お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

「が~まるちょば LIVE 2022 STORIES “ PLEASE PLEASE MIME ”」開幕!

言葉を使わず、動きだけで人生の喜怒哀楽を描き出すブラッシュアップされた舞台公演「が~まるちょば LIVE 2022 STORIES “ PLEASE PLEASE MIME ”」が、1月7日に紀伊國屋ホールで開幕した(9日まで)

本公演は、昨年1月に 東京・紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAで行った「が~まるちょば LIVE 2021 STORIES “PLEASE PLEASE MIME”」の再演。ソリストとして意味のある舞台芸術作品を届けることをテーマに、セットのないシンプルなステージの上で、言葉を使わず身体ひとつで複数の物語を展開していく。

2021年10月に行われた合同取材会で、自身が「この1年で、(自分のことを)初めて知っていただいた人たちに向けて、パントマイムってこういうものなんだと知ってもらうために、ちょっと工夫しなければいけない部分もあるかなと思っております」と語っていた通り、昨年にはなかったパントマイム・ショーの要素をオープニングに“ちょびっと”追加。自身のトレードマークとも言えるモヒカン姿で、テレビなどでおなじみのパフォーマンスを披露。会場の笑いを誘い、が~まるちょばの世界へと引き込んでいく。

本編は複数のショートスケッチと長編『指環』の2幕構成。後半に登場する『指環』は、これぞが~まるちょばと言えるストーリー性の高い長編。

その名の通り〈指環〉を軸に、とある男性の人生の中で起こった出来事を描き、長い期間をかけて環境や感情が変化していく主人公はもちろん、彼に関わる登場人物との出逢いや成長もすべて一人で表現した大作。

さまざまな喜怒哀楽の形やキャラクターの個性や置かれている状況、感情の移り変わりを、声を発することは一切なく、身体一つで表現するまさにパントマイムの凄さを感じる本編は、どれも圧巻のステージとなっている。

 

【コメント】
が~まるちょば
昨年、東京都に緊急事態宣言が発令されたのが1月7日。
やむなく3公演を中止にせざるを得なかった2021年の「PLEASE PLEASE MIME」でしたが、奇しくも1年後の2022年1月7日から満席のお客様を迎えて「PLEASE PLEASE MIME」の再演が実現します!
舞台を観て頂けることのなんと嬉しいことでしょう!
その喜びと、そしてパントマイムの醍醐味を受け取って頂ける様に、舞台の上で精一杯努めたいと思います。

【公演情報】
「が~まるちょば LIVE 2022 STORIES “ PLEASE PLEASE MIME ”
作・演出・出演:が~まるちょば
●1/7~9◎紀伊國屋ホール
〈料金〉前売・当日5,000 円(全席指定・税込・未就学児童入場不可)
※開場は開演の45 分前
〈お問い合わせ〉サンライズプロモーション東京0570-00-3337(平日12:00~15:00)
〈公式サイト〉http://www.gamarjobat.com/

記事を検索

観劇予報の最新記事

ミュージカル時代活劇映画『まくをおろすな!』LIVEに高柳明音、緒月遠麻、坂元健児の出演も決定!
屋良朝幸主演『スラムドッグ$ミリオネア』メインビジュアルとコメント公開!
熊谷和徳が伝統音楽をタップで繋ぐ『熊谷和徳「VOICE ヴォイス」』間もなく開幕!
舞台『リプシンカ ~ヒールをはいた男!?たち~ 』メインビジュアル公開!
中村芝翫・ 南果歩・髙地優吾・生駒里奈らの出演で『夏の夜の夢』9月に上演!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報