お芝居観るならまずはココ!雑誌『えんぶ』の情報サイト。

縁の深い濱田めぐみと海宝直人がゲスト出演『福井晶一 Premium Birthday Live 2019』レポート

2019年11月9日に、福井晶一が『福井晶一 Premium Birthday Live 2019』を開催した。会場のLIVING ROOM CAFE&DINNGは、温かみのあるインテリアが素敵なおしゃれな空間。美味しい食事を楽しんで、ライブでは福井の豊かな歌声を堪能する、贅沢な時間になった。さらに、福井が「大事な節目節目でご一緒してきた豪華なゲスト」と紹介したふたり、第一部の濱田めぐみ、第二部の海宝直人とのデュエットは、ここでしか聞けないプレミアムな歌声だった。ライブの様子をお届けする。

バースデー翌日に開催された今回のライブ。「これまでに関わってくださった、応援してくれたすべての皆さんへの感謝の思いを込めたライブです」と挨拶。第一部は“太陽”をイメージした「the sun of the Nile」、第二部は“月”をイメージした「Oh,What A Night」というオリジナルカクテルも用意されていた。ジャズスタンダードナンバー「Fly Me to the Moon」からスタートしたライブは、ピアノとパーカッションとヴァイオリンという、それぞれの音がシンプルに際立つ編成。福井の艶やかで情感あふれる豊かな歌声を、ゆったりとした空気のなかで味う。福井が出演した『アメリカンラプソディ』でご一緒した、ジャズピアニストの佐藤允彦との縁で出演した、愛知県岡崎市のジャズライブの話も織り交ぜ、大人の雰囲気の会場にあわせてセレクトしたナンバーとのこと。2曲目は松田聖子の「SWEET MEMORIES」。小学生の時にCMで聞いた曲と当時を振り返りながら、「大人になって聞くと染みる曲ですよね」と語りかけた。

次は、『エビータ』メドレー。「星降る今宵に」「飛躍に向かって」「空を行く」の3曲を立て続けて歌う。「星降る今宵に」では客席に近づいて愛を歌いかけたり。アルゼンチンの景色が次々に浮かぶような、ドラマティックなナンバーが続く。『エビータ』はアンドリュー・ロイド=ウェバーの作曲だが、福井はロイド=ウェバー作品のなかでも一番好きだそう。「ロック、クラシカル、いろんなジャンルの複雑な楽曲が入っていて、魔術をかけられているみたい」と話していたが、この3曲だけでもその幅広さを感じる選曲だ。『エビータ』は福井が劇団四季の研究所を出てすぐに出演した作品で、先輩方にいろいろ教わりながら、悔しい思いも嬉しい思いもたくさん経験した大切な作品とのこと。当時は踊りが苦手だったが、激しいダンスがあり、毎日稽古して何とか頑張り、その努力が後の『キャッツ』に繋がっていったという秘話も話していた。さらに、「共にいてアルゼンチーナ」のなかで青年将校が歌う一節「つかのまの勝利に過ぎぬ~♪」という低音パートをオーディションで歌うことになり、当時初めて浅利(慶太)に声を認識してもらったとのエピソードも。この歌は1997年版『エビータ』CDに入っているそうだ。

続いては、福井の2枚のCDに収録されている曲。『Blessings~いつもそばに』に収録されている『ジキル&ハイド』から「時が来た」、『VOCE』に収録されている「ユー・レイズ・ミー・アップ」を続けて歌った。CD製作をしていた当時に、故郷である北海道で地震が起こり、何か北海道に向けてメッセージを送れる曲をと「ユー・レイズ・ミー・アップ」を収録した話も。もちろんただ曲を聴くだけでもそのメッセージは伝わってくるが、自身の思いをその言葉で伺うと、より深まる。福井のクリアな声が静かに広がっていく時間は、暗闇の向こうから差し込む光が降り注ぐ、美しくも力強いエネルギーに満ちていた。

そして、今回のハイライトのひとつだったのが、オリジナル楽曲「フルスイング」。この曲が出来たいきさつを説明すると、福井の出身校でもある舞台芸術学院演劇科の同期が集まった劇団ペテカン主宰・濱田龍司、同劇団員・四條久美子、シンガソングライター井上侑がパーソナリティーをしているラジオ『ミドラン』に福井が出演した際、ペテカン脚本・演出家の本田誠人が福井のために朗読劇を書き下ろした。福井が高校まで野球をしていたことから作られたオリジナルストーリーで、プロ野球選手の引退を描いた切なく温かい物語だ。その時に作った短いメロディを元に、ライブ用に作ってくれた曲だそう。優しいメロディと福井の表現力で、一気に物語世界に引き込まれ、彼が懸命に生きた時間と、思うようには行かなかったやるせなさ、支えてきた家族の温かさに思いを馳せた。

続いては『アイーダ』コーナー。力強い「勝利ほほえむ」は、会場から手拍子が起こった。「ラダメスの手紙」をしっとりと歌うと、その手紙のメッセージに応えるように、客席後方から1部ゲストの濱田が登場。「星のさだめ」をデュエットで聞かせた。ラダメスとアイーダの時を超えたふたりの再会を喜び、客席からはため息がこぼれた。一転、トークになると、すっかりくだけるふたり。学生時代からの長い縁を振り返り、楽しいトークが止まらない。今年の『レ・ミゼラブル』バルジャンとファンテーヌ役で共演した話などで大いに盛り上がった。ノリに乗った濱田のトークに、ついていく福井という、コンビのようなおふたりの様子も面白い。次回の共演作品ミュージカル『シャボン玉とんだ宇宙(ソラ)までとんだ』の話では、ふたりの大切な作品への思いを語っていた。

濱田のソロナンバーは『ウィキッド』から「魔法使いと私」。一気に会場の空気を動かし、力強く歌い上げる。エルファバのパワーに圧倒された。「もう一曲デュエットを」と濱田からのリクエストで『エリザベート』から「私が踊る時」。意外な選曲に客席からも驚きの声があがった。これまで数々の組み合わせで聞いてきた楽曲だが、超実力派のふたりによる大人のデュエットは新鮮で、聞きごたえたっぷり。このタイミングでバースデーサプライズでバースデーケーキが登場! 濱田のバースデーソングで運び込まれる豪華なケーキを手に大喜びの福井。

後半戦はジブリ映画『風立ちぬ』の主題歌でもある「ひこうき雲」、中島みゆきの「糸」と続く。耳に馴染んでいる有名なポップス曲も、福井の歌声で聞くとよりドラマティックになり、また違った印象が生まれる。「46歳になって、これまでの人との出会いを深く感じて、応援していただいている皆様のおかげで、長く歌い舞台に立てています」と改めて感謝の思いを言葉にした。最後の曲は、福井の代表作品のひとつである『美女と野獣』より「愛せぬならば」。ビーストの苦悩を歌い上げた。客席の温かい拍手に応えて再び登場し、アンコールは『レ・ミゼラブル』より「彼を帰して」を歌った。

第二部は『アイーダ』に変わって『ジャージー・ボーイズ』の楽曲「My Eyes Adored You」をしっとりと聴かせる。続いて『君の瞳に恋してる』が始まると自然と手拍子が起こった。ゲストの海宝が客席後方に登場して歌い始めると、さわやかな空気が吹き込んだ。ステージに並んで一緒に歌いはじめると、楽しそうにぴょんぴょん跳ねる海宝。その姿に目を細めて共に盛り上がる福井。手拍子も一層大きくなって、一気に盛り上がる。ふたりの共演作品『ジャージー・ボーイズ』は、ちょうど一年前の11月10日がチームWHITEの大千秋楽だった。懐かしいチームWHITEが蘇る。ふたりの出会いは『美女と野獣』パン屋さんとチップ。海宝のデビュー作品で、「なんとなく覚えています。福井さんは優しいパン屋さんのイメージ!」と振り返る。2015年で再びの共演となった『レ・ミゼラブル』や、『ジャージー・ボーイズ』の思い出話に、大いに盛り上がった。

海宝のソロナンバーは『ヘラクレス』から「Go the Distance」。伸びやかな歌声に会場中が聞き惚れるひとときだった。そして福井と海宝のデュエット2曲目は、海宝のリクエストで『シークレット・ガーデン』から「Lily’s Eyes」。「男性ふたりのデュエットが非常に少ないのですが、この曲を思いつきました。福井さんの声で、めちゃめちゃ素敵な歌になると思いリクエストしました」とのこと。兄・アーチボルドパートを海宝、弟・ネヴィルパートを福井が歌うという組み合わせが、意外にもしっくりくるのが役者ならでは。ここでしか聞けない一曲となった。歌い終わると、「近くで見たいでしょ?」と海宝を連れて会場を回る福井がとてもおちゃめ。すると、海宝のバースデーソングで、2種類目のバースデーケーキが登場。お祝いは何度でも嬉しいものだ。

第二部のアンコールは、『アイーダ』から「勝利ほほえむ」。力強い楽曲の前向きなパワーにのって、今後の活躍に期待が高まる時間となった。福井の様々な歌声を堪能できるのはもちろんのこと、福井のバースデーをお祝いしようと集まった、観客の温かい空気が素敵な時間だった。アットホームで癒し効果もたっぷり、五感で記憶に残るライブだった。

【公演データ】
『福井晶一 Premium Birthday Live 2019』
出演:福井晶一(Vo.) 山本佳祐(Pf.) 亀井友莉(Vn.) 北森正樹(perc.)
ゲスト:濱田めぐみ※15:00公演回 海宝直人※19:00公演回
●11/9 1st 15:00 2nd 19:00◎LIVING ROOM CAFE&DINNG

 

【撮影・文/岩村美佳】

記事を検索

観劇予報の最新記事

熱狂のミュージカルが帰ってくる!『SMOKE』2021年夏に上演決定
中村又五郎×春日太一 特別生配信トークライブ「時代劇づくりの裏側」
STAGE GATE VR シアター vol.2『Equal-イコール-』(リーディングスタイル)が開幕!
当り役で8ヶ月ぶりの舞台!「十月大歌舞伎」松本白鸚 取材会レポート
マームとジプシー『てんとてん』間もなく東京公演開幕!

旧ブログを見る

INFORMATION演劇キック概要

LINKえんぶの運営サイト