お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

韓国発の人気ミュージカル『SMOKE』新キャスト発表!

大山真志・池田有希子
東山光明/伊藤裕一・山田元
内海啓貴/工藤広夢・中村翼
木村花代/井手口帆夏

この閉ざされた世界から 煙のように、抜け出させたら……
天才詩人といわれながら、27歳の若さで異国の地・東京で亡くなった韓国人詩人、李箱(イ・サン)。『SMOKE』は彼の作品「烏瞰図 詩第15号」にインスパイアされ、2016年に誕生した韓国発のミュージカル。日本でもすでに三度上演してきたが、本年夏にも上演が決定。そしてこのたび新キャストが発表になった。

登場人物は、詩を書く男「超(チョ)」、海を描く者「海(ヘ)」、心を覗く者「紅(ホン)」の3人。“超”と“海”が女性“紅”を拉致するところから始まる物語は、話が進むほどに、扇情的なメロディとまるで謎解きをするような展開で、観客を陶酔の世界へ引き込んでいく。サスペンスのように始まった物語は、中盤で衝撃の真実が明かされ、そしてラストでは生命力のきらめきが描かれる──。観客は冒頭とラストで物語のまったく違う顔を見ることになる、衝撃的かつ重厚な作品。

日本では2018年に浅草九劇にて初演。客席を四方囲みした演出は、もともと九劇の持つ密室的な劇場空間とも相まって、舞台上と客席がまるで共犯関係になるかのような濃密な世界が展開し、中毒者が続出。口コミで評判が広がり、1か月近いセミロングラン公演は、後半になるに従いリピーターがどんどん増え、大盛況となった。翌2019年は、劇場・キャストを替えた2バージョンで上演。6月には“NEW CAST ver.”として東京芸術劇場シアターウエストで、そして7・8月には2018年キャストを中心とした“ORIGINAL CAST ver.”として再び浅草九劇で上演。作品をまた違う角度から味わうことができ、さらに『SMOKE』ファン=“愛煙家”を増やしている。

今回発表されたキャストは、オリジナルキャストである大山真志・池田有希子はもちろんのこと、超役に東山光明・伊藤裕一・山田元、海役に内海啓貴・工藤広夢・中村翼、紅役に木村花代・井手口帆夏が加わり、新たな「SMOKE」への世界へと誘う。

【STORY】
「海へ行きたい、その資金を手に入れたい」とふたりの青年・超(チョ)と海(ヘ)が、三越デパートの令嬢だという紅(ホン)を誘拐してくる。超がその監禁部屋から出ていったあと、解放してもらおうと残された海に話しかける紅。海は、目隠しを外された紅が自分の顔を見て驚いていることを不思議に思い……。

【コメント】
菅野こうめい(日本語上演台本・訳詞・演出)
SMOKEは晴れるのか?
これまで繰り返し上演して来たMusical 『SMOKE』は、今夏もしも、何事もなく上演されることになれば、四演目と言う事になります。もしも、と言うのは勿論コロナ禍において、と言う意味ですが、この「もしも」が『SMOKE』にとっては重要なキーワードなのかもしれません。
「もしも、鏡の中の自分と会話が出来たら」。李箱と言う詩人は常々思っていたのです。そして、「もしも、そうすることが出来たのなら、自分の人生をデザインし直せるに違いない」。そう信じて作品を創り続けていたと思うのです
僕がその事に気がついたのは、今回の上演を目指して行った数回のオーディションとワークショップを経ての事でした。ただ考えると、昨今、恐らく世界中の人が閉じこもることを強いられた時間の中で、似たような経験をしているのだろうな、と思うのです。
難解な作風を持った詩人の難解な人生を扱った作品故に、『SMOKE』は難解なMusicalと思われているかもしれません。でも、今回のリハーサルで、初演からのキャストと、そして新しくカンパニーに加わったキャストと一緒に、「もしも」を共有し、「間違いなく」に言い換える作業が出来れば、SMOKEは見事に晴れてくれるはずだ、と思っています。楽しみです。

大山真志
また暑い季節に『SMOKE』が帰ってきます。新たなこのメンバー…ワクワクして仕方がありません。悶えてのたうち回りながらも飛ぼうとする、3人の織りなす濃厚な『SMOKE』をお届けできたらと思います。

池田有希子
何度演じても、作品が成長したがっている溶岩のように蠢くエネルギーを台本と譜面から感じる…『SMOKE』は私にとってそんな作品です。3年前の初演時には想像もつかなかった激流が世界を襲う今、『SMOKE』を更に進化させる責任を任せていただき、こんな光栄なことはありません。登場人物の咳払い一つが放つ意味が、今この状況下で、どれだけ深く強いものに変容したか、考えただけで涙が出そう!『SMOKE』未体験の方にも「愛煙家」の方にも、是非「今この時」の作品のパワーに触れていただきたい!この煙はお客様に届いて初めて完結するのですから。

東山光明
atlas作品3作目にして、再び詩人を題材にした作品に挑ませて頂きます。
『僕とナターシャと白いロバ』の儚くも美しい恋物語からスリリングで勢いが止まらない『SMOKE』の世界へ。全く違った役どころだと感じており役を構築していくのが非常に楽しみです。
作品の印象として、三者三様膨大なセリフを吐き出しあってるその熱量に魅了された覚えがあります。またキレのあるダイナミックな音、繊細で時に狂気的な旋律は、どれも生半可では歌えないものばかりだと『BLUE RAIN』 でも味わいました。しかし歌い手にとっては最幸の挑戦。楽しみですが、心して挑みたいと思っております。愛煙家の皆様、どうぞ宜しくお願い致します。

伊藤裕一
台本の最初のページを開いた瞬間、全身に大きな衝撃が走ったのを覚えています。
冒頭からこの大きな仕掛けを抱えて演じることが『SMOKE』の難しさであり、やり甲斐であるように感じています。
まるで魂の叫びのような作中に登場する李箱の詩はどれも魅力的で、その煌きは、僕にとっては、思わず目を細めてしまうほど強い、鏡の反射のようです。また、菅野こうめいさんをはじめとする素晴らしいキャスト・スタッフの皆様とご一緒できることをとてもうれしく思います。
オーディションの結果を伺った時は、とても信じられない気持ちでありました。
何の因果か【左利き】の私です。
鏡のない部屋に入る覚悟を決めるときが来たのかもしれません。

山田元
この作品に僕は衝撃を受けました。ドラマトゥルギー、キャラクター、構成、音楽、その全てが血を沸らせ、この作品に出れていない自分に歯痒さを覚えたのです。捉えられない煙が常に纏わりつくように、もし次があるのなら必ず…そう決め込んでからは自分の無力さに絶望しながらも、弱い自分を超えるように日々過ごしてきました。
今回’超’を演じる機会を頂けたこと大変嬉しく思っています。
それでもまだまだまだまだたりない。
素晴らしいキャストの皆さんと創り上げる2021年版『SMOKE』、是非楽しみにしていてください。

内海啓貴
2018年、ミュージカル『SMOKE』の日本初演を知人の紹介で観に行きました。
耳に残る綺麗で特徴のある旋律と天才詩人の詩でできた歌と三人が織りなす物語が合わさり、とても見応えのある作品だなと思いました。
特に<海>の感情の中で<超>と<紅>がグルグルと蠢いていて、<海>をどう演じるか次第で作品の色が変わってくるのではないかと感じているので僕にしかできない色々な表情の<海>を魅せたいと思っています。
役者の熱量や息遣いを感じられる素敵な空間で、自分の<海>が観にきて下さった方々にどんな熱量で伝えられるか、とても楽しみです。

工藤広夢
前回の公演を観せていただきましたが、その時はまさか自分が出演する事になるとは思ってもいませんでした。とても光栄ですし、間違いなく僕の役者人生の大きな一歩になると確信しています。
『SMOKE』は、演じる側からみると、自分と向き合うということの究極を教えてもらえるような作品だと思います。イ・サンという一人の天才がどのようにもがき、その先に何を見つけたのか。この作品の魅力を伝える架け橋になれるよう、ひたすら海という役を考え抜いていきたいです
オーディションを経て、自分にはまだまだ課題がみつかっていますので、稽古ができるのが楽しみで興奮しています!どうぞよろしくお願いします。

中村翼
『SMOKE』のオーディションは、今までのオーディションの中で一番長いものでした。オーディションというよりまるで稽古場のようで、作品にどっぷり浸かった日々でした。色々学ばさせて頂きましたし、沢山チャレンジがあったとても貴重な体験でした。
それほど長く『SMOKE』の世界一色だったので、海として『SMOKE』に関わらせていただくことが決まったときは、感無量でした
初めてのロングランの公演、3人芝居でその3人が実は、、、?という特殊な作品。初めてのことばかりですが、今までの海とはまた違う、自分にしか出せない海になるよう2021年バージョンの新しい『SMOKE』を作れるよう挑戦していきたいです。

木村花代
「好き」か「嫌い」かで言えば「大好物」(笑)。
観劇した後の感想はこれでした(笑)。
ただ、役者としては精神的にも肉体的にも鍛えていかなければ成り立たない手強い作品だなと・・・。その時演じてる方々を心の底から尊敬した事を思い出します。
今回出演が決まった時に、台本と一緒に送られてきた資料に「最も難しいキャラクターが紅だ」と書かれてあり「解釈は無数のスモーク」の持つ意味も、これから自分の肉体を通して全身全霊で役を生きる事になるんだと思うとゾクゾクします。
のめり込む事間違いなしなので、言葉の通り「三位一体」となって共演者の方々と体当たりで創り上げていきたいです。

井手口帆夏
一昨年、初めてこの作品を観劇したとき、人間のうごめく感情のエネルギーが身体を突き抜けていくような感覚に圧倒されました。瞬きさえ勿体ないと思いながら観ていた作品に、出演できる喜びと、今度は自分があの空間に立つんだという緊張感で胸がいっぱいです。
この作品に出演することは、私にとって役者としての新たな一歩でもあります。自分自身と向き合うことが、この作品と向き合うことにも繋がると思うので、誠心誠意自分とぶつかっていこうと思います。
まだ見ぬ自分を呼び起こし『SMOKE』の世界に飛び込みます。よろしくお願いします!

【公演情報】
ミュージカル『SMOKE』
PRODUCED BY SOO RO KIM & MIN JONG KIM
MUSIC BY SOO HYUN HUH
BOOK & DIRECTED BY JUNG HWA CHOO
作:チュ・ジョンファ
音楽:ホ・スヒョン
日本語台本・演出:菅野こうめい
振付:広崎うらん
音楽監督:河谷萌奈美
出演:大山真志・池田有希子
東山光明/伊藤裕一・山田元
内海啓貴/工藤広夢・中村翼
木村花代/井手口帆夏 他
●2021年夏 上演決定
※詳しい公演期間、劇場は後日発表
〈公式サイト〉http://musical-smoke.com/
〈公式Twitter〉@musicalSMOKE

記事を検索

観劇予報の最新記事

井上ひさしを小川絵梨子が初演出する傑作喜劇『キネマの天地』上演! 
T-worksが昨年コロナ禍で延期した作品『THE Negotiation:Returns』を6月に上演!
大パルコ人④マジロックオペラ『愛が世界を救います(ただし屁がでます)』公演決定!
坂元裕二 朗読劇2021「忘れえぬ 忘れえぬ」、「初恋」と「不倫」開幕!
ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』イメージビジュアル発表!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト

LINK公演情報