お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

シアタークリエ公演間もなく開幕!ミュージカル『ビッグ・フィッシュ』公開稽古レポート!

2017年日生劇場で初演され、熱い喝采に包まれた家族劇ミュージカルの決定版『ビッグ・フィッシュ』が、新たに「12chairs version」として、11月1日からシアタークリエで上演される。(28日まで。その後、愛知、兵庫公演あり)
『ビッグ・フィッシュ』は巨匠ティム・バートンが2003年に手掛けた同名映画の舞台化として2013年に誕生し、その後ブロードウェイでも上演された傑作ミュージカル。2017年、白井晃の演出による新たな日本版が登場。自らの体験談を現実にはあり得ないほど大げさに語り、聴く人を魅了するのが得意な主人公エドワード・ブルームの川平慈英。幼い頃には父の語る奇想天外な話が大好きだったが、大人になるにつれそれが作り話にしか思えなくなり、いつしか父親の話を素直に聴けなくなったばかりか、ある出来事をきっかけに父親との間に決定的な溝が生まれてしまった息子ウィルの浦井健治。夫と息子の間に生じたすれ違いに心を痛めながら、家族を愛し生きるエドワードの妻サンドラに霧矢大夢。ウィルの身重の妻で、血のつながらない新たな家族だからこそ、冷静に夫や義理の両親を見守るジョセフィーンに夢先ねね。と、キャストそれぞれの好演も光り、スペクタクルな表現もふんだんに盛り込みながら、良い意味のアナログ感も残す生の舞台の醍醐味と、親から子へと伝わる夢を信じることの大切さを伝え、大きな感動と共に2017年の演劇界の成果として刻まれる作品となった。

そんな傑作ミュージカルの待望久しい再演の舞台が、「12chairs version」と銘打たれ、シアタークリエにところを移し、12人のキャストですべてを演じられる、より凝縮された舞台として蘇る。何よりもメインキャスト全員が初演と同じ顔触れで揃うという、出演者にとってもこの作品の魅力が如何に大きなものだったかがわかる形で再演されることとなり、大きな期待が集まるなか、『ビッグ・フィッシュ』「12chairs version」がどんなものになるのかの一端が明らかになる公開稽古が、10月中旬都内で開催。10倍以上の倍率を勝ち抜いた幸運なオーディンスと集まったメディアの前で、演出家・白井晃の挨拶から、三つの場面が披露された。

【演出家挨拶】

白井 皆様おはようございます。今日はどうもありがとうございます。ご存知のように『ビッグ・フィッシユ』再演になりまして「12chairs version」12人の、12個の椅子に座っている人たちだけでやるということで、すみません初演をご覧になった方は?(挙手を募り、多くの手があがるので)あ、結構いらっしゃるんですね!日生劇場では22人でやっていたのですが、それを12人でやるというバージョンになりまして、コンパクトになった分ドラマが凝縮されているかなと思っております。ただ12人になりましたので、皆さん大変なんですよね?(役者陣に語り掛けると、一様にうなづくので温かな笑い)えぇ、大変なんです!皆さんが色々なことをやらないといけないので、いま大変なことになっているのですけれども。でもその分皆さん楽しんでやって頂いている、と思ってやっているので(笑)その辺のところを今日お稽古を見て頂いて。本当に良いドラマですし、良いミュージカルだと思っていて、私達も再演できて本当に喜んでおりますので、よりたくさんの皆様に観て頂けたらと思っております。我々、いつも通りに稽古させてもらいますので、堅苦しくなくご覧頂ければと思います(拍手)。じゃあ(川平)慈英さん1幕の「お前の幸せを祈っているんだ」のところから、こちらで切るまで続けてください!

公開稽古1「ヒーローになれ」

1幕のミュージカルナンバー「ヒーローになれ」がまず披露される。この日のヤングウィル佐藤誠悟が、川平のエドワードに寝る前に本を読んでくれとねだる。ギリシャのトロイア戦争の物語だが、エドワードはこんな本の世界ではなく、自分達が住んでいるアラバマの全ては、物語で出来ているんだ!と語り聞かせ、それが壮大なミュージカルナンバーに発展していく。場面転換の装置の移動をする役者たちの中に夢咲ねねも入っていて、早くも「12chairs version」の特色が見えてくる。

「自ら物語のヒーローになれ!愛する人を守り抜け、そうすれば人生のヒーローになれる!」という、この作品の肝と言えるエドワードの信念が、まるで冒険物語の中に入ったかのように、稽古場に絵として浮かび上がってくる。魔女や人魚が登場し、更に「12chairs version」ならではで、エドワードの息子ウィルを演じる浦井健治が、この場面ではエドワードに「魚が釣れなくて困っている」と訴える漁師役で登場!声色も変え、姿勢からすっかり作り込んだ浦井の演じぶりが楽しい。

「魚が釣れない?魚たちは眠っているだけだ!このアラバマステップがあれば、皆目を覚ますさ!」と、川平のエドワードが軽快なステップを踏むと魚が次々に飛び込んでくる。「さぁ、皆で!」と全員にステップが広がっていくミュージカルの豊かさが弾ける。「世界は冒険に満ちている、人生は愛し合い夢を生きること!物語はお前のものだ、ドラゴンと戦え、人生のヒーローになれ!」と、高らかに歌い上げられたミュージカルナンバーが見事に決まると、稽古場に大きな拍手が湧き起こった。

けれどもヤングウィルは、ステップで魚が飛び込んでくるなどという父親の話を、もう真実だとは思えなくなっている。「とても信じられない!」と訴えるヤングウィルとエドワードが言い合いになっているところで、霧矢大夢演じるエドワードの妻サンドラが登場。息子が「ステップで魚がとれるなんてこと本当にできると思う?」と言い募るのに「できると思うわ。ハンサムで勇敢な伝説のヒーローは、奥さんに頼まれた洗面所の修理だって喜んでやってくれるはずよね」と、何も否定せずに現実を持ち込む霧矢の、宝塚歌劇団時代から抜群だった、ファンタジーとリアルの巧みな表出が、サンドラの中に生き生きと躍動して楽しい。

この場面の終わりが、ちょっとした掛詞のジョークになっていたのだが、あまりにも真剣に稽古を見学していた一同が息を詰めて見つめてしまったのに、川平が苦笑。「ここイマイチウケないな!頼む、笑ってくれ!」と訴えて、やっと「あ、笑って良かったの?」という空気が流れたのに、白井も笑い出して「ここまでやるつもりじゃなかったんだけど、ちょっとここの反応を見たくて」と話したことから、稽古場は大爆笑に。さて、この場面がどうなるでしょうか?は本番のお楽しみとなったが、そのまま次の公開稽古には続かずに、白井が今の場面の位置関係や、動きの手直しをキャスト陣につけていき、あぁ、今日は本当の意味で稽古が公開されているんだ!と驚きが広がると、それに気づいたように白井が「すみません、こんな感じで、12人でやっているんです」と説明しながら、またステップの確認作業に戻っていくのが新鮮だ。

そのまま、白井が「22人でやっていたものを12人でやるために、なくなっているシーンもあり、曲も2曲ほど変わっていて、今日はそれをご披露したいと思います」と語ると歓待の拍手が。霧矢のサンドラの歌と、後半で川平のエドワードと浦井のウィルが親子喧嘩をする場面の歌が変わっているとのことで、その二つのシーンが次に披露される。

公開稽古2「彼の中の魔法」

白井が「お母さんよければ」と声をかけ「はい!」と答えた霧矢が登場。「切るまでお願いします」と稽古がスタートする。「あの人はこの世で最も頑固な男!世界ナンバー1!でもその人を愛するってことが私のやっかいな宿命なの」と語ったサンドラの霧矢が歌い出す。エドワードは変人とも天才とも言える。でも彼が魔法の力を持っているのは確か。魔法の力が彼の人生を豊かにするのよ、と歌うサンドラの新ナンバーは、どこかジャジーで実に軽快。それが霧矢の歌唱によってより効果的に広がっていく。「非科学的だ。そんな話信じられないよ!」と訴える浦井との掛け合いもリズミックだ。そこから同時進行で、物語を語る川平のエドワードと、ウィルの妻ジョセフィーンの夢咲との会話が重なるのも、演劇世界を更に弾ませてくれる。

ここでも各キャストの動きに、細かい調整がつけられていき、瞬時に対応する役者たちの表情と動きが真剣だ。そこから白井の場面説明があって、三つ目の公開稽古へと進む。

公開稽古3「二人の間の川」

白井「これは2幕でエドワードが病に倒れてしまい、お母さんも覚悟をしているところに、昔エドワードが鈴木蘭々さんにやって頂いているジェニーという、友達だった女の子に家を買ってあげた証拠が出てきてしまって、ウィルが『これはなんだ!』と責めるところです。初演ではここは幻想的な感じで、ウェスタンなシーンになっていて面白く楽しかったのですが、今回は非常に人間ドラマとして描かれています。ここのステージングは昨日できたばかりで、できたてほやほやなので…皆さん大丈夫ですか?(「はい!」という明るい返答があるので)ではやってみましょう!」

メロディーが同じ音を刻んでいくなかで、父親の行為の真実を知りたいと訴えるウィルと、触れられたくないことを、しかも息子が悪く誤解していることを察知したエドワードと口論になり、サンドラが飛び込んできて取りなすが、ウィルは「本当のことを知りたいと思っているのに、父親は夢の中に逃げ込んでしまう」とジョセフィーンに焦燥を歌い上げる。本当のことを言おうとしない父親の想いが信じられないことは父親からの愛情も信じられないことだと苛立つウィルの心情が、浦井の歌唱によって切々と投げかけられてくる。

一方エドワードは自分らしさが認められずに、もう死を目前にしている父親を理解しようとしない息子を嘆く。川平の強さと脆さの表出が真に迫り、正しいのはどちらなのかと、互いを隔てる川を見つめる二人が切なくも苦しく、キャストたちが二人の間に流れる川を表わす。この新たなナンバーによって、父と子が互いに何を求めてすれ違っているのかが、実にくっきりと浮かび上がってきた。できたばかりのシーンとのことで、動きにはまだ研究の余地があるようで「まだまだここはこれから調整があるかも知れません」と白井が語り、この緊迫した場面がシアタークリエの空間にどう描かれるのかに思いが膨らんだところで公開稽古は終了。本番を迎える舞台への期待が高まり、大きな拍手が贈られた。

その後、キャスト全員でのフォトセッションがあり、幸運なオーディエンスにも撮影タイムが設けられ、和気あいあいとした空気が広がる中、キャストを代表して川平慈英、浦井健治、霧矢大夢、夢咲ねね、演出の白井晃から、改めて意気込みが語られた。

【挨拶】

夢咲 ジョセフィーン役を演じさせて頂きます夢咲ねねです。初演から引き続き同じメンバーでこの作品にチャレンジできることがとても嬉しいです。初演とは異なり違う場面にもたくさん出させて頂いているので、初演のような気持ちで頑張っていきたいと思います。どうぞたくさん観にいらしてください。よろしくお願いいたします。

霧矢 皆様本日はお忙しい中ありがとうございます。初演に続き大好きなこの家族と再会できて本当に幸せです。今夢咲さんも言いましたけれども、サンドラ役以外にも色々な役に挑戦させて頂いていて、ただいま稽古中なのですけれども、他の役もとても楽しんでいて、本役のサンドラも覚えていないのに(笑)。しっかりと全ての役を務めていきたいと思います。素敵な『ビッグ・フィッシュ』のストーリーを皆様にお届けしたいと思いますので、どうぞ劇場にたくさん足をお運びください!ありがとうございました。

浦井 皆様ありがとうございます。初演メンバーが全員揃うという奇跡のようなチームでございます。白井さんを筆頭に皆で本当に一から作り直しと言いますか、しっかりとやっていけたらと思います。最後の慈英さんの歌を聴き、目を見ると皆涙ぐんでいる、涙が止まらないという現象が起きています。お客様の心の中にもきっと大きなビッグ・フィッシュが泳いでくださるんじゃないかなと、今回も思っておりますので、是非共皆様よろしくお願いいたします。

川平 ありがとうございます。劇場が幸せと癒しのハッピーパワースポットになるのは間違いありません!是非一人でも多くの方に、劇場に足をお運び頂きたいです!皆で一緒に幸せを共有しましょう!よろしくお願いいたします。

白井 2年半ぶりの再演となりますが、メインキャストが全員揃うという奇跡のような公演です。僕も最初に全員揃ったと聞いた時には「本当ですか?」と耳を疑ったというような状態でした。本当に素敵なミュージカルだと思いますので、たくさんの方に観て頂ければと思います。また今日ご覧頂いたように初演とは違ったものもありますし、慈英さんがタップを踏んだ時に「あぁ、このメンバーでやっている!」という喜びがありますので、是非それをお伝えできれば。どうぞよろしくお願いいたします。

と、それぞれが意欲的に語ったところで、公開稽古は終了。照明も衣装も本格的な装置もない稽古場で、これだけイマジネーションが広がるミュージカル『ビッグ・フィッシュ』の魅力が改めて伝わり、本番を心待ちにする時間となっていた。

【公演情報】
ミュージカル『ビッグ・フィッシュ』
脚本◇ジョン・オーガスト
音楽・詞◇アンドリュー・リッパ
演出◇白井晃
出演◇川平慈英 浦井健治
霧矢大夢 夢咲ねね
藤井隆 JKim 深水元基
佐田照/佐藤誠悟(Wキャスト)
東山光明 小林由佳 鈴木蘭々 ROLLY
●11/1~28◎東京・シアタークリエ
〈料金〉12,000円(全席指定・税込・未就学児童入場不可)
〈お問い合わせ〉東宝テレザーブ 03-3201-7777(9時半~17時半)
〈HP〉https://www.tohostage.com/bigfish/index.html
●12/7~8◎愛知・刈谷総合文化センターアイリス
〈お問い合わせ〉キョードー東海 052-972-7466
●12/12~15◎兵庫・兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
〈お問い合わせ〉梅田芸術劇場 06-6377-3888(10時~18時)

 

【取材・文・撮影/橘涼香】

記事を検索

観劇予報の最新記事

熱狂のミュージカルが帰ってくる!『SMOKE』2021年夏に上演決定
中村又五郎×春日太一 特別生配信トークライブ「時代劇づくりの裏側」
STAGE GATE VR シアター vol.2『Equal-イコール-』(リーディングスタイル)が開幕!
当り役で8ヶ月ぶりの舞台!「十月大歌舞伎」松本白鸚 取材会レポート
マームとジプシー『てんとてん』間もなく東京公演開幕!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト