お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

大阪松竹座「七月大歌舞伎」夏の行事「船乗り込み」を開催!

大阪松竹座では、7月3日より24日まで「七月大歌舞伎」を上演する。今年は3年ぶりに「船乗り込み」が6月29日に開催される。

「船乗り込み」は、古くは京都や江戸から役者や一座が大坂へ到着する際に行われていた行事で、昭和54(1979)年に歌舞伎公演を広く普及するために、55年ぶりに復活して以降、水都大阪に本格的な夏の到来を告げる季節の風物詩として親しまれてきた。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、昨年、一昨年の開催は残念ながら見合わせとなったが、江戸時代に大坂で生まれた古式ゆかしき伝統行事を継承するべく、今年は3年ぶりに開催することが決定した。

また、今回は俳優の乗船から式典までの一連の行事の模様を、オンラインで生配信する予定。感染症予防対策を徹底し、沿道や川岸などへの来場というかたちを避けるため、当日はオンライン生配信の画面越しに「船乗り込み」の様子を広く配信する。

【配信情報】
関西・歌舞伎を愛する会 第三十回「七月大歌舞伎」
令和4年「船乗り込み」オンライン生配信
●配信日時:2022年6月29日(水)12:00~13:30(予定)
スケジュール
12:10頃 出航
13:00頃 大阪松竹座式典
13:30頃 終了予定
※時間は前後する可能性があります
※警報発令時など、予定を変更する場合があります
※新型コロナウイルス感染症予防対策のため行事周辺での観覧はご遠慮ください。
※密集を避けるため、屋外での式典は行いません
※一般のお客様のご乗船募集はありません
●視聴方法
YouTube 松竹チャンネル他でライブ配信を予定
※詳細は決まり次第、歌舞伎美人サイトで告知
〈お問い合わせ〉大阪松竹座(代表) 06-6214-2211(10:00~17:00)

【公演情報】
関西・歌舞伎を愛する会 第三十回「七月大歌舞伎」
●2022年7月3日(日)~24日(日)◎大阪松竹座
【休演】11日(月)、19日(火)
◎昼の部 12時~
一、八重桐廓噺(やえぎりくるわばなし)
嫗山姥

井上ひさし 作「手鎖心中」より
小幡欣治 脚本・演出
大場正昭 演出
二、浮かれ心中(うかれしんじゅう)
中村勘九郎ちゅう乗り相勤め申し候

◎夜の部 16時30分~
近松門左衛門 作
村井富男 脚色
大場正昭 演出
一、堀川波の鼓(ほりかわなみのつづみ)

小幡欣治 作
大場正昭 演出
二、祇園恋づくし(ぎおんこいづくし)
中村鴈治郎 二役早替りにて相勤め申し候

〈料金〉一等席17,000円 二等席9,000円 三等席6,000円(全席指定・税込)
https://www.kabuki-bito.jp/theaters/osaka/play/744

記事を検索

観劇予報の最新記事

石野真子主演、鈴木福の大人びた表情にも注目!『きっとこれもリハーサル』メインビジュアル公開!
小柴 陸、羽野晶紀、橋本さとしでリーディングアクト『一富士茄子牛焦げルギー』が再演決定!
「尾上右近が描く和傘チャリティー企画」高額で落札、全額寄付の贈呈式
舞台『青少年アシベ』メインビジュアル公開!
丘みどりがミュージカル初挑戦!朗読ミュージカル『8000mの愛』上演決定!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報