お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

野木萌葱×和田憲明の傑作『三億円事件』10月に再演!

2016年に上演され、大きな反響を呼んだウォーキング・スタッフ プロデュース『三億円事件』。その舞台が10月12日より20日まで、シアター711で再演される。

本作『三億円事件』は、昭和史に残る未解決事件「三億円事件」の事実をもとに、野木萌葱が新たな解釈と視点を加えて描いた傑作で、野木の劇団パラドックス定数では2002年と2008年に上演されている。
そして2016年、ウォーキング・スタッフ プロデュース『三億円事件』では、和田憲明が演出を手がけ、高い評価を受け、第24回読売演劇大賞優秀作品賞を受賞した。その評判を耳にした観客からの強い要望もあり、今回の再演となった。

1968年12月10日に発生した三億円強奪事件。時効成立直前、特別捜査本部に取り残された捜査員たちの最後の三ヶ月。時効を迎えた瞬間、最後まで諦めずに走りつづけた捜査員たちは何を思うのか……。組織の中で警察官の葛藤はどこに向かうのか……。

捜査員たちの意地とプライドの交錯、人間味あるリアルな会話、臨場感や緊迫感、役者の息遣いまでが伝わるシアター711の小スペースで演じられる。まるで特別捜査本部の一室を覗き見ているような作品だ。今回は新たなキャスティングにより、新鮮味のあるブラッシュアップした作品に創り上げる。

【役と出演者】
○府中署刑事課
馬見塚警部/中西良太
高瀬巡査部長/福本伸一
華山巡査部長/八代進一
天本巡査部長/小林大介
○警視庁捜査一課
荻荘警視/おかやまはじめ
古城巡査部長/若杉宏二
白砂警部補/加納幸和
宮内巡査部長/石田佳央

【公演情報】
ウォーキング・スタッフ プロデュース『三億円事件』
脚本:野木萌葱
演出:和田憲明
出演:中西良太、加納幸和(花組芝居)、福本伸一(ラッパ屋)、若杉宏二、おかやまはじめ(ラッパ屋)、八代進一(花組芝居)、小林大介(花組芝居)、石田佳央
●10/12~20◎シアター711
〈料金〉前売4000円 当日4500円(全席指定・税込・未就学児童入場不可)
〈チケット取扱い〉カンフェティ0120-240-540(オペレーター対応/平日10:00~18:00) 
http://confetti-web.com/3okuen
〈劇団HP〉http://ishii-mitsuzo.com/category/walking-staff-produce

※札幌公演(札幌えんかん公演)
●10/25~29◎コンカリーニョ

記事を検索

観劇予報の最新記事

大ヒット歴史ミュージカル『マリー・ アントワネット』が2021年1月、待望の再演!
ピンターの傑作戯曲『BETRAYAL 背信』を壮一帆、中丸シオンらの2チームで上演!
「カンテレ×劇団Patchプロジェクト」 始動! 第一弾はラブ・サスペンス音楽朗読劇『マインド・リマインド~I am…~』
舞台『銀牙-流れ星 銀-』~牙城決戦編~、全情報を解禁!
タクフェス第8弾は名作『くちづけ』金田明夫、小島藤子ほか全出演者発表!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト