お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

須賀貴匡、宮崎秋人、壮一帆ら実力派俳優による超濃密芝居『冬の時代』2020年3月上演!

須賀貴匡 宮崎秋人 壮一帆

演劇ユニット「unrato(アン・ラト)」とぴあ株式会社は2020年3月、東京芸術劇場シアターウエストにて、木下順二氏の戯曲『冬の時代』を上演する。

大逆事件(1910年)以降、約5年間は社会主義運動の「冬の時代」と呼ばれた。この時期、堺利彦は「売文社」をおこし、荒畑寒村と大杉栄は、雑誌「近代思想」を発行し、言葉によって世の中を動かそうと尽力し、社会運動だけではなく文化運動にも力を注いだ。

本作『冬の時代』には堺利彦や大杉栄、荒畑寒村、伊藤野枝など実在の人物が名前を変えて登場する。大正デモクラシーの波の中、彼らは考え、葛藤し、そして行動した。若い彼らは、社会とも自身とも闘い、生きる実感を手にしていく。奔放な恋愛感、人生感をも行動で示し議論し、芸術や哲学への思いを積み重ねていく。

劇団民藝での初演は1964年、東京オリンピックの年だった。2度目の東京オリンピックを迎える2020年にこの物語を上演する。今の日本も、彼らが生きた「冬の時代」と同様、閉塞感が日に日に増しているように感じられる。その現在に生きる私たちは、登場人物の人生の結末をすでに知っている。だからこそ、彼らの力いっぱい生きた姿から学び伝えるべきことがあるのではないか。表現者として主張し闘い続けた彼らの姿を見つめ直すことで、現代社会へ問いかけ、未来へとつなげたい。

堺利彦がモデルの渋六には、新国立劇場『かもめ』(鈴木裕美演出)のトリゴーリン役も記憶に新しい須賀貴匡、大杉栄がモデルの瓢風には、『ハムレット』(森新太郎演出)などさまざまな舞台で活躍する宮崎秋人、渋六の妻には宝塚歌劇団の元雪組トップスターで近年は『Le Père 父』(ラディスラス・ショラー演出)などストレートプレイでも活躍する壮一帆を迎える。ほかにも、多士済々、個性豊かなキャストが揃った。
演出は蜷川幸雄のもとでキャリアを積み、unrato公演では『I DO!I DO!』や『THE  LAST FLAPPER』などを演出、現在上演中の『受取人不明 ADDRESS  UNKNOWN』などの大河内直子が手がける。

本公演では、登場人物の実年齢に近い20代、30代、40代の若いキャストを中心に上演する。知的で情熱的な若者たちの物語を、小劇場の濃密な空間で、現代の若いキャストとともに挑む作品となる!

【あらすじ】
舞台は、大逆事件(1910年)の後、渋六が設立した、代筆や文章代行を行う「売文社」の一室。あちこちから、忍術の本や広告作成などの依頼が次々と届いている。楽天家の渋六社長のもとには、ショーやノギ、不敬漢、デブ、文学士ら多士済々の社員が集まっている。激動する社会、飄風の恋愛事件…。
雑誌「新社会」の旗上げ宣言を奥方が読み上げて…。
未来へと行動し続ける若き表現者たちを力強く描く物語。

【公演情報】
unrato#6『冬の時代』
作:木下順二
演出:大河内直子
出演:須賀貴匡・宮崎秋人/壮一帆/
青柳尊哉・池田努・若林時英・結城洋平・山下雷舞・溝口悟光・戸塚世那/
小林春世・佐藤蛍/
井上裕朗・羽子田洋子・青山達三
●2020/3/20~29◎東京芸術劇場  シアターウエスト
〈料金〉6,800円 学生(当日引換)3,800円 高校生以下(当日引換)2,800円(全席指定・税込・未就学児童入場不可)
〈前売り開始〉】2019年11月予定  チケットぴあ 他
〈お問い合わせ〉unrato@ae-on.co.jp
〈公式HP〉http://ae-on.co.jp/unrato/

 

記事を検索

観劇予報の最新記事

山崎樹範主演の~崩壊シリーズ~第3弾『派』、さらなる「崩壊」を呼んで今回も大騒ぎ!ゲネプロレポート
土田英生の人気戯曲を青木 豪が演出する舞台『相対的浮世絵』稽古場レポート
音楽劇『ハムレット』で初の海外戯曲演出に挑む 八世宗家・藤間勘十郎インタビュー
サイケデリックなフォーク・パンク・ロック・ミュージカル『Hundred Days』2020 年日本初上陸!
佐野勇斗らの新八犬士によるスペクタクル時代劇『里見八犬伝』東京公演開幕!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報