」編集部員)
小松和重:水原健一 役 (水原ケイ子の兄)
生瀬 勝久:連行 役(小説家)

【公演情報】
KERA CROSS 第二弾『グッドバイ』
原作:太宰 治(「グッド・バイ」)
脚本:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
演出:生瀬勝久
出演: 藤木直人 ソニン 真飛聖 朴璐美 長井短 能條愛未 田中真琴 MIO YAE
入野自由 小松和重 生瀬勝久
演奏:杉田のぞみ(Vn.)
●2020/1/11~13◎かめありリリオホール
●2020/2/4~16◎シアタークリエ
●2020/1/16◎山形 山形市民会館
●2020/1/18◎新潟 岡市立劇場
●2020/1/21◎広島 JMSアステールプラザ 大ホール
●2020/1/23◎大阪 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
●2020/1/28◎香川 レクザムホール(香川県県民ホール)小ホール
●2020/1/30・31◎愛知 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
●2020/2/2◎福島 パルセいいざか
〈KERA CROSS オフィシャルサイト 〉https://www.keracross.com

記事を検索

観劇予報の最新記事

新作歌舞伎『風の谷のナウシカ』全国の 映画館で ディレイビューイング 上映決定 !
歌舞伎座「十二月大歌舞伎」で再び『阿古屋』に挑む! 中村梅枝&中村児太郎インタビュー
栗山民也×鈴木杏で三好十郎の一人芝居『殺意(ストリップショウ)』来年 7 月上演!
ユニット公演第二弾『神の子』まもなく開幕!田中哲司・大森南朋・赤堀雅秋インタビュー
新国立劇場シリーズ【ことぜん】『タージマハルの衛兵』開幕!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報