お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

ホストたちの汗と涙を華やかに飾る『私のホストちゃんTHE LAST LIVE』 ~最後まで愛をナメんなよ!~」松岡充・森田桐矢インタビュー

観客とともに作り上げてきたエンターテイメント舞台「私のホストちゃん」シリーズがついに最終章となる。
ラストを飾る公演は、「舞台『私のホストちゃんTHE LAST LIVE』 ~最後まで愛をナメんなよ!~」。昨年2月の「THE PREMIUM」のメンバーをはじめとする人気ホストの面々が、珠玉の名曲たちを歌い踊る「ホストちゃん」でしか見られないパフォーマンスが満載のステージだ。
そんなLAST LIVEへの思いを、「『私のホストちゃん』~血闘!福岡中洲編~」で伝説のホストとして主演した松岡 充、そしてREBORNシリーズから参加して4作目となる森田桐矢に、いよいよ最後となる「私のホストちゃん」への思いを話してもらった「えんぶ2月号」のインタビューを別バージョンの写真とともにご紹介する。

松岡充 森田桐矢

ランキングで勝つのはやっぱり人間としての魅力

──松岡さんは2014年の『福岡中洲編』がシリーズ初登場でした。出演して感じたこの作品の面白さは?

松岡 ホストの話なんですけど、演劇界で生きていこうという若い世代の人たちの姿とリアルに重なるんです。舞台の上でバチバチ火花を散らし合って、しのぎを削る闘いがある。そういう意味では画期的な題材だし、面白いなと。それに観客による投票ランキングがあって、応援する人の気持ちが舞台に直接反映される。でもそのランキングで最終的に勝つのは、やっぱり人間の魅力で。現実の世界でもそうですけれど、旬だとかフレッシュだとか勢いとかではなく、やっぱり優しい人間が勝つと思うんです。

森田 僕もそう思います。人間的にパワーがあって、なおかつ皆を惹きつける力を持っている人が上に行く。舞台の中でのランキングといえど、役だけじゃない、人間としてのランキングが出るんだなと。とてもシビアですけど、得るものがすごくありますね。

──森田さんは以前から松岡さんのファンだったそうですね。

森田 映画の『仮面ライダー』を観て大好きになって、松岡さんの変身ベルトを買ったり(笑)、もちろんミュージシャンとしても大好きでCDも持ってます。こうして共演できるなんて「ホストちゃん最高だぜ!」と(笑)。

松岡 REBORNの1作目に僕がゲストで出たとき、まだ10代だったよね?

森田 19歳で、未成年ホストでした(笑)。

松岡 (笑)でもそこから連続で出て、今やシリーズにかかせない存在になっているからすごい。

森田 松岡さんにそう言っていただけるなんて!(笑)そのときゲストコーナーがあって、「仮面ライダーエターナル」の話をしたんですけど、松岡さんからすごく良い匂いがしたから、追いかけていって「何の香水使ってるんですか?」って。いまだにそれ使ってます。

松岡 え、マジで? 嬉しいね!

熱い時を過ごした人たちもまた青春しに来てください

──スペシャルライブでは、どんな曲を歌う予定ですか?

松岡 選曲はこれからですが、僕が出た「中洲編」の曲も、持ち歌だけでなく他の曲を歌うかもしれません。シリーズ全編から選曲された楽曲を色々な人が歌うので、懐かしさと新鮮さがあるライブになるんじゃないかな。

森田 もし歌えるなら、僕の店のクラブ・ローズの曲を歌いたいですね。3年間ずっと歌ってきたので思い入れがあるんです。あと「大阪ミナミ編」の中のバトルの曲や、「REBORN」より前の世代にも好きな曲があるので、色々聞けたら嬉しいですね。

──松岡さんと一緒に歌うシーンはありそうですか?

松岡 あるんじゃないかなぁ。

森田 そうなったら最高ですね!

──盛り上がるライブになりそうですね。では改めてこの舞台のアピールを。

森田 クラブ・ローズもついに閉店してしまうのですが、今まで応援してきてくれた沢山のお客様、「姫」たちに恩返しができるライブにしたい。「恩返し」という言葉が僕のキーワードです。

松岡 素敵だね。今、桐矢君が言ったように「ホストちゃんシリーズ」って、観客の皆さんに「一緒に創りませんか?」という提案の作品だったと思うんです。今回はPREMIUMのキャストがメインですが、PREMIUMまでの歴史には沢山のホストたちがいて、歌った曲には彼らの汗と涙が染み込んでいる。最後に僕らがそんな思い入れたっぷりの曲たちを華やかに歌って、今までの舞台を賛美しながら良い形で幕を閉めたい。だからこれまで「ホストちゃん」で熱い時を一緒に過ごした方たちにもぜひ来てほしい。「また青春しに来てください」と言いたいですね。

森田桐矢 松岡充

まつおかみつる○大阪府出身。ロックバンドSOPHIAのボーカリストとして95年デビュー。13年SOPHIAの活動休止後、MICHAELを結成。音楽活動、番組MC、フォトグラファー、小説、エッセイの執筆などジャンルを超えて活躍中。最近の出演作品は、映画『TOKYOデジベル』(主演・辻仁成監督)、舞台『三文オペラ』音楽劇『ローリング・ソング』浪漫活劇『るろうに剣心』『ソーホー・シンダーズ』『絶唱サロメ』など。

もりたとうや○埼玉県出身。舞台「私のホストちゃん」シリーズ、舞台『わが家の最終的解決』、舞台『暁の帝~壬申の乱編~』、『若様組まいる~若様とロマン~』、ミュージカル「陰陽師」~大江山編~などに出演。

【公演情報】
舞台『私のホストちゃん』THE LAST LIVE~最後まで愛をナメんなよ!~
総合プロデュース◇鈴木おさむ
構成・演出◇村上大樹
出演◇ソンジェ(SUPERNOVA) 米原幸佑 吉田広大(X4) 森田桐矢 T-MAX(X4) 三浦海里 釣本南 西野太盛 高岡裕貴 白柏寿大 JUKIYA(X4) 蔵田尚樹(未来) 藤戸佑飛 杉江優篤 上野貴博 緒方雅史[甘王]
Special Cast◇松岡充(SOPHIA/MICHAEL)
●1/30~2/2◎東京・日本青年館ホール
●2/11◎愛知・名古屋市公会堂
●2/14~16◎大阪・NHK大阪ホール
〈公式サイト〉https://www.hostchan.jp

 

【構成・文/宮田華子 撮影/中村嘉昭 ヘアメイク/笹川知香(松岡充)】

記事を検索

観劇予報の最新記事

劇団☆新感線39興行春公演 いのうえ歌舞伎『偽義経冥界歌』東京公演が開幕。ライブビューイング開催が決定!
井上ひさしの傑作戯曲が、藤田俊太郎の手によって鮮やかに現代に蘇る!『天保十二年のシェイクスピア』
今泉佑唯が4代目あずみに挑む『あずみ~戦国編』制作発表レポ―ト
多彩な音楽のパワーが紡ぐ人を愛する尊さと痛み ミュージカル回想録『HANDRED DAYS ハンドレッドデイズ』
野田秀樹 作・演出・出演『One Green Bottle』台湾・NY公演へ! 稽古場レポート&インタビュー

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報